2014年3月

  • 先日18名の卒園生を送り出し、今度は先生方も送り出す…別れの3月です

    離任式にはたくさんの子ども達、保護者の皆様、卒園生が来てくださいました。












    お別れするのがさみしいと、わかっている子もいれば、まだ“お別れする”ことが実感できていない子も…












    先生方も子ども達も、4月にはまた“出会いの時”です
    それぞれの場でのご活躍を祈っています。

    今年度もたくさんの皆様にブログをご覧いただき、ありがとうございました。


  • 今日の桜…

    2014年3月31日


      昨日の雨と強い風で散ってしまわないかと心配でしたが、満開です
    • 3月3日
      この日は毎年女の子は好きな洋服で登園するとのこと。
      今年は男の子も自由な服装にしました。

      うさぎ組さんの女の子達は数日前から“何を着てこようなかな~”とウキウキとしていました




      各学年で作ったおひな様を紹介して…











      皆で見て回りました。


      そしておひな様ゲーム
      『おひなさまとおだいりさま』『三人官女』『五人囃子』それぞれの人の数と同じ人数の友達が集まって遊びました

















      みんなでひなあられもいただきました









      いつものねこちゃん弁当は、今日はおひなさまバージョンで手巻き寿司でした。


      美味しくて、楽しい一日でした
    • 今日の桜

      2014年3月27日
        昼間はとても温かな一日でした

        本日27日の幼稚園の桜です






        今日はランドセルをしょって、3人のうさぎ組(元)さんが幼稚園に遊びに来てくれました

        いちご組さんやもも組さんが植えたチューリップもきれいに咲いてきましたよ
        見に来てくださいね
      • 名古屋のむすび座の方をお呼びして人形劇を見せていただきました。


        子ども達は目をキラキラさせて人形劇を見入っていました。


        お話は、『ぶんぶく茶釜』と『おばあさんとマリーちゃん』でした。










        人形達も劇団の方に命を吹き込まれ、まるで生きているかのよう
        喜んでいたり、泣いていたり…そんなふうに見えて、人形達と役者さんとで登場人物が2倍にも3倍にも感じられました









        1人でいるのがさみしくて、かわいい子犬のマリーちゃんを飼う予定だったおばあちゃん…
        でもやってきたのは大きなあまりかわいくないマリーちゃん…
        そんな意外な始まりから、でも最後には大きくてあまりかわいくないマリーちゃんとおばあちゃんとの温かな絆に、子ども達も心がホンワカとしていたようです


        子ども達は人形の仕組みにも興味津々





        さっそく翌日から、うさぎ組では人形劇ごっこが始まりました

        「先生、たぬきの人形欲しい」
        「くましかないよ」
        「え~どうする?」
        「じゃあ、くまをたぬきに変えるか!!大きいしっぽつければいいじゃん」












        数日後、
        うさぎ組バージョンの『ぶんぶく茶釜』と『桃太郎』の人形劇が完成していました
      • 2学期からお母さん達が幼稚園に集まって、手作りおもちゃを少しずつ作成していてくれました。
        そしてこの日は、待ちに待った子どもバザーです

        もも組さんは、2回目とあって、自分のほしいものを慣れた手つきでお金を出して買っていました。




        いちご組さんにとっては、初体験。
        お財布からお金を取り出すのも大変でした


        「これもほしい」「あっちもほしい…迷っちゃうな」




        年長のうさぎ組は、十円玉、五十円玉を持参。五十円玉は十円玉が5つってこと、お部屋で教わってきたけど、迷っている様子でした。


        コツコツと作りだめてくださったオモチャを、本物のお金で買い物をする体験をさせていただきました。
        お母さんたち、とっても大変だったと思いますが、子ども達はとても嬉しそうに買っていました。
        ありがとうございました。
      • 1月の下旬あたりから、『♪豆まきのうた』が聴こえてきました
        そして「おには~そと~」の声も…
        それぞれのクラスでは、鬼のお面を作って鬼の遊びが始まったようです。

        「鬼だぞ~

        年少さんが鬼のお面を作って職員室を襲いに来ました

        もも組さんでも始まっていました。




        うさぎ組さんは、「鬼が幼稚園に来ないように…鬼の嫌いなものを探そう」
        小学校の校庭まで出かけて行って、ひいらぎの葉を見つけて来てくれました。


        そして、豆まき会の日…
        “鬼に負けないように”と、子ども達も鬼に変身して遊戯室に集まってきました。


        そしてお腹の中の追い出したい鬼も発表し…


        踊りやゲームをして楽しんで…






        その頃…鬼さんはと言うと。。。


        「絶対鬼になんか負けないぞ」
        「うさぎ組さんは、小さい組さんを助けてね!」
        「エイエイオー



        ちょっぴり泣けちゃった子もいましたが、みんなで頑張って鬼をやっつけました

        そして、福の神様登場(たかちゃんのおばあちゃん、ありがとうございました)


        PTA役員のお母さん達にも手伝ってもらって、豆まきのお菓子ひろいをしました。









        ひろったお菓子を皆でいただきました。




        豆まき会終了後は、うさぎ組さんが外に出て何やらヒソヒソコソコソ…


        園庭にかくれてもも組さんやいちご組さんを待ち、脅かそうとしていたようです

        鬼だぞ~!!捕まえちゃうぞ~




        鬼だぞ~…鬼だよ…捕まえちゃうよ…つかまえて…いい…??




        一度まいた豆を何度もひろい集めてうさぎ組鬼めがけて投げていたもも組さんといちご組さんでした
        もちろん優しいうさぎ組鬼は手加減してくれていたので、もも組もうさぎ組も逃げたり豆をまいたりしながらも、みんなで大いに楽しんでいました。

        「鬼からの手紙だ」「なんて書いてある?」


        遊戯室に来た鬼は、みんなでやっつけたため
        鬼は降参して

        島へ帰っていきました。

      • 3月17日 とても暖かな春の1日
        うさぎ組さんが、中ノ町幼稚園を巣立っていきました

        ご卒園 おめでとうございます。










        たくさんのお客様がお祝いに来てくださいました。






        年中もも組さんからもお祝いの言葉と歌のプレゼントがありました。




        前園長平野先生や園務員の小山先生、和田幼稚園や矢本はなぶさ幼稚園のお友達など、たくさんのお祝いのメッセージもいただきました。


        幼稚園での楽しかった思い出をスクリーンの写真に合わせて、心をこめて発表することができました。




        そして、もも組さんやいちご組さんのお祝いの花道に見送られ、卒園児18名、元気いっぱい卒園していきました。

















        今日から春休みです。
        みなさん、病気やケガに気をつけて元気に過ごしてください。

        春休み中に、三学期の遊びの様子をご紹介します。
        しばらくブログをお休みしてしまってすみませんでした。