令和2年度 卒業式(3月18日)

2021年3月23日
      【 3月18日(木)  令和二年度 卒業式 】
     
     皆さん、制服を着てこの場に立つことは二度とありません。ゆっくりと周りを見回しましょう。

    その風景をぎゅっと心に刻みましょう。  座ってください。
     
     卒業証書を開いてください。突然でごめんなさい。安間さん、あなたの卒業証書の右上の番号は? ありがとう。山本さん、あなたの番号は? ありがとう そして、皆さんの番号は?
     
     それはあなただけの番号です。第1回卒業生からずっとチェーンのように繋がっている番号。誰一人欠けても繋がらない。そして、後輩達へと永遠に引き継がれていく番号。今日、あなたは七十四年の伝統を紡ぐ一人となりました。
     
     約束してください。「私は都田中の卒業生だ」と胸を張って言える人生を歩んでください。そんな人生を歩む皆さんを見て、在校生、未来の後輩達もきっと皆さんの後に続いていきます。そして、みんなが大好きで誇りに思う都田を作り上げていくことでしょう。
     
     新型コロナウイルス。臨時休業がありました。修学旅行、夏の県大会等が中止となりました。でも、「コロナだから」じゃない。「コロナだけど」「コロナだからこそ」。部活動、体育大会、合唱コンクール、天白祭。そして進路。みんな、くじけなかった。歯を食いしばってみんな頑張った。本当に素晴らしい。
     
     そして、そこには皆さんを支えてくれた人がいた。皆さんの後ろに。保護者の皆様、語りつくせぬ多くの喜びがある一方、時には憤りを覚えるほどの諍いや涙するご苦労があったことでしょう。しかし、どんな時でも決して見放さず、我が子とともに歩んでくださったこと。また、都田中の教育活動に、格別のご理解とご協力、いつも温かな支援をいただいたこと。皆さん、感謝の気持ちを込めて、保護者の皆様に拍手を送りませんか?本当にありがとうございました。 温かな拍手、ありがとう。
     
     皆さんを支えてくれた人は、左側にもいる。朝早くから夜遅く、休みの日までも、皆さんの想いの実現のために頑張りました。3生の先生、立っていただけますか。こんな熱い気持ちをもった先生と、出会えた皆さんは本当に幸せです。皆さん、感謝の気持ちを込めて、3年の先生に拍手を送りませんか?本当にありがとうございました。 温かな拍手、ありがとう。
     
     体育大会のスローガンは?作者の松本さん、教えてください。ありがとう。そうです。「2020のキセキ」でした。そして、今流れている曲は?そうです。GReeeeNの「キセキ」です。今年は東京オリンピック。そこでは多くの奇跡が起こるでしょう。でも、奇跡は偶然じゃない。必然です。誰にでも何処にでも、奇跡は起こる。努力、諦めない心、夢・・・。それらがある人に奇跡は準備されている。奇跡は待つものではなく、起こすものです。
     
     卒業生の皆さん、目をつぶってください。さきほど、心に刻んだ風景が見えますか。そして、奇跡に満ちた未来が見えますか? 「キセキ」の歌詞の一部を紹介します。

     僕らの出逢いがもし偶然ならば? 運命ならば?  君に巡り合えた それって『奇跡』
     ぼくらまだ旅の途中で またこれから先も何十年  続いていけるような未来へ
     明日、今日より笑顔になれる  君がいるだけで そう思えるから
     何十年 何百年 何千年 時を超えよう 君を愛してる
     
     目を開けてください。「和」でつなぐ七十四期生の皆さん、ご卒業、本当におめでとうございます。感謝し、感謝され、愛し、愛され、必要とされ、人の役に立つことで奇跡を起こし、自分も周りも幸せにできる、 百二名の洋々たる未来と人生を心から祈っています。
    成長していく皆さんを見ること、出会えたこと、とてもとても幸せでした。本当に、ありがとうございました。皆さんが大好きです。