都田中学校からのメッセージ その22

2020年5月11日
     安藤篤喜です。
     「都田中学校からのメッセージ その20」で「ゴールデンルール」と「プラチナルール」の話をしました。「恕」「independence」同様、自分で調べた人は素晴らしいですね。あなたの可能性は無限大です。
     
     孔子の言う「己に欲せざるところ人に施すなかれ」。「相手の立場に立って考える」「相手の気持ちを思いやって行動する」も「思いやり」の一つの形でしょう。でも、今一歩自分としてはピンときていませんでした。もう少し、積極的で建設的なものはないかと考えていました。そんな時に、マクドナルドの方から教えていただいたのが、「ゴールデンルール」と「プラチナルール」です。

     ご存じの方もいるかと思いますが、マクドナルドには大学があります。その名も「ハンバーガー大学」。マクドナルドは世界約100ヶ国以上あり、トレーニングセンターは各国にありますが、 ハンバーガー大学(HU)は7ヶ国にしかありません。その一つが東京にあります。マクドナルドの店舗社員は入社すると、まず各店舗での実習「オン・ザ・ジョブ・トレーニング(O.J.T)」を受け、その後、ハンバーガー大学でコースを受講するそうです。そこで学ぶことの一つが、「ゴールデンルール」と「プラチナルール」です。
     ゴールデンルールは、「自分にもしてほしくないことは、相手には絶対しない」こと。 つまり「自分がしてほしいことは相手にもしてあげる」こと。 プラチナルールは、「相手の気持ちに合わせて相手が望むことをしてあげる」つまり、「相手がしてほしいと思っていることをしてあげる」こと。
     このルールを教えていただいたとき、とっても感動しました。「相手がして欲しいと思うような態度、言葉、行動などを実行する」という、相手目線・立場に立った、ゴールデンルールをさらに一歩進めたプラチナルール、すごいと思いました。そして、まだまだ未熟だった自分はゴールデンルールはもちろん、プラチナルールまで身につけられるように成長したいと思いました。

     正直、今でもこの2つのルールが自分には十分身についているとは言えません。でも、いつも苦労や迷惑ばかり掛けている家族に、少しでも恩返しをしようと、休日に片付け・掃除等をしました。家族は「何が起きたのか!?」とびっくりしていましたが、自分的にはとても幸せな気持ちになりました。と言ってもまだ3~4回ですが・・・。コロナ禍で外出が制限される中、皆さん、ぜひ、ゴールデンルール、プラチナルールを少しでも実行してみませんか?それは自分はもちろん、家族を含めた周りの人をきっと幸せにしてくれることでしょう。

     最後に二つ宿題を出しますね。有名な話なので、知っている人もいることでしょう。
     一つ目。あなたは冷蔵庫のセールスマンです。ある日、上司に「地球上で今まで冷蔵庫が売れてないところに行って、冷蔵庫を売ってきなさい」と言われました。あなたは考えました。それはアフリカ?それとも?上司は言いました。「アラスカに行って、エスキモーに冷蔵庫を売ってきなさい」と。ご存じの通り、アラスカはとっても寒いところ、冷蔵庫なんて必要ありません。でも、あなたは冷蔵庫をすごくすごくたくさん売ることに成功しました。さて、どうやって売ったのでしょう。
     二つ目。最近の話です。あなたはりんごを育てている農家です。大きな台風が上陸し、収穫間近のりんごはほとんど枝から落ちてしまい、売り物にならなくなってしまいました。このままでは大赤字・・・。あなたは途方に暮れました。しかし、木に残ったりんごを売ることであなたは大きな黒字を上げることができました。さて、どうやって売ったのでしょう。

     答えは後日、HPでお知らせしますね。
     「自他の命は自分が守る」「自分の力は自分が伸ばす」。厳しい日々が続きますが、互いに頑張りましょう。