2年思春期教室

2017年12月8日
    12月7日(木)6時間目に2年生思春期教室を開催しました。講師は、浜松医科大学の高木裕子さんでした。
    実際に経験されたお話を交えて、異性に興味を持つのはとても自然なこと、相手を思いやる気持ちが大切なこと、自分の体やこころを大切にすることなどをお話して頂きました。
     水が入った紙コップを使った実験では、最初、2年生90人のなかの5人のコップにだけ、試薬を入れると赤く染まる液体を入れてありました。その後、何人かの生徒と水を交換する実験をしました。
     その結果、ほとんどの生徒の水が赤く染まってびっくり!性感染症がなぜ広がってしまうのか考える、良い機会になったのではないでしょうか。高木先生より、「廊下を歩いていても、すれ違う時にしっかり挨拶ができて、素晴らしいですね」と、お褒めの言葉を頂きました。