2年生 廊下の掲示物

2021年2月26日
      【 2年生廊下の掲示物・作品 】 

     2年生の教室はプレハブにあります。プレハブというと良くないイメージをもたれがちですが、プレハブの良さはいろいろあります。その一つが、掲示する部分が広いこと。まずは「他喜力と主体性の75期生」のスローガン。そして、昨年度からみんなで撮った4種類の掲示物が貼られています。とってもとっても大きいです。
     2年生、各クラスの廊下掲示の様子。1組は、英語の授業で作成したレポートの掲示です。世界中の格好の様々な文化・自然・風土等を英語で表しています。作品を読んで紹介されている国で知らないことが数多くあり、皆さんの情報収集能力と英語力の確かさにびっくりしました。2組は、代表が天白祭でも発表した「みかん探究学習」についてのレポート。レポートの隣に貼ってあるイラストが、アクセントになっていてとても良かったです。3組はいろいろあったのですが、結局、立志式での写真にしました。選んだ理由は二つ。一つは、撮影されている皆さんの笑顔・表情がとても良いこと。もう一つは、色紙に書かれている文字の力強さ。「叶えよう」「達成しよう」という強い意志を感じました。
     保健体育科の授業で行ったダンス発表会の掲示物。写真なのでダンスの切れ(!?)はわかりませんが、代表の皆さんが天白祭で演じてくれたように、多分とっても素敵だったことでしょう!!でも、それ以上に素敵なのが、皆さんの笑顔、豊かな表情です。何か、見ているだけで癒やされたり、幸せな気持ちになりました。
     もう一つは、「5分で描いた足利義満」。修学旅行関係のイベント(!?)。発想がとってもいいですね。中には5分で描いたとは思えないほどの力作もありました。素晴らしい!!
     最後に、来年5月に奈良・京都を予定している修学旅行関連の掲示物。美しいポスターや担当の生徒さんが頑張って作成してくれたクイズ。担当の皆さん、本当にありがとう!!
     まだまだ、新型コロナウイルスは猛威を振るっています。デミオ、ワクチン接種も始まりました。来年度の5月、みんなで修学旅行に行けると本当にいいですね。