薬物乱用防止講座&水窪地区祭典指導

2017年9月14日
     薬物乱用防止講座及び水窪地区祭典指導がありました。
     講師の先生は、天竜警察署スクールサポーターの福村利玄様、学校薬剤師の松下保彦様、祭典実行委員の山本功様です。


     福村様から「薬物の恐ろしさ」について話を聞きました。


    「『後悔先に立たず』『君子危うきに近よらず』という言葉を覚えておいてください。麻薬の”麻”は魔物の”魔”と書くこともありました。薬物を始めると肉体的に精神的にやめられなくなり、その結果死んでしまうことがあります。悪い誘いもきっぱり断ってください。悪いことを勧める先輩は先輩と思わないことです」

     松下様からは、「正しい医薬品の使い方」について講話を聞きました。


    「薬を飲む時は、必ずコップ1杯分の水かぬるま湯で飲みましょう。また、自分がお医者さんでもらった薬を、効くからといって他の人に飲ませてはいけません。薬は、その人個人の症状に合わせたものだからです。」

     メモをとって真剣に話を聞いています。
      

     祭典実行委員の山本功様から、祭典参加の注意事項を聞きました。


    「お囃子の練習ありがとうございます。中学生としてのルールを守って楽しい祭りにしてください。もし悪い誘いがあったら、祭典本部まで知らせてください」


     「ありがとうございました」