第36回 読売カップ争奪戦 浜松地区中学生サッカー選手権大会

2021年3月18日

      【 第36回 読売カップ争奪戦    
          浜松地区中学生 サッカー選手権大会


      3月14日(日)  サーラグリーンフィールド

     【 西部大会決定戦 その2 】

     都田中  0-5  八幡中
      (前半:0-4  後半:0-1
      【 後藤さん(2年)より 】
     前半の立ち上がりから自分たちのサッカーをすることができなかった。原因としては、相手の戦術を理解してなかったため、オフサイドにかかって攻撃できなかったり、最終ラインと中盤のラインの間に簡単にパスを通されたりした。そして、早々に3失点してしまい、クーリングブレイクを迎えてしまった。相手は自分達に対して有利になるように戦術を変えていたが、僕達は何も変えることなく、だらだらと前半を過ごしてしまった。
     後半は前半と変えて、積極的にプレスをかけたり、裏への抜け出しの仕方を少し変えたりしたら、自分達の時間にすることが少しずつ増えてきたが、遅かったことに変わりはないと思った。
     今回の試合を通して、相手に対してより良い策を見つけ実行したり、オフサイドにかからない抜け出しを考えたりすることが大事だと思った。西部大会に向けて、今回の試合で出た課題を克服し、自分達のサッカーで相手に勝ちたいと思った。