2013年6月

  • 13日(木)、年長組は、JR天竜川駅に集合し、電車に乗って浜松科学館に行きました。

     

     

    科学館では、係りの方からお話を聞き、

      

    1、2階の展示スペースでクラスの友達やグループの友達と一緒に科学の不思議を体験しました。

     

      

      

      

    プラネタリウムでは、徐々に部屋が暗くなり、みんなで一番星を見つけました
    頭の上には満天の星空が広がり、思わずウットリ
    七夕様のお話を聞いたり、画面が宇宙船の中になって、宇宙船に乗って宇宙へ行ったり…画面がフワフワして、無重力の疑似体験もしちゃいました
    たくさんの惑星が頭の上を通り過ぎていきましたが、青くてきれいな地球はみんなすぐにわかりましたよ

    帰りには、駅前の家康くんと噴水を見て、帰ってきました。


    年長組の保護者の皆様、送迎のご協力をありがとうございました。

  • タマネギ、ジャガイモがたくさん収穫でき、その他の足りない材料をうさぎ組さんが中野町にできたスーパーマーケットにお買い物に行ってきてくれました



    タマネギ・ジャガイモ・ニンジン・お肉・油・カレールーがそろい、楽しいカレーパーティの始まりです

    いちご組さんは前日ニンジンを洗ってくれました。

    もも組さんは、タマネギの皮をむいたり、ジャガイモの皮もむいてくれました。
    ジャガイモの皮、どうやってむくかご存知ですか?
    新鮮なジャガイモは包丁がなくても火を通す前に皮をむくことができます。
    当日、先生が用意したものは…ヨーグルトカップ、プリンのカップ、たまご豆腐が入っているような薄いプラスチックの容器…

    ヨーグルトの紙の容器ではうまくいかずもう少し固い素材がやりやすいことに子ども達が自分で気づいていました。
    周囲の大人はついつい、「これがやりやすいよ」と声をかけてしまいますが、まずは自分の選んだものでやってみて、うまくいかない…友達はどうしてるかな?と友達の様子をうかがったり、とにかく手当りしだいに変えてみたり…の試行錯誤。
    角度を変えたり、持ち変えたりと、真剣なまなざしでした。
    ジャガイモの皮むきで学んだことがたくさんあったと思います。

    うさぎ組さんは小さなコックさんに変身して、包丁で野菜を切ることに挑戦しました
    反対の野菜をおさえる手は指先をしまって“猫の手”にして、危なっかしい光景もありましたが、上手に切ることができました。

     



     野菜をいためたり、ルーを入れてかきまぜたりすることも手伝ってくれました。



     

     



    おいしいカレーのできあがり



    「いっただっきま~す

     

     

     

  • 老人会の方に教えていただきながら、昨年度植えたタマネギとジャガイモの収穫をしました
    タマネギはぎっしりと実がつまった感じでとても大きくて立派で、ジャガイモは大きいおいもからあかちゃんいもまでコロコロとたくさん収穫することができました

     

     

     

     





    老人会の皆様ありがとうございました。
  • 少し肌寒い日ではありましたが、心配していた雨には降られず、たくさんの方が来てくださいました。
    親子で裸足で入る田んぼの感触を楽しんでいました

    田んぼをお借りした平野さんのお話を伺って…


    いよいよ田んぼの中に入りました
      



    田んぼの感触が苦手な子もいましたが、経験してみることも大事ですね。
    全身泥んこになっている子もあり、なかなかできない体験を楽しみした。
    ありがとうございました。
  • 5月の遊びから

    2013年6月12日
      入園、進級1ヶ月目の子ども達です

       

       







       



      年少組は、お家の方と離れて幼稚園での遊びを楽しんでいます。
      年中組は、自分たちで考えて遊びを楽しんでいます。
      年長組は、友達と一緒に工夫して遊びを楽しんでいます。