2学期始業式の話(8月24日)

2020年8月26日
     【 2学期 始業式 】

     事故0・ケガ0・病気0の夏休み、学校に皆さんが、元気に笑顔で今日、登校できたことを、とても嬉しく思います。
     「」「時間」「約束」「+1」が「なくてはならないもの」4つ、『今までで一番、最高の夏休みだった』と胸を張って皆さんが言えることを「夏休みのお願い」としました。皆さん、いかがでしたか?
     
     8月17日、浜松市であることが起こりましたね。知っている人?そうです。日本一暑い町となりました。その気温は?そうです。41.1℃です。
     また、日本で一番高い山は? 富士山ですね。では2番目に高い山は?知っている人?素晴らしい。3193mの北岳です。
     日本で一番大きい湖は?琵琶湖ですね。では、2番目に大きい湖は?知っている人?素晴らしい。霞ヶ浦です。
     日本で2番目に暑い町は?・・・これが1番と2番の差です。1番は誰もが知っている。でも、2番は・・・。1番は一つしかない。みんなが1番にはなれないのでは?と思う人もいることでしょう。でも、違うのです。
     日本一深い湖は?田沢湖。日本一透明な湖は?摩周湖。視点を変えれば1番・最高は、たくさんあるのです。そして、その1番・最高は自信を生み、自分が好きになり、あなたの成長をサポートします。
     
     でも、「私には1番・最高なんて・・・」と思う人が多いことでしょう。では、1番・最高を作るコツを3つ教えましょう。
     コツその1自分からやる」です。グリーンカードを書いていて「あなたが1番・最高」と思うことが何度もありました。やらされていることからは、1番・最高は生まれません。自分からやることが+αの力となり、他との違いを生みます。宿題をやっているだけでは1番・最高は難しいでしょう。勉強でも運動でも同じです。
     コツその2悪いことを口にせず、良いことを口にする」です。うまくいかないことが続くと「あの人のせいで」とか、「無理」「できない」と口にします。そういう言葉を口に出すほど、自分はそういう人間だと自分に言い聞かせ、そういう人間になっていきます。「きっと大丈夫」「必ずうまくいく」・・・。悪口を言わないだけでなく、良いことを自分につぶやきましょう。
     コツその3コントロールできることに全力を尽くす」です。結果はコントロールできませんが、過程(プロセス)はコントロールできます。「今までで1番、最高の夏休み」を比べるのは他の人ではなく、過去の自分。そうです。みんな1番・最高になれるのです。そして他と比べての1番・最高は限界がありますが、過去の自分との比較は限界がありません。その鍵は「自分と交わした約束を守る」ことです。今日、昨日の自分より成長していますか?
     
     2学期が始まります。体育大会、新人戦、駅伝、天白祭、行事が山盛りです。皆さんの1学期以上の素晴らしい活躍を見られるのが楽しみです。私は皆さんと会えること、始業式を心待ちにしていました。
     「自分からやる」「悪いことを口にせず、良いことを口にする」「コントロールできることに全力を尽くす」「自分と交わした約束を守る」。それを「やる」「やらない」を選び、実行「する」「しない」のはあなた自身。つまり、成長できるのも、成長できないのもあなた自身です。
     
     2学期の終業式である12月25日、皆さんはどうなっているのでしょうか?「やる」「する」を選び、仲間とともに今までに経験したことのないくらい素晴らしい時間を創り出しましょう。そうやって頑張るあなたを、周りはみんな、応援しています。4ヶ月後、今日の自分より大きく成長し、「1番・最高の自分」がたくさんたくさん、皆さんに育っていることを心より期待しています