2019年9月

  • 土曜日、日曜日に、浜松地区新人大会が行われました。サッカー部は、与進中学校に3-1で勝利をおさめ、シード校の北浜中学校に挑みましたが、0-2で惜敗しました。浜松地区ベスト16となりました。男子ソフトテニス部は、決勝トーナメントに進出し、市内大会でベスト8に入った神久呂中に善戦しましたが、1-2で惜敗しました。野球部は、清流中学校と対戦し、2点先制しました。中盤に逆転されましたが、粘って同点に追いつくというシーソーゲームを展開しましたが、惜敗しました。女子バレーボールは、選手の半分が1年生という今後が楽しみなチームです。思い切りの良いプレーや素晴らしいサーブで相手を苦しめましたが、浜松南部中、湖西中に惜敗しました。どの部も最後まであきらめずにボールを追い、集中してプレーしていました。改善点を克服し、今後の大会にのぞんでいってくれると思います。今後の大会につながる試合となりました。ありがとうございました。

  • 後期の生徒総会が行われました。令和元年度後期生徒会スローガンは、「温故知新」です。この温故知新には、前の事柄や出来事を、考え直して、良いことは受け継ぎ、新しいものをつくっていくという決意を込めたとのことです。また、議案書には、一つ一つの活動を今まで以上に意義のある活動にしていき、生徒全員の学校生活を充実させていき、都田中に所属していることに誇りを持ってもらいたいという思いが述べられていました。以下が後期生徒会の活動方針です。

     ・伝統を守り、新しいことにも積極的に挑戦する。

     ・生徒一人一人の意見を大切にし、生徒会執行部と生徒会会員で学校を創っていく。

     ・よりよい学校にするために強い意志で様々な活動を実行する。

    これからの後期生徒会を中心とした生徒会活動に期待したいと思います。

  • マミーズ助産院の金田葉子先生をお招きし、3年生が命の授業を行いました。自己の性に関わる適切な価値観や行動規範を学び、人としての在り方、生き方についての考えを深めることを目的に授業を行いました。生徒たちは、多くのことを学ぶことができたと思います。

  • 浜松市新人陸上競技大会が行われ、2年女子100m、2年男子砲丸投げ、共通男子400m、1年1500mで入賞しました。自己記録更新をめざし、どの選手も頑張りました。また、男子ソフトテニスが雄踏総合運動公園、女子ソフトテニス部が美園中央公園で、浜松市新人ソフトテニス大会の団体戦を行いました。どの選手も最後まであきらめずプレーできました。その結果、男子ソフトテニス部が決勝トーナメントに進出しました。どの部も今後の大会につながる試合となりました。今後の活躍に期待したいと思います。

  • 中体連新人大会および文化部発表・競技会を全校で盛り上げ、選手・参加者を激励するために、壮行会が行われました。選手・大会参加者は、堂々とした態度で参加し、代表生徒が決意表明しました。応援団を中心とした応援も素晴らしかったです。生徒たちの今後の活躍に期待したいと思います。
  • 9月13日金曜日の体育大会に向けて、総練習を行いました。当日の様々な種目について、リハーサルを行いました。明日は、8時30分より開会式を行われていただきたく予定です。よろしくお願いいたします。
  • 9月7日土曜日、日曜日に卓球のシード校決定戦が行われました。男子は、予選リーグを3位で通過し、熱戦の結果、あと少しのところまでいきましたが、シードを獲得できませんでした。しかし、今後につながる試合となりました。女子は、予選リーグ3位で通過し、西校中等部、湖東中に勝利し、第7シードを獲得しました。それぞれ新人戦に向けて、さらに技術に磨きをかけ、努力を重ねていってくれることとと思います。今後の活躍を期待したいと思います。
  • 9月13日金曜日の体育大会に向けて、各団、応援練習を頑張っています。今年のスローガンは、「本気×団結=笑顔」~都中流方程式~」です。このスローガンのもと、都田中の素晴らしい伝統が、3年生から下級生に引き継がれます。生徒たちの成長が楽しみです。
  • 9月3日火曜日に、健全育成会の方々が、あいさつ運動を行ってくださいました。また、PTAの方々も通学路に立って交通安全指導を行ってくださいしました。地域全体で、都田中学校区の児童・生徒が安全のために、見守り、声掛けをありがとうございました。今後ともよろしくお願いいたします。
  • 音楽部が、関東合唱コンクール静岡県大会に出場しました。中学校部門に出場し、「混声合唱のためのコスミックエナジーより 抒情詩」と「混声合唱のための奄美諸島の四つの島唄 さいさい節」を披露しました。全員で素晴らしい歌声を客席に届け、銅賞を獲得しました。ありがとうございました。