2016年1月

  • 27日に野寄先生来ていただいて、《太鼓の引き継ぎ会》を行いました。
    年長のうさぎ組は、この一年、野寄先生に来ていただいて指導を受け、夏まつり、生活発表会、地域の餅つき会と、三度も披露してきました。
    太鼓が大好きなうさぎ組さんたちは、本当はまだまだやりたい気持ちもいっぱいでしたが、
    “今度はもも組さんたちが頑張ってね”
    “頼んだよ”
    そのような気持ちを込めて引き継ぎを行いました。



    野寄先生の太鼓の演奏では食い入るように見つめる子供たちでした。









    これで最後になるうさぎ組さんの演奏



    もも組さんへ気持ちを伝え…

    野寄先生にも感謝の気持ちをこめて

    寄せ書きを送りました

    さぁ、バチを託されて、いよいよもも組さんです
    うさぎ組さんが教えてくれたり見守ったりするなか、太鼓をたたいてみましたよ








    野寄先生から第一回目の基本の指導を受け…





    オー!! すでにかっこよく形ができていますね


    来年度も楽しみになってきました
    “太鼓が大好き”“太鼓、楽しい”そのような気持ち・心も引き継がれていくことと思います
  • 大好き! お正月遊び

    2016年1月29日
      年少いちご組もお正月遊びが大好きです
      パズル、カルタ、コマをやって遊びました。






      友達と一緒に挑戦する子もいれば、一人でじ~っくりと取り組む子もいます。







      「うさぎです」「赤い帽子をかぶっています」「ブランコにのっています」という3つのヒントからカードを探します。
      年少版カルタです。
      この遊びだと、読み手も子供たちができます。
      しかし、「うさぎです。赤い帽子をかぶっています。う~んとそれ、それ!!それで~す!!」答えのカードを指でさしてしまうので、笑ってしまいます

      コマ回しも大好き









      たくさん遊んでいます
    • お正月の遊び

      2016年1月28日
        3学期に入り、カルタやコマなどお正月の遊びを夢中になって楽しんできました。
        コマ回しでは、はじめは、うまくひもが巻けなかったり、回せなかったりした子がたくさんいましたが、何度も何度も練習しとても上手に回せるようになりました。







        回せるようになると、色を塗ることができます。

        回せるようになると、いろいろな遊び方に発展していきます。



        (回ったコマのところにガムテープをそっと置いて…ガムテープの穴の中で回っています。)

        友達との競争も楽しい












        コマのコースも作ってみたくなります…












        カルタも自分たちで読み手も決めて遊ぶことができます。








        あ…やっぱり

        「あたしがさき~!!」「ぼくだよ!!」
        ゲームをしていく中で、もめ事も起こっていますが、自分たちで解決する力もついてきました

        そして…ひとり羽子板??

        楽しそうです


      • 人形劇の観劇

        2016年1月22日
          今日は、劇団むすび座の人形劇でした
          昨年のお話を覚えていた子、劇団員のお一人は昨年と同じ方が来てくださったことを覚えていた子もいて、年中や年長組は始まる前から楽しみで、ワクワクが止まりませんでした
          年少さんもなんだかつられてワクワクドキドキ

          遊戯室の入り口にはウェルカムボードが

          ますます楽しみになっていた子供たちです。



          さぁお話のスタート


          子供たちの表情をたっぷりとご覧ください。















































          食べてる場面では、思わずみんなのお口も…




















































          楽しい時間はアッという間…
          最後には人形たちを見せてもらって、劇団の方と握手をして終わりました



          うさぎ組さんは、特別に質問タイムもあり、不思議だなと思った仕掛けを内緒で教えてもらいました。
          それは、これからの遊びの中に生かされるのかな…
          楽しみにしていますよ

          劇団の方は、中ノ町幼稚園児の皆がお話に引き込まれ、ビックリしたり笑ったり真剣な眼差しだったりして表情豊かに表わしていたことを、とても感心されたようです。
          「普段、たくさん遊んでいますか?」と聞かれました。
          日々の保育で、自分たちでいろいろなものを作って遊んだり、なりきって遊んだりする中で感性が豊かになっているようです。
          とても嬉しいことです
        • 今日は東区から歯科衛生士さんと栄養士さんが来てくれて、歯と食育の指導をしてくださいました。




          歯磨きについては正しい磨き方を教えてくださり、子供たちも真剣な表情で指導を受けていました。













          今日、歯磨きカレンダーを持ち帰りました。
          お家で活用してくださいね。
        • プールに氷が張りました
          今年は暖冬と言われていますが、ここ最近は大変寒さが厳しくなっていますね

          でも、プールに氷が張ってると言われれば、どんなに寒くても子供たちはやって来ます














          冷たくなった手を
          「ジリジリする~」「なんか、手がやけどしたみたい」そんなふうに表現していました。
          そしてその手を温かいお湯を入れてくれたバケツで温め…





          手はホカホカになってもなんだか背中は寒そうですね

          集めた氷をいちご組さんのお部屋の前まで運んであけでいました。








          いちご組さんは、細かくなった氷をカップに入れたら
          「なんだかかき氷みたい…」

          さっそく先生がメロンシロップといちごシロップを用意してくれましたよ







          寒かったけど、かき氷屋さん、楽しそうでした

          そしてこんな寒い日にはやっぱりおでん










          とっても美味しかったですね
          昨日の下ごしらえから、本日、手伝ってくださったお母さん方ありがとうございました。


          おかわり分もすっかり平らげてくれた子供たちです
        • 思い出遠足

          2016年1月20日
            「“お別れ遠足”って呼ぶのはなんか寂しい…」
            うさぎ組さんのそんなつぶやきから、今年は『思い出遠足』と名付けられました
            うさぎ組さんたちが皆で決めた素敵なネーミングです

            そして、
            本日、うさぎ組全員そろいました(ちなみに、今日はもも組もいちご組もお休み0でした)

            もも組さんに見送られていよいよ出発です。




















            ここまでの子供たちの表情で、どんなに楽しんでいるかは、わかっていただけることでしょう












            寒いので、お金を取り出すのも手がかじかんで大変でした。



            まずは、券売機での切符の買い方の説明を聞きました。
















































            西鹿島駅では、停車している電車に乗り換えて『電車教室』のスタートです。






















            電車教室が終わると、バスに乗って、森林公園『森の家』に向かいました。


            待ちに待った、お昼の時間で~す






















            さて、次は《おやつの交換タイム》です












            お菓子屋さんが開けそうなぐらい、み~んなと交換して、いろいろなお菓子が増えていました


            お菓子交換で予定時間をかなりオーバーしていたので、そのまま帰園のつもりでしたが、
            「え~帰るの~?!!まだ、公園で遊んでないじゃん」の声にお応えして、
            同じ森林公園内のバートピアの建物近くにあるフィールドアスレチックにバスで移動し、少しだけ遊んで帰りました。






            赤電に乗って、電車教室に参加して、美味しいお弁当、友達とのお菓子交換、フィールドアスレチック…と、楽しいこと盛りだくさんの遠足でした。
            『思い出遠足』の思い出、たくさんできたことと思います



          • ご飯はお釜で炊きました

            豚汁もおいしそうにできあがりました





            今日のランチのメニューはこんなかんじ





























            クラスごとに食べ切れる量を配膳し、“たくさん食べたよ”と満足感が得られるように、少量ずつではありますが何回かおかわりをしていました
            豚汁も、35合炊いたご飯もすっかりなくなり、全部みんなのお腹におさまりました
            「きのこ、苦手なんだな~」と言っていた子も、食べることができました

            美味しく作ってくださったお手伝いのお母さん、ありがとうございました。
          • 11日の成人の日の休日、今年も中ノ町地区社協主催の餅つき会に参加させていただきました。








            もも組、うさぎ組はお餅もつかせていただきました。
            今年度3回目なので、子供たちも慣れたものです

            連合会長の康弘さんのお話を伺って




            待ちに待ったお昼の時間
            つきたてのお餅とひらのさんの手作りパンをいただきました
















            歌と太鼓の発表も、たくさんのお客さんのたくさんの拍手をいただいて、大成功でした















            皆様のお手も拝借して、三本締めも決まりました
            「今年も」「良い1年になりますように」

            今年度は敬老会、お月見会、三世代交流餅つき会の3回の地域の行事に参加させていただきました。
            「子供たちのにぎやかな声が会を盛り上げています」と、園児の参加をとても喜んでくださっています。
            地域の中でとても大事にされている子供たちだなとありがたく思います。

            保護者の皆様も参観やお迎えをありがとうございました。
          • 年長組 お茶会

            2016年1月13日
              松林寺さんでうさぎ組がお茶会を行いました。
              4月に1年生に上がる年長児が、礼儀やお茶のお作法を教えていただく恒例の行事です。


              玄関先で上着を脱ぎ


              お茶室に通していただき、お茶会のスタートです。


              お辞儀の仕方も教わって




              お菓子をいただくときに使うお懐紙を回し、お菓子もお隣に「お先に」と一礼して…


















              お菓子やお茶のいただき方を教えていただき
















              自分でお茶をたててみる体験もさせていただきました。






              お抹茶を初めていただく子も多かったようです。
              少し苦く感じる子やとっても美味しいと思った子、それぞれでした。

              立派なお茶室でこのような貴重な体験をさせていただけることに感謝です。
              ふるまう人もいただく人も『相手がご心地よく過ごせるように』と、お茶会を通して、常に相手のことを尊重する心を大切することを教えていただきました。
              とても緊張した面持ちの子供たちでしたが、このような体験をすることで、今後いろいろな時と場に応じてふるまえる人になってほしいなと思います。

              本堂の改修工事のため、保護者の方の参加ができず、申し訳ありませんでした。
              お子さんにお茶会の様子を聞いていただき、ご家庭でも“礼儀作法”についてお話をしていただく機会になれば嬉しいです。