三遠南信交流推進事業

2021年8月17日
     令和3年度三遠南信中学生オンライン交流会が、8月3日、浜松市内の3中学校を会場として行われました。都田中学校も会場校の一つでした。浜松市、豊橋市、飯田市とオンラインで結ばた中学生、とても熱心な交流が行われました。
     交流① 「三遠南信地域とそこに住む仲間を知り、これからを語ろう」
     A 【全体交流】 三遠南信地域について知ろう  豊橋市・浜松市・飯田市
     B 【グループ交流】 三遠南信地域とそこに住む仲間を知り、これからを語ろう


     交流② 「地域や社会のためにできることは何だろう ~生徒会活動を通して~」
     A 【グループ交流】
     B 【全体共有】

     まとめの時間 【グループ交流】

     
     これは、飯田市から頂いたシトラスリボンです。
     飯田東中学校が68年も前から始めたりんご並木。その後浜松市へ寄贈された、リンゴの管理を都田中学校はお手伝いさせていただいています。今日の会は28年前、飯田市を訪れた当時の浜松市長の栗原氏が、中学生が育てる「りんご並木」の美しさと「りんごが実っても、誰一人それを盗む人がいない街にしたい。りんごを実らせることによって、街だけではなく、街の人々の心も美しいものにしたい」という【りんご並木育成の精神】に感動され、「未来を担う中学生同士が、お互いの良さを学びあうことができないか。将来それぞれの市で中核になる中学生が一同に集い、生徒会活動・地域との関わりなどを話し合うことができたらどんなに素晴らしいだろう」という思いがきっかけで「三遠南信中学生交流会」がスタートしたそうです。
     今日の話し合いが新しい未来へのの第一歩となることを願っています。