2020年10月

  • いぬじゅん氏の講演会

    2020年10月31日
      【 いぬじゅん氏 講演会

       10月26日(月)、いぬじゅん氏の講演会が都田中学校で行われました。多くの面で今後に生きる、中学生はもちろん、大人にとっても多くの示唆を与えていただいたお話でした。いぬじゅんさん、本当に、ありがとうございました。最後の中野さんの御礼の言葉、とっても素敵でした。
       また、即席のサイン会では50人を超える生徒が、本を持って訪れました。その中で、嬉しかったこと、感動したことを二つ。
       一つ目。生徒代表の中野さんも、御礼の言葉の中で言っていましたが、「いぬじゅんさんの本をきっかけにして、読書が好きになった」という言葉です。全体の場では、西村さんが「いぬじゅん氏の中学校の部活動」について質問しました。でも、皆さん、緊張していたせいか、他には手は上がりませんでした。しかし、サイン会では、いぬじゅんさんとの会話を楽しむ中で、「いぬじゅんさんの本で読書が好きになった」と話している生徒がとてもとても多かったことです。読書の良さを実感し、読書習慣が中学時代に身に付くこと、それは、あなたの人生を豊かにします。
       ちなみに「無人駅で君を待っている」は全クラスの学級文庫にあります。また、新刊を含めたほとんどの文庫本は、図書室にあります。読書の秋、ぜひ、読んでみてください。
       二つ目。 多くの生徒が言っていました。「ありがとうございます」。これは当然かもしれません。サインをしていただいたのですから・・・。でも、感謝で終わらない生徒が多かったのです。続く言葉は、「頑張って下さい」。「応援しています」・・・。自分だったら言えるだろうか。サインをいただいて、舞い上がってしまっているだけのような気がします。そんな時にも、相手を気遣う優しさ・温かさ、感動しました。
       新型コロナウイルス感染拡大予防のため、多くのことが中止・延期となってしまった、2020年度。そんな中だからこそ、3年生を中心に、「少しでも、良いものを見たり聞いたりする機会を・・・」と思い、浜松・近隣の市町に在住の方による講演会を企画しました。ちなみに、11月16日には山本孝弘氏、12月14日には五日市剛氏を予定しています。お二人とも、とても素晴らしい方です。楽しみにしていてください。
       また、山本氏の著書、「明日を笑顔に」は既に全クラスの学級文庫にあります。五日市氏の本も、もうすぐ全クラスの学級文庫に設置予定です。

       
    •  【 2020 さっぽろスクール音楽祭(音楽部) 】

       10月10日(土)   アクト大ホール

       札幌アートステージ2020の中の、札幌スクール音楽祭、その録画での参加のために、アウト大ホールで録画が行われました。
       本年度は、例年開催されている「さっぽろスクール音楽祭」のホールによる演奏会は、新型コロナウイルス感染拡大予防のため、残念ながら見送られました。しかし、今年度は、公式ホームページを利用した動画公開によるWEB開催を予定しています。
      合唱・器楽・吹奏楽等の学校活動における演奏動画を、さっぽろアートステージホームページを通じて掲載します。さっぽろアートステージのYouTubeチャンネルを利用します。楽しみしていて下さい。
       【 山本さん(2年)より 】

       今年の音楽部は多くの大会や発表の場が無くなってしまいました。そんな時に、市内の6校、120名という大人数で、しかも、アクト大ホールという素晴らしいステージで歌うことができ、とても嬉しかったです。素晴らしい合唱を札幌に届けられたのではないかと思います。
       他の学校の生徒はとても上手で、良い刺激になりました。他校の練習方法なども知ることができたので、普段の練習に生かしていきたいです。
       今回一緒に歌った水窪中、与進中、北浜中、細江中、佐久間中の皆さんとは、同じ浜松市で歌っている中学校同士、お互いに頑張っていきたいです。
    •  11月10日(火)14:00より、学校運営協議会委員10名の皆様とともに第1回学校運営協議会を開催いたします。写真は、その開催通知です。傍聴の希望がある方は、教頭まで御連絡ください。よろしくお願いいたします。
    • 3年合唱学年発表会

      2020年10月29日
        11月23日 金曜日 6時間目

         3年生合唱学年発表会が生徒の司会・運営で行われました。10月に入ってから、どの学年も熱の入った合唱の歌声が校内中に響き渡るようになりました。
         さすが3年生!”という言葉を飛び越え、〝自分たちの合唱は自分たちで創り上げる!”という強い意志が伝わってくる素晴らしい合唱でした。
         女子生徒の高音域の優しく包み込むような美しい響き、男子生徒の安定感と存在感、何より頼りがいのある低音の魅力。
         すべてが本当に素晴らしく、11月6日のコンクールを楽しみに思った学年発表会でした。
      •  10月26日(金)5時間目に2年生のプレ合唱コンクールが行われました。1組の「翔る川よ」、2組の「地球星歌~えがおのために~」、3組の「あなたへ~旅立ちによせるメッセージ~」の合唱が披露されました。1年生の頃に比べ、変声期を終えた男子が増えてきたせいか、声に深みが出て、豊かな歌声になってきました。朝、昼、帰りとクラスで練習を重ねてきた成果が出てきていると思います。まだまだ改善の余地はありますが、あと2週間の間によりすばらしい合唱へと変わっていくと思います。天白祭当日の合唱を2年部職員一同、楽しみにしています。
      •  この日は、14名の講師の方と運営・調整を行っていただく事務局の方2名が、来校されました。その職業は・・・

         「コラムニスト・講演家」「学習塾」「柔道整復師」「ダンスインストラクター」「飲食店」「カウンセラー」「歯科医師」「おとなの大学院生」「理容業・美容業」「飲食業」「美容室」「金融」「鍼灸師」「アスレチックトレーナー」・・・。

         全て違うと言って良いほど、多彩でした。 本当にあっという間に時間が過ぎました。生徒達は14名の講師の方から2名を選択し、その方の授業を1時間ずつ、合計2時か受講しました。
         本年度は、新型コロナウイルス感染拡大予防のため、予定していた職場体験をすることができませんでした。しかし、75期生(2年生)の皆さんが今日体験・経験した、深く広く豊かな学びは、きっと心に深く刻まれることでしょう。
         今日、講義を行って下さった14名の講師の皆さん、運営・調整と陰で支える裏方としてご尽力いただいた事務局の皆さん、そして、NPO法人「未来学校」の皆さん、本当にありがとうございました。
      •  10月20日(火)、本講2年生を対象としたNPO法人「未来学校」による「未来授業」が行われました。
         NPO法人「未来学校」って、知っていますか?「未来学校」のHPには以下のように書かれています。

         小学生・中学生・高校生・大学生たちと、地域の大人(社会人)が関わり合いながら、未来のこと、将来のことを考えていく学校です。地域の大人が積極的に生徒・学生と接点をもつことで、学校と地域が協力して、未来の大人を育てていく環境を創ります。
         


         
         そして、本校の目的は以下の2つです。

        < 目的 >
        ・ 社会人との交流を通して、働くことの「意義」「尊さ」を感じ、自分の職業に対する考え方を深め、今後の新と実現に活かす。
        ・ 社会人との交流活動を通して、自分を取り巻く社会とのつながりに気づき、人との関わり方や行動・マナーを学習する。
      •  職員室前の掲示、仁尾先生がとってもきれいに作成してくれました。また、手伝ってくれた生徒の皆さん、本当に有り難うございました。
         また、生徒会執行部の皆さんが中心となって、本年度、都田中学校に赴任された先生方の写真(ちょっと仮装!?)とともに、先生の好みをいくつか(下記の1~5項目)掲載した掲示物を作成してくれました。とっても読み応えのあるものですね!!
         1 都中生にひとこと
         2 好きな本
         3 好きな歌
         4 好きなテレビ番組・you tube 

         5 好きな言葉
         
         そして最後に・・・。都田中学校では「GREEN CARD」を渡しています。「GREEN CARD」と言えば、「米国で発行される、外国人のための労働許可証・入国許可証」がよく知られています。映画の題名にもありますね。
         でも、本校で配っている「GREEN CARD」は、サッカーで提示する「GREEN CARD」に由来があります。「RED CARD」、「YELLOW  CARD」が退場警告、表すものであるのと対称的に、「GREEN CARD」は"フェアなプレー、リスペクトのある行為"に対して出される、嬉しいカードです。レフェリーはフェアプレー精神(リスペクト)を発揮した選手に対して「GREEN CARD」を示します。つまり、「今のはいいプレー・行為だったよ」と認める重要なアイテムが「GREEN CARD」です。
         それと同じような掲示物が中央廊下にあります。「都田中 掲示板」。とっても素敵です。読んでいて、心がぽかぽかと癒やされます。都田中学校には素晴らしい生徒が、たくさんたくさんたくさんいます!!
      • 【 西部新人選手権大会 浜松支部予選(バレーボール部) 】

         10月16日(土)   富塚中学校 体育館
        【 Fゾーン 出場決定トーナメント 】

        < 1回戦 >
         都田中 2-0 江西中   

        < 西部大会出場決定戦 >
         都田中 1-2 天竜中  
         【 丸山さん(2年)より 】

         今回は自分達の気持ちが弱くなり、負けてしまいました。
         20点以上のところでサーブが入らなかったり、サーブが上手くとれなかったりした時に、失敗した理由ばかり考えてしまいました。その結果、どうしようと焦っていたらサーブが来てしまい、また失敗してしまう・・・。
         気持ちを上手く切り替えられなかったことや、気持ちが弱くなってしまうことが今回の課題です。なので、日頃の練習や練習試合などで、気持ちの強化をしていきたいです。