2020年11月

  • 【 浜松地区駅伝大会(女子の部) 】

     10月31日(日)   浜名湖ガーデンパーク

    【 女子の部 】

     <1区 3.1km>  太田さん  11分39秒
      区間 第10位      通過順位 
    第10位 

     <2区 2.3km>  森上さん   9分10秒
      区間 
    第39位      通過順位 第25位 

     <3区 1.7km>  大石さん   6分44秒
      区間 
    第30位      通過順位 第26位
      
     <4区 1.7km>  内山さん   6分51秒
      区間 
    第24位      通過順位 第23位

     <5区 2.3km>  丸山さん   9分07秒
      区間 
    第31位       通過順位 第23位   


      総合順位 第23位   43分31秒

      【 太田さん(2年)より 】

     今回の駅伝は短距離の人やバレーボール部の人も参加してくれて、3年生がいない中、去年よりも良い順位でゴールすることができました。この結果を出せたのも、前日の壮行会や先生方、保護者の方のおかげだと思います。本当にありがとうございました。
  •  コロナ禍の影響で第1回が延期・中止となり、紙面での周知という形を取っていた「都田中学校 学校運営協議会」が、11月10日、初めて本校で開催されました。委員のメンバーは、地域自治会、地域有識者、PTA関係者、大学関係者、市議会議員、等の10名です。加えて、都田協働センター、浜松市教育委員会総務課の方も、オブザーバーとして参加していただきました。
     都田中学校運営基本方針、本年度「進めてきた(過去)」「進めている(現在)」「進めようとしている(未来)」の本校の教育活動、そして、今後のコミュニティ・スクールの構想・方向性について、熟議が行われました。委員の方からは、活発なご意見・ご質問・ご提案に加えて、本校の教育活動に多くの感謝と熱い信頼・支持をいただき、本当にありがとうございます。今後も本校の教育活動が充実するよう全力を尽くすことはもちろん、より良い形でコミュニティ・スクールが機能していくよう、よえろくお願いいたします。
     なお、今回の議事録をこの後に掲載します。
  • ガーベラ・花壇

    2020年11月17日
       連絡が遅れてごめんなさい。学校だより「恕」第8号でお知らせしたように、11月5日、浜松市から小中学校に市内産の花(ガーベラ)が届きました。潤いのある教室環境、生産者への感謝の気持ちの醸成に向けて、早速、各教室にガーベラを飾らせていただきました。とってもとってもきれいです。
       また、総合文化部の生徒の皆さん、用務員の鈴木さん・平野さんが花壇の整備、玄関のパンジーの手入れを行ってくださっています。とってもとってもきれいです。秋が深まっていく中、色鮮やかな花々が学校を潤わせています。
    • ぎんなん

      2020年11月16日
         有名なので、ご存じの方もいらっしゃるかとは思うのですが、玄関のすぐ南側には立派なイチョウの木があります。そのイチョウのぎんなんを総合文化部の生徒が集めてくれました。例年は天白祭で販売し、部活動の活動資金に充てているのですが、本年は保護者の来校は残念ですが、ご遠慮いただいたので、教職員に販売しました。ちなみに、私は3つ買わせていただきました。とっても美味しかったです。総合文化部の皆さん、ありがとうございました。
      • 【 HONDAカップ 西部新人大会(サッカー部) 】

         11月3日(火)   サーラグリーンフィールド (スポーツ広場)
         【 2回戦 】

         都田中  1-1  江南中
             PK 4-5
          【 後藤さん(2年)より 】

         江南中学校との試合をやって、結果的にはPKで敗れましたが、失点の仕方に課題があり、また、得点が1点と少なく、残念でした。
         失点シーンではハンドでフリーキックとなったとき、壁がすぐに作れなかったり、壁とキーパーとの連携が上手くとれなかったりしていました。
         得点シーンでは、グラウンダーのパスがきれいに通って得点できて良かったです。
         また、全体的にラストパスが通らなかったり、コミュニケーションが十分にとれなかったりしていたので、次の公式戦までに課題を克服したいです。
      •  「以和為貴(和を以て貴しと為す)」から「質実剛健」へ、山本会長から松下会長へとつながれた生徒会がスタートしました。門出に当たり、3つの話をします。

         一つ目。皆さん、今の気持ちはいかがですか?「やるぞ」と燃えている心、「頑張って」と応援する心。その気持ちを忘れないでください。苦しいときは必ず来ます。だからこそ、「初心、忘るべからず」。

         二つ目。計画を立てると既に何か成し遂げた気になってしまう。テスト勉強でも同じではありませんか?でも、まだ何も成し遂げていない。大切なのは、ここからです。

         三つ目。議案書の活動方針には「伝統」という言葉が多用されています。20年以上前、ドイツのワイン醸造所、マイスターに教えていただきました。「伝統はチェイン、鎖である」と。伝統は「継承創造」です。山本会長まで、都田中学校には74個のチェインが創られ繋がれてきました。そして、75個目のチェインを創り、繋げていくのは、松下会長を中心とした75期生、76期生の皆さんです。
        質実剛健に基づく、生徒全員が過ごしやすい都田中学校を皆さんで創り上げてください。期待しています。

         
      • 11日の朝、PTA協力のもと、いい声かけデー活動が行われました。都田地区に気持ちの良い挨拶が響きました。
      • 生徒総会

        2020年11月12日
           10月30日(金)、 山下さん・大石さん、2人の議長によるスムーズな進行によって、「令和2年度 浜松市立都田中学校 後期生徒会 生徒総会」が行われました。また、新型コロナウイルス感染拡大予防のため、2・3年生は体育館、1年生は真技館で参加しました。
           
           後期生徒会が理想とする学校生活は以下の通りです。
           1 けじめある学校生活
           2 明るく楽しい学校生活
           3 仲間と協力する学校生活
          また、大きな活動方針は次の3つです。
           1 伝統を守り、新しいことにも積極的に挑戦する。
           2 生徒一人一人の意見を大切にし、生徒会執行部と生徒会員で学校を創っていく。
           3 より良い学校にするために強い意志で様々な活動を実行する。

            事前に質問等は集められましたが、建設的な意見・質問が多く、3年生による今後の都田中への期待を強く感じました。そして、「以和為貴」の山本生徒会長から、「質実剛健」の松下生徒会長へ、無事にバトンが手渡されました。今後の後期生徒会の活躍が、とてもとても楽しみになりました。生徒会執行部の皆さん、専門委員長の皆さん、頑張ってください。
           
        • 【 1年生大会(サッカー部) 】

           10月31日(土)   雄踏総合公園 多目的グランド
           
           【 1回戦 】

           都田中+浜松西部中  2-1  浜北北部中


            【 伊藤さん(1年)より 】

           この大会、都田中は浜松西部中との合同チームで出場しました。
           僕達は、先に1点先制しました。その1点は、西部中の子がFKで、そのまま決めました。しかし、仲間のファールからのPKで失点し、同点になってしまいました。でも、その後、チームメイトのドリブルからパスが繋がり、点を取ることができました。そして、2-1で勝つことができました。
           次の相手は湖東中です。西部中の仲間達と頑張って、どんどん勝ち進んでいきたいです。そして、その中で仲間との絆も深めていきたいです。