都田中学校からのメッセージ その21

2020年5月10日
     安藤篤喜です。
     入学式で76期生である1年生の皆さんに、フィラデルフィア76ersと関連付けて、アメリカ独立宣言前文の「すべての人間は生まれながらにして平等である」と都田中の校訓「自主」「探究」「共生」と絡めて話をしました。「感謝の気持ちを大切にしてほしいこと」もお願いしました。そして、最後に「independence」には「独立」ともう一つの意味があると言いました。覚えていますか?
     「恕」と同様、自分で調べた人は素晴らしいですね。あなたの可能性は無限大です。コロナ禍で、自由な時間が与えられている一方、自分がどうすべきか迷ったり上手く行動に移せなかったりする人が増えているような気がします。なので、今日は「independence」の話をします。

     「independence」の一つの意味は、話をしたとおり、「独立」です。ですから、独立宣言は「Declaration of independence」と言います。もう一つの意味は「自立」です。
     例えば、「The road to independence」は、「自立の道」。ちょうど今、皆さんはコロナ禍で学校に行けない中でも、この道を歩んでいる途中なのかもしれません。ぐんぐんと突き進んでいる人もいるでしょう。躓いたり、後戻りしたりしている人もいることでしょう。でも、あと1~3年後、卒業と同時に皆さんは必ず次のステージに立ちます。その時、必要となってくるものの一つは、「自立」です。
     自分の道は自分が切り開いていくのです。難しいことかもしれません。でも、だからこそ、自立していくことはとても大切であり、皆さんの豊かな未来へとつながります。人間は弱いです。もちろん、私もです。だからこそ、自立の道を一歩一歩、自分の力で歩んでいってください。