2020年5月

  •  5月8日金曜日は、久しぶりの登校日でした。友達と顔を合わせることができました。
     生徒の皆さんには、臨時休業で困難な状況ですが、お互い励まし合って、一緒に、この状況を乗り越えていこうと話をしました。その中で、生徒の皆さんもお互いに激励のメッセージを送ろうと「仲間へのメッセージ」を書いてもらいました。そのメッセージを紹介していきます。今日は1年生1回目です。

    ◎ 学校が再開された時、今まで一人でさびしかった勉強がみんなで出来ることが楽しみです。

    ◎ 私は、ずっと家にいるから、ついだらだらしてしまうけど、みなさんはどうですか。ずっと家にいるせいで、ストレスがたまったり勉強を放置したりするけど、コロナウイルスをなくすために、今は我慢して、一緒に頑張りましょう!

    ◎ 楽しいこととか、がんばれることを見つけると、家で過ごしている暇な時間を楽しめるはず。

    ◎ 学校が再開したら、新しい友達をたくさん作りたい。

    ◎ 今、僕が家で頑張っているのは、野球の練習です。少年野球をやっていて去年、卒団しました。僕は野球がうまくはないので、頑張って練習して、上手くなりたいです。そして学校が再開したら、部活を頑張りたいです。
  •  安藤篤喜です。
     「都田中学校からのメッセージ その22」で、二つ宿題を出しました。一つはアラスカでエスキモーに冷蔵庫を売る話、もう一つは木に残ったりんごで大きな黒字を上げた話。皆さん、いかがでしたか?

     一つ目です。絶望的だった状況を克服すべく、あなたは視点を変えて売ることに成功しました。冷蔵庫は食品を冷やしたり凍らしたりして保存するものです。しかし、視点を変えること、つまり、冷蔵庫を食品を凍らせないものとして売ったのです。アラスカはご存じの通り、とても寒いところです。なので、外に置いておけば自然に凍るので、冷蔵庫は必要ありません。でも、外に取りに行くのは寒さが厳しく大変ですし、温度が低すぎてカチンカチンとなった食材は、調理もしにくいのです。でも、中は暖房が効いていますから、そのままにしておけば食材は腐ってしまいます。あなたは、「冷蔵庫があれば、食材を腐らせず、凍りすぎて調理しにくいこともなくなります。加えて、厳しい寒さの中、外に取りに行かなくても大丈夫です。」と話をして、爆発的に冷蔵庫を売りました。


     二つ目です。今から約30年程前、平成3年9月28日早朝、最大50メートルを越える暴風、建物が壊れ、電柱が倒れる凄まじい被害を津軽地方にもたらした台風19号。りんご農家であるあなたは、畑を見て呆然としました。収穫前のリンゴが90%は木から落ち、あたり一面に赤くなっている。ほとんど出荷できません。大赤字、絶望的な状況です。そこで、あなたは残っているりんごに目を向けました。「50m以上の暴風にも耐えた落ちないりんご」、受験生に縁起物として全国の神社で販売したところ、あっという間に完売し、あなたは窮地を乗り越えることができました。

     コロナ禍で厳しい日々が続いています。亡くなったり苦しんだりしている方の報道を目にするたび、皆さんが一人もいない学校に来るたびに、悲しさ・辛さ・切なさ・寂しさ、先の見えにくい閉塞感を感じます。こういう状況だからこそ、アラスカに冷蔵庫を売りに行った人、落ちないりんごを売った人のように、視点を変えること、事実をどう捉えるかが大切だと思いました。事実をどう解釈するかは自分次第。もう少し言えば、どのような状況であっても、自分の人生は自分で選択できるし、その選択の責任は自分にあると感じるようになりました。例えば、外出自粛・お手伝い・勉強・運動について、やる・やらないを最終的に選択しているのは自分自身ですよね。

     多くの人が、医療関係者を含めてコロナと闘っている人達、我慢して外出自粛をしている人達に寄り添い、励ましている情報を得るたびに、心が揺さぶられます。また、家族をサポートしている皆さん、再開に向けての準備として勉強や運動を頑張っている皆さんの話を先生方から聞くたびに、勇気と元気をいただいています。本当にありがとうございます。
     事実をどう捉えるか、そしてその事実をどう判断し、どう行動していくかの選択・・・。このような状況ではそれがすごく大切だと感じています。3年生の進路説明会では、いつもこの「選択」についてする話が私にはあります。最後にそれを紹介します。
     
     正しい選択をする人は結果を人のせいにしません。そして、諦めず、粘り強く、努力します。しかし、正しい選択ができない人は、すぐに人のせいにしたり、文句や言い訳を口にしたりします。
    例えば、勉強でコツコツ自分からやるのも一つの選択であり、やらないのも一つの選択です。でも、正しい選択をしない人ほど、その結果に責任を取りません。学校の規則は勿論、携帯等でルールを守るのも守らないのも選択です。その選択が驕りと傲慢でなく、誇りと自覚に育つことを願っています。
     ハリーポッターを知っている人?一番最初の「ハリーポッターと秘密の部屋」で、ハリーは組み分け帽子によって、グリフィンドールに入ります。迷うハリーにダンブルドア校長先生が言った言葉です。
      自分がほんとうに何者かを示すのは、 持っている能力ではなく自分がどのような選択をするかということなんじゃよ
     

     「自他の命は自分が守る」「自分の力は自分が伸ばす」。厳しい日々が続きますが、互いに頑張りましょう。 
  • 5月8日の配布物

    2020年5月12日
    •  安藤篤喜です。
       「都田中学校からのメッセージ その20」で「ゴールデンルール」と「プラチナルール」の話をしました。「恕」「independence」同様、自分で調べた人は素晴らしいですね。あなたの可能性は無限大です。
       
       孔子の言う「己に欲せざるところ人に施すなかれ」。「相手の立場に立って考える」「相手の気持ちを思いやって行動する」も「思いやり」の一つの形でしょう。でも、今一歩自分としてはピンときていませんでした。もう少し、積極的で建設的なものはないかと考えていました。そんな時に、マクドナルドの方から教えていただいたのが、「ゴールデンルール」と「プラチナルール」です。

       ご存じの方もいるかと思いますが、マクドナルドには大学があります。その名も「ハンバーガー大学」。マクドナルドは世界約100ヶ国以上あり、トレーニングセンターは各国にありますが、 ハンバーガー大学(HU)は7ヶ国にしかありません。その一つが東京にあります。マクドナルドの店舗社員は入社すると、まず各店舗での実習「オン・ザ・ジョブ・トレーニング(O.J.T)」を受け、その後、ハンバーガー大学でコースを受講するそうです。そこで学ぶことの一つが、「ゴールデンルール」と「プラチナルール」です。
       ゴールデンルールは、「自分にもしてほしくないことは、相手には絶対しない」こと。 つまり「自分がしてほしいことは相手にもしてあげる」こと。 プラチナルールは、「相手の気持ちに合わせて相手が望むことをしてあげる」つまり、「相手がしてほしいと思っていることをしてあげる」こと。
       このルールを教えていただいたとき、とっても感動しました。「相手がして欲しいと思うような態度、言葉、行動などを実行する」という、相手目線・立場に立った、ゴールデンルールをさらに一歩進めたプラチナルール、すごいと思いました。そして、まだまだ未熟だった自分はゴールデンルールはもちろん、プラチナルールまで身につけられるように成長したいと思いました。

       正直、今でもこの2つのルールが自分には十分身についているとは言えません。でも、いつも苦労や迷惑ばかり掛けている家族に、少しでも恩返しをしようと、休日に片付け・掃除等をしました。家族は「何が起きたのか!?」とびっくりしていましたが、自分的にはとても幸せな気持ちになりました。と言ってもまだ3~4回ですが・・・。コロナ禍で外出が制限される中、皆さん、ぜひ、ゴールデンルール、プラチナルールを少しでも実行してみませんか?それは自分はもちろん、家族を含めた周りの人をきっと幸せにしてくれることでしょう。

       最後に二つ宿題を出しますね。有名な話なので、知っている人もいることでしょう。
       一つ目。あなたは冷蔵庫のセールスマンです。ある日、上司に「地球上で今まで冷蔵庫が売れてないところに行って、冷蔵庫を売ってきなさい」と言われました。あなたは考えました。それはアフリカ?それとも?上司は言いました。「アラスカに行って、エスキモーに冷蔵庫を売ってきなさい」と。ご存じの通り、アラスカはとっても寒いところ、冷蔵庫なんて必要ありません。でも、あなたは冷蔵庫をすごくすごくたくさん売ることに成功しました。さて、どうやって売ったのでしょう。
       二つ目。最近の話です。あなたはりんごを育てている農家です。大きな台風が上陸し、収穫間近のりんごはほとんど枝から落ちてしまい、売り物にならなくなってしまいました。このままでは大赤字・・・。あなたは途方に暮れました。しかし、木に残ったりんごを売ることであなたは大きな黒字を上げることができました。さて、どうやって売ったのでしょう。

       答えは後日、HPでお知らせしますね。
       「自他の命は自分が守る」「自分の力は自分が伸ばす」。厳しい日々が続きますが、互いに頑張りましょう。 
    •  安藤篤喜です。
       入学式で76期生である1年生の皆さんに、フィラデルフィア76ersと関連付けて、アメリカ独立宣言前文の「すべての人間は生まれながらにして平等である」と都田中の校訓「自主」「探究」「共生」と絡めて話をしました。「感謝の気持ちを大切にしてほしいこと」もお願いしました。そして、最後に「independence」には「独立」ともう一つの意味があると言いました。覚えていますか?
       「恕」と同様、自分で調べた人は素晴らしいですね。あなたの可能性は無限大です。コロナ禍で、自由な時間が与えられている一方、自分がどうすべきか迷ったり上手く行動に移せなかったりする人が増えているような気がします。なので、今日は「independence」の話をします。

       「independence」の一つの意味は、話をしたとおり、「独立」です。ですから、独立宣言は「Declaration of independence」と言います。もう一つの意味は「自立」です。
       例えば、「The road to independence」は、「自立の道」。ちょうど今、皆さんはコロナ禍で学校に行けない中でも、この道を歩んでいる途中なのかもしれません。ぐんぐんと突き進んでいる人もいるでしょう。躓いたり、後戻りしたりしている人もいることでしょう。でも、あと1~3年後、卒業と同時に皆さんは必ず次のステージに立ちます。その時、必要となってくるものの一つは、「自立」です。
       自分の道は自分が切り開いていくのです。難しいことかもしれません。でも、だからこそ、自立していくことはとても大切であり、皆さんの豊かな未来へとつながります。人間は弱いです。もちろん、私もです。だからこそ、自立の道を一歩一歩、自分の力で歩んでいってください。
    • 5月8日 登校日

      2020年5月9日
         約1ヶ月ぶりの登校日。各学年、8時、11時、14時の時差式で登校しました。久々の学校、正直、少し心配していましたが、生徒のみなさんの明るく元気な姿に、とても嬉しくなりました。元気をいただきました。ありがとうございます。
         体育館で十分な距離をとった椅子に座り、臨時休業中の留意点を再度、確認しました。また課題の回収、新たな課題の配布、課題のやり方・提出方法・学習評価等への反映について説明を受けました。1時間程度を予定していましたが、教員の説明に力が入り、時間をオーバーしてしまいました。申し訳ありません。
         「自他の命は自分が守り、自分の力は自分が伸ばす」
         まだまだ、厳しい日が続きます。ご家族を含めた皆様のご健康、そして次回の登校日(15日)でさらに大きく成長した皆さんを期待しています。
      •  安藤篤喜です。

         始業式では、2・3年生の皆さんに「ありがとうの反対は当たり前」「成功の反対は何もしないこと」そして、「自他の命を大切にしてほしいこと」をお願いしました。そして、人として一番大切にしたいこととして孔子の「」のことを話しました。覚えていますか?
         自分で調べた人は素晴らしいですね。あなたの可能性は無限大です。コロナ禍でなんとなく、気持ちがささくれだったり攻撃的になったりしている人の報道が増えているような気がします。なので、今日は「」にまつわる孔子の話をします。

         ある日、弟子の子貢が孔子に尋ねました。
         「人間として、一生貫き通すために大切なことを、一つの言葉で表す言葉がありますか?」
         孔子は次のように答えました。
         「それは『』である。恕とは人に対しての思いやりの心であり、自分が人からされたくないことは、他人に対して決して行ってはならない。」

         「恕」は「じょ」と読みます。意味は「思いやり」です。人として一番大切にしたいこと、それは「思いやり」です。
         都田中学校で、年度当初、私は先生方にマクドナルドの方から教えていただいた「ゴールデンルール」と「プラチナルール」の話をしました。この「恕」と関連するお話で、チームや組織として機能していくためにはとても重要な要素の一つであると思っています。興味のある方は、是非、自分で調べてみてください。それがあなたの力を伸ばします。

         
      • 皆さん、お元気ですか。美術室からこんにちは。平賀です。
        朝晩のニュースを聞いていると
        アスリートの人たちの元気な姿に勇気づけられますね。
        「そうだ、何かはじめなくっちゃ。行動を起こさなくっちゃ!」って
        気持ちになります。日に一回は美術室にいて
        「何からできるかな?」って、授業のこともそうだけど
        今、皆さんに発信できることは「何かな?」って考えています。
        2・3年生の皆さんはランチョンマットや八百万の神様のお面
        完成しましたか。休業明けにはみんなで楽しく鑑賞ができることを
        楽しみにしています!教室いっぱいに作品を飾ろう!!そしたら
        気持ちが晴れるよね。あとこんな時だから日ごろやれていないこと
        (実は先生はあまり活字を読まないのです。恥ずかしいことに・・・)
        をやろう。そうだ新聞にしっかり目を通そうって決めました。
        新聞を読むと、読むだけで脳みそが鍛えられるって言います。
        確かに文字を読むというのは、文章を理解する、文章からものごとを推測する
        想像する、文字からイメージするってことだからいろいろな力がつくってことだね。
        先週末、新聞にギリシャ神話のことが掲載されていました。
        ラオコーンのことが書いてありました。ラオコーンってこの写真の石膏像の人です。
        どんな人なのかは調べてみてくださいね。この石膏像は美術室にあります。
        ほかにもアリアドネって女性の像もあります。
         
      • こんにちは。都田中学校2年3組担任・保健体育科の鈴木義隆です。みなさん、臨時休校をいかがお過ごしでしょうか。9日の下校時、5月7日まで皆さんに合えないと思うとグッと涙が込み上げてきましたが、頑張って笑顔で見送りました。テクノ坂下で下校する生徒から、元気な声で「さようなら!」という声をかけてもらい、本当に都田中の子たちは明るくて元気な子が多いなと嬉しく思いました。自由に外へ出歩くことが難しいため、1日中勉強に励んでいる子たちがほとんどだと思いますが、適度な運動も大切です。心身共に健康でいるため、気分転換や体を動かすことも忘れず行い、7日に元気な姿で登校するのを楽しみにしています。
        虫が大好きなので虫の写真を撮りました。
        様子を観察していると、とても可愛いです。
        都田中は自然に囲まれていて、たくさんの生き物を身近に感じることができます。
        皆さんもぜひ観察してみてください。
         
        私がおすすめをする本は、「本を読む人だけが手にするもの」という本です。皆さんは、何のために本を読むのか、本を読む意味は何か考えたことはありますか?この本を読むことで、読書の本質をあぶり出し、本との向き合い方を考えることができます。読書がもたらすメリットや、読書が著者の人生にどのように役立ったかなどの経験が詳しく書かれています。参考になることや、勉強になることが多いのでぜひ読んでみてください。
      • こんにちは!1-2担任の大桒聖矢です。
        都田中学校には今年来たので、僕のことを知っている生徒は少ないのかなと思います。
        だからいろいろと都田のことについて皆さんから聞こうと思っていたのですが、皆さんに会えないときが続いており寂しいです…
        ぜひ、学校が再開したときには、いろいろと都田のことをはじめ皆さんのことを教えてくれたらなと思っています!
        楽しい1年間を一緒に過ごしましょう!!!
        あるところを少し変化させました。
        分かりますか?
        少し予定黒板を変化させました。
        2日分になりました。
        〈おすすめの本〉
        私がおすすめする本は、宮下奈都さんの『羊と鋼の森』です。
        この本は、2016年に本屋大賞1位になり、映画化もされたため知っている人もいるかもしれません。
        この本は、ピアノの調律師の話ですが、なかなかピアノに触れたことのない人は、調律師のイメージが湧かないかもしれません。ピアニストを見て調律師のことも想像できる人は多くないと思います。しかし、ピアニストにとって、調律師はなくてはならない存在です。と言っても私はピアノを弾けませんが…。そのあまり知られていない調律師になった主人公の葛藤などがこの本では描かれています。
        皆さんも知られていないところで誰かを支える大切さや誰かに支えられていることをこの本を通じて知ってもらえたらなと思います。
        またおすすめとは違いますが、あまり本を読まないという人には、ハマッたドラマの原作本を読むことから始めると文字ばかりかと思いますが、頭の中で映像としてイメージしやすく、読みやすくなるかなと思います。ぜひ、参考にしてみてください。