2020年6月

  • 【 練習試合 】
     6月27日(土)  サーラグリーンフィールド 浜北平口サッカー場
     <対戦相手>  佐鳴台中
    【 1試合目  A戦(25分×2) 】 
     都田中  6-0  佐鳴台中
    【 2試合目  B戦(25分×1) 】 
     都田中  1-0  佐鳴台中
    【 3試合目 A戦(25分×1) 】 
     都田中  5-0  佐鳴台中
    【 小林さんから 】 

     今回の試合は、約4ヶ月、とても久しぶりだった。今日の試合の目的は、夏の大会に向けての新しいポジションでの戦術確認だった。試合をやってみて、課題が3つ挙がった。
     一つ目は、ディフェンスラインでのパス回し。試合中、よく見られたのが、ディフンスがサイドチェンジできずに、ボールをクリアしてしまう場面だ。キーパーを上手く使うことや、ディフェンスラインでの連携ができていなかった。
     二つ目は、攻撃のパターンが少ないことだ。スコアから見ると、たくさん点を取れてはいるが、どれもセットプレーか、ディフェンスの裏に抜けたFWやMFが点を決めることが多かった。格上の相手には、もっとパターンを増やさないと勝てないと思った。
     そして、最後はチーム全体の走力だ。部活での練習ができていなかったこともあり、走り切れていなかった。
     その一方で、良いところもあった。それは、チームのみんなが楽しくプレーできていたことだった。部員、みんながサッカーを楽しむことを忘れていなかった。
     今日の試合で出た課題を解決し、夏季大会では楽しく試合ができたらいいと思う。
  • 手洗い場の仕切り

    2020年6月29日
       6月17日(水)、手洗い場の仕切り板が全て設置完了しました。学校再開前に、見本で作成した仕切り版。1週間程度様子を見ましたが、不具合がなく、「さあ、全ての箇所に設置!!」と意気込んでいましたが、肝心のプラ板が入手不可能となってしまいました。注文してから3週間程度、入手するまでしばらく時間がかかりましたが、今日、ようやく、設置ができました。

       皆さん、この写真を見てどこの場所か分かりますか?その場所が分かったあなたは、都田中博士です。

       そして、幅や高さが違う手洗い場にきちんとフィットするよう、都田中オリジナルの仕切り版を工夫して作成してくださった、用務員の平野さん・鈴木さん、本当に本当にありがとうございました。
    •  【 練習試合 】
       6月20日(土)  三方原中体育館
       <対戦相手>  三方原中・麁玉中・積志中・開成中・細江中

       トータル   都田中学校の選手  34勝31敗 
       【 桑原さんから 】
       久しぶりの練習試合でした。そんなに緊張することはありませんでしたが、ダメだったところはたくさんありました。でも、顧問の先生、先輩、保護者の皆さんにアドバイスをしていただいたら、上手になれました。
       私は気持ちが弱いところが目立つので、周りからのプレッシャーなどに負けずに、試合に取り組めるように頑張ります。
    •  【 練習試合 】
       6月20日(土)  都田中体育館
       <対戦相手>  引佐北部中・引佐南部中
       【 犬塚さんから 】
       僕は今回の練習試合で、卓球の楽しさを改めて感じることができました。
       対戦校には僕がライバルだと思っている選手がいて、その人との試合で勝つことができました。僕は最近、守っているばかりで自分の好きなプレースタイルでやることができていませんでした。でも、ライバルとの試合では、思い切って攻め、一生懸命、戦うことができました。
       久しぶりに、全力でやれた試合でした。そのおかげで、勝つこともできました。これからも、自分から積極的に攻めて、たくさんの試合で勝っていきたいです。
    •  【 練習試合 】
       6月20日(土)  都田中体育館
       対戦相手  浜松北部中学校・中郡中学校
       【 今田先生から 】
       今回の練習試合の目標は、「甘いチャンスボールが来たら、速攻を仕掛ける」でしたね。速攻の練習を始めてまだ日が浅いですが、試合の中でタイミングを図ろうとしていましたね。
       午前中は多くの場面で速攻を仕掛けることが出来ました。得点にもつなげることが出来ました。しかし、午後になると、カットが乱れてしまい、攻撃までボールがつながらないことが多くなりました。
       良い攻撃を仕掛けるためにも、カットの安定が今後の課題であると感じる練習試合でした。
    •  【 練習試合 】
       6月20日(土)  富塚中グランド

      < 1試合目 >
       都田中  3-6  富塚中
      < 2試合目 >
       富塚中 11-6  都田中
       【 仁尾先生から 】
       休校明けの初めて、4ヶ月ぶりの試合でした。まだまだ守備力に課題が多く見られましたが、4本の長打が出るなど、期待が持てる部分もありました。次週に向けて、キャッチボールを大切にして、頑張ります。
       【 安里さんから 】
       この試合で負けてしまったのは、富塚中打線が、走者をホームに返すような野球をしていたからだと思います。小技を使い、1つのアウトと引き換えに1点を取っていました。この相手チームの良さを学び、都田中もみんなで1点をもぎ取る、粘り強いチームになります。
    • 1年交通教室

      2020年6月23日
         6月19日(金)の5・6時間目に、細江署交通課の方をお招きして、「1年交通教室」が行われました。
         始めに、交通指導員の方が、パワーポイントや動画を用いて交通事故について、いろいろお話してくださいました。

         
         交通事故はとても恐ろしいです。けがだけでなく、時には命に関わる、辛く悲しい状況に陥ることさえあります。また、被害者だけでなく、加害者にもなってしまいます。誰もが、「交通事故に遭いたくない」「交通事故を起こしたくない」と願っています。
         ですが、朝の登校時に、「スピードを落として」と声を掛けることがあります。「ちょっとスピードが・・・」と心配になることがあります。誰もが交通事故に遭いたくない、起こしたくないと思い、その恐ろしさを知っているはずなのに・・・。
         
         交通課の方のお話、そして最後に佐野さんのお礼の言葉で、交通教室は終了しました。

         交通事故を0にすることは難しい。でも、減らすことはできます。「自他の命は自分が守る」。この交通教室が良いきっかけとなり、皆さんが事故に遭わず、事故を起こさないようにと、今まで以上に気をつけてくれるようになってくれればと、心より祈っています。そして、それが、自分はもちろん、家族を含めた周りの人を幸せにし、今日来ていただいた細江署の方への恩返しだと思っています。
      •  1年の教室の前の廊下に、生徒と矢部先生が用意してくれた「生命の神秘」があります。とってもとっても興味深いので、ついつい私も気になって、見ています。6月1日、6月9日の記事と一緒に、今日は、その様子を紹介します。