都田中学校からのメッセージ9

2020年4月23日
      こんにちは、発達支援学級担当の柿野博信です。
     臨時休校が続いて家に閉じこもっているのが苦痛になっているのではないでしょうか?
     この時期にしかできないことって何だろうか? 本当は、千葉県に住んでいる2人の娘のところに行って様子を確認したいところです
       が、ぐっとこらえて、週末には家の片付けを妻と行っています。家の 1つの部屋に大量の荷物があるので、いらなくなった物を整理して
       います。 もう何日もやっていますが、まだ終わらない状況です。 君たちは何ができるでしょうか? 自分の興味あることを追究するのもいいかもしれませんね。先生は英語科なので英語や世界の様子に興味があることは言う
     までもありませんが、今、世の中で流行していることやICTのことなどいろんなことに興味があります。 君たちももいろんなことに興味を       もって日常生活を送ってほしいと思います。
     
     
    5組の前の花壇の花です。 休業前に草取りをしたためでしょうか? きれいに咲いています。
     先生のおすすめの本は「アンネの日記」です。以前、英語の教科書にも使用されていたりして、知っている人も多いかもしれません。第2次世界大戦中、ナチスドイツに占領されたオランダで書いたドイツ人のアンネ・フランクの日記です。ナチスドイツはユダヤ人を弾圧していきますが、ユダヤ系ドイツ人のアンネの家族も捕らえられることを避けるために隠れ家で2年間過ごします。この時の様子を書いたものです。しかし、隠れ家が見つかってしまい、強制収容所に連れていかれ、チフスに感染して、わずか15歳で命を落とします。戦後、娘の日記を発見した父親が出版を決意します。60以上の言語に翻訳され、2500万部を超える世界的ベストセラーとなりました。とても苦しい状況でも「戦争と差別のない世界になってほしい」という思うが詰まった日記です。私たちがいかに恵まれているのかを実感し、いろいろなことを考えさせられる本です。是非、読んでみてください。