2016年2月

  • お雛様作り

    2016年2月24日
      幼稚園の遊戯室にお雛様が飾られて、今度は子供たちがお雛様を作り始めました。

      もも組さんは、今年は立体のお雛様に挑戦していますよ










      うさぎ組さんは半立体のものを何日もかけて作っています





      わからないところをお互いに教え合う姿が見られます。

      いちご組さんも、切ったり貼ったりが上手になって、素敵なお雛様が出来上がりました












      祖父母の方がご参加くださるひなまつり会の時に全員のお雛様を遊戯室に飾ります。
      楽しみですね。
    • それぞれの学年の参観会が終わりました。
      朝早くからでしたが、ご参加くださりありがとうございました。

      初日16日は年長組でした。
      歌を発表したり、自分たちで作ったカルタで遊んだりしました。










      そして、親子でぼたもち(おはぎ)作りをしました。
      もも組さんからの2回目ということで、慣れた手つきで、親子でとても楽しく作ることができました。














      2日目17日は年少組でした。
      わらべうた遊びをしている様子を見ていただいたり、お母さんのおひざのいす取りゲームをしたりしました。







      お母さんのおひざをめがけてくる子供たちの笑顔は最高でしたね

      親子でぼたもちのおやつタイム









      来年は、親子でつくりましょうね

      本日18日は年中組でした。
      個人持ちのボールを使って、親子でいろいろなボール遊びを楽しみました。






      ボール遊びを楽しんだ後はぼたもち作りです。
      年少さんの時は食べるだけでしたが、今年は親子で作りました。

      社会福祉協議会ボランティア“ゆずりは”から、お二人の先生に来ていただき、作り方を教えていただきました。



















      「大好きだから独り占め」
      「仲良くはんぶんこ」と様々でしたが…


      「おいしい?」お母さんの優しいまなざしが印象的でした

      年長・年中組の時は、もち米に1割程度のうるち米を混ぜて炊飯器の《おこわ》の目盛の水加減で炊きました。(子供が自分で形成しやすくするため)
      年少組は全部もち米を使いました。
      トントンつぶして、丸めて…と子供たちの大好きな作業がいっぱいで、楽しんで作ることができます。
      ぜひ、お家でも挑戦してみてはいかがでしょうか

      3日間とも、その学年の参観会の日は欠席者0でした。
      全員のお母さん方が、参観会と懇談会に出席してくださったことになります。
      今年度最後の参観・懇談会で、全員のお母さん方にお子さんの園での姿を見ていただいて、懇談会にご参加くださりとても嬉しく思います。



      年少・年中組では、こどもの友社さんからお二人の講師をお招きし、お母さん方に絵本講座を聞いていただきました。
      親子での絵本タイムが増えるといいなと思います。
    • 折り紙の時間です。













      帰りの支度の時は、自分でお手紙を折っておたよりホルダーにしまっています。
      折り目のところをしっかり折れるようになりました。

      はさみもを使って上手に切れるようにもなりましたよ








      踊りもだ~いすきです


    • もも組では、まだまだ遊びが続いています


      桃太郎と鬼に分かれて戦いが続いています…


      桃太郎は昼間に行動、鬼は昼間は寝ていて夜活動するんだそうです。
      なので、寝ています。


      なかなか躾のいきとどいた鬼さん達。
      鬼の靴箱


      くつろいでいる鬼

      もう少し、鬼の遊び、続いていきそうです

      うさぎ組では、墨で鬼の絵を描きました。
      とても個性豊かな鬼たちが描かれています。
      色つけは、コンテを削って、手でこする手法です。











      うさぎ組の保育室に飾ってあります。
      参観会の時に楽しみにご覧ください。

      もも組さんにもとてものびのび描かれた鬼の絵が飾ってあります
      「せんせ~、画用紙足りん!! ここにつなげて~」
      の声がこっちからもあっちからも…
      担任がとても大変そうだったので、思わず手伝ってしまい、写真が撮れませんでしたごめんなさい。
      でも、絵はとってもおもしろいです
      参観会で絵をご覧になって、子供たちがどんな表情で描いていたかを想像してみてくださいね。
    • 1月中旬からどのクラスでも節分にむけて、鬼の遊びが始まりました。













      年長さんの作った鬼がもも組にやってきたら…


      ズド~ンとやっつけていました。

      そして、鬼から手紙が…







      「なになに?なんて書いてある?」


      鬼から手紙が来たらしいことをもも組さんも聞きつけて…





      これは大変だ「いちご組にも知らせなきゃ」




      「こわ~い」とおびえるいちご組さんに

      「こうやって守ってあげるから」といちご組を囲んであげていました。

      そして、翌日から大忙し
      鬼の嫌いなものは…ひいらぎ、いわし…小さい組さんを守ってあげる基地も作らないと!!








      守ってあげる基地が出来上がると、遊戯室に運んでシュミレーション。
      この大きさで入れるのか、どうやって守るのか、だれが鬼をやっつけるのか…それを確かめ、事前に練習しておこうと、うさぎ組の子供たちからの提案でした。






      「ウェ~ン ウェ~ンだれもあたしのことたすけにきてくれないから、じぶんでここまできたんだ~
      と、いちご組役の先生。

      「あ、そっか。いちごさんが泣いてたら助けに行ってあげないとね」


      もう一度、明日の豆まき会にむけて、皆で話し合い、確認し合って


      「明日は、もし、鬼が来ても、かくれる場所を作ってあるから大丈夫です」
      「僕たちが守ってあげるから、こわくないからね」


      もも組さんと、いちご組さんにそう報告をしてあげていたうさぎ組さんでした。

      本当に、当日はしっかり守ってあげていましたね。
      来年は、そのような年長児の優しさを、もも組さんがきっと引き継いでくれることと思います
    • 豆まき会

      2016年2月3日
        今朝、段ボールを届けてくださったもも組のお母さんがいらっしゃいました
        どうやら…本日くるであろう“鬼対策”を豆まき会本番間近まであきらめない、子供たちの気持ちの表れなのだなと、頼もしく思いました。

        そして、やっぱり鬼は今年も来ました

        では、本日の豆まき会の様子をお知らせします
        今日は、自治会長(連合会長・副会長)さん、主任児童委員さん、民生委員・シニアの代表の方、PTA会長さん方で組織されている夢をはぐくむ推進委員の皆さんも来てくださり、行事を参観され子供たちの様子を見てくださいました。

        遊戯室に集合
        手には豆、頭にはそれぞれ思いのものをかぶっての集合です。







        いちご組さんの頭にはひいらぎの葉っぱがついています。
        “鬼が来ないように”と先生にひいらぎのお守りをつけてもらいました。

        もも組は《もも太郎》のはちまきをつけて登場。
        もも太郎が鬼に負けるはずがありません!!


        うさぎ組は、女の子は自分で作ったひいらぎをつけて、そして男の子は「強いから必要ない」のだそうです


        豆まきの由来の紙芝居を観て


        追い出したい自分のお腹の中の悪い鬼を発表



        好き嫌い鬼、ケンカ鬼、忘れんぼ鬼、怒りんぼ鬼、返事を忘れてしまう鬼を追い出したいと発表してくれました。

        今年の鬼とセリフ役の方です。


        そして大暴れ



        とても身が軽くすばしっこい鬼でしたが、皆で力を合わせて鬼をやっつけました

        「泣いていた年少組の子を年長組の子が助けに来て、ずっと抱きしめてあげていました」
        と、推進委員の方がおっしゃっていました。
        そうなんです
        実は、うさぎ組さんは、もも組やいちご組を鬼から守るために、いろいろな対策を考え、前日にはシュミレーションまでしてくれていたのです。


        福の神様や推進委員の方に福菓子をまいていただき、豆まき会は終わりました。

        と、思ったら…また鬼から手紙が





        「鬼はもう来ないってやった~!!これは“いい手紙じゃん”」とうさぎ組の子供たち。

        さっそくもも組さんにも…



        「やった~!!」

        次はいちご組へ





        中ノ町幼稚園に悪い子はいないので、鬼ヶ島に帰るとのこと。

        「じゃあ、もうヒイラギとかイワシはいらないね」

        「でもさ~、ヒイラギを窓につけといたのに、なんで鬼来たのかね~??」とうさぎ組の女の子。

        1月の後半から鬼の遊びが始まっていましたが、先週、鬼ヶ島に住む青鬼から手紙が来て…
        「これは大変だ」と子供たちが鬼の苦手なものを作って、鬼に負けない作戦を立ててきたのです。

        今日の豆まき会までの鬼の遊びや取り組みを、次回のブログでお知らせしていきますね。
        今日はみんなのお家でも豆まきをしているのかな