2015年7月

  •  ソフトテニスの個人戦が7月11日、12日に行われました。
     片倉・小松ペア○4-1引佐南部ペア ●1-4浜松南部ペア 
     山本・守屋真ペア●1-4神久呂ペア
     守屋寧・伊藤ペア○4-0都田ペア ○4-1清竜ペア ○4-2北浜ペア 
                準々決勝 ○4-3浜北北部ペア 
                準決勝   ●1-4東陽ペア 
                3位決定戦○4-2浜名ペア 県大会出場
     
       
  • 命の音

    2015年7月10日

      「お父さんとお母さんが出会っていなかったら、みんなはここにいなかったんだよ。おじいちゃんとおばあちゃんがいなかったら・・・・・。みんながここにいるってすごいことなんだよ」
      「命の音ってわかりますか?」
      「走り終わったとき心臓がドキドキすることだよ」「頭が痛くてズギスギすることだよ」

       思春期教室を開催しました。2年生は講師の松井祥子助産師から命の大切さ、新しい命の誕生、思春期の心や体の変化について話を聞きました。

      「妊娠して3か月経つと、このキューピーさんくらいの大きさに成長します」

      「6か月経つと、このお人形さんくらいの大きさに成長します」
       
      「これが生まれたときの赤ちゃん。みんな大きくなったね」
        
       松井先生の話はとても分かりやすく、生徒も話を真剣に聞いていました。

       松井先生の話の後、「赤ちゃん人形を使って抱っこ体験」、「子宮内体験」、「妊婦体験」をしました。
      <赤ちゃん人形を使って抱っこ体験>
       
      「こうやって抱っこするのかなぁ」
       
      <子宮内体験>
       
      「出られないよぉ」

      「お母さんは大変な思いをしたんだぁ」
       
      <妊婦体験>

      「お腹が重いよぉ」
         
      「お母さんは大変だなぁ」
       
       代表の生徒がお礼の言葉を述べました。
    •  授業参観会を実施しました。
       2年生は「立志式」の様子を見ていただきました。授業参観後は佐久間高校、聖隷クリストファー高校の先生から高校生活について説明を聞きました。
      <3年生 数学の授業>
       
      <2年生 立志式>
        
      「目標を定めるのはいつですか?」

      「今でしょう」
       校長先生から「夢ある者に目標あり。目標ある者に計画あり。計画ある者に実行あり。実行ある者に成果あり。夢がある人は頑張れる。頑張るから伸びる」と式辞がありました。

       決意発表をしました。
               
       保護者から手紙をもらいました。
       
      「何が書いてあるのだろう?」
        

       最後に記念撮影をしました。みんないい笑顔です。

      <1年生 英語の授業>
       

      <進路講座>
       今年度から全校の生徒と保護者が参加するようにしました。

       佐久間高校副校長の袴田先生から学校の概要、進路課の吉田先生から進路について説明を聞きました。

      「佐久間高校はあいさつが日本一の学校です」

      「一人一人に応じた進路実現を目指しています。就職率は100%です。先生方も放課後の学習指導を熱心に行っています」

       聖隷クリストファー高校の宮野先生から学校の建学の精神や力を入れている点について説明を聞きました。

      「自分のようにあなたの隣人を愛しなさい。隣人とは困っている人のことです」
      「質の高い学習指導や心の教育に力を入れています」
        
       生徒も保護者も真剣に話を聞きました。
    • 朝読書in図書室

      2015年7月7日
         「七夕や野にもねがひの糸すすき」 小林一茶
         今日は七夕です。また、二十四節気の「小暑」で、梅雨明けが近く、本格的な暑さが始まる頃と言われています。今週はまだまだ雨が降りそうですが・・・・。

         今年度より、図書室の利用を増やすために、朝読書を図書室で行う日を設定しました。
                    
         図書室には、まだ「知らない何か」があなたを待っています。 それは、
         心がきゅんとするような「恋の味」かもしれません。
         平凡な日常をひっくり返すような「大事件」かもしれません。
         あなたの将来を切り拓いてくれる「職業の扉」かもしれません。
         あなたの悩みに寄り添ってくれる「人生の先輩」かもしれません。
         つまらない毎日に楽しみを届けてくれる「趣味の入口」かもしれません。
         苦手な勉強をサポートしてくれる「あなただけの応援団」かもしれません。
         慌ただしく過ぎていく毎日の中の「ほっとするひととき」かもしれません。
         もしかしたら……自分が知らなかった「自分」かもしれません。
         そんな出会いを知らずに毎日を過ごしているなんて、もったいない!!みなさん図書室へ行きませんか?知らなかった世界の扉を開けてみてください。きっといい本との素敵な出会いがあなたを待っています。
            
      • 中体連夏季大会が7月4日、5日に行われました。
        【男子バレー】 
        ●水窪0-2舞阪 ●水窪0-2湖東 ●水窪0-2北浜東部
              
         4月に入部したばかりの1年生も出場しました。下級生を思いやりながら試合をする3年生の姿が印象的でした。

        【ソフトテニス女子団体】
        決勝トーナメント1回戦○水窪2-1浜松南部 2回戦○水窪2-1曳馬 準々決勝●水窪1-2浜名 
        順位決定戦○水窪2-1三ヶ日 ●水窪0-3東陽 県大会出場
             
         苦しい戦いが続きましたが、念願の県大会出場を決めました。
      • るるり りりり

        2015年7月3日
           1年生の国語は「詩」の学習をしています。
           今日は、草野心平さんの「おれも眠らう」という詩について学習しました。

           るるり りりり るるり りりり るるり りりり るるり るるり りりり るるり るるり るるり りりり

           
             
           5時間目で眠くなる時間帯でしたが、みんな眠らないで頑張りました!

          <草野心平>
           福島県生まれ。蛙をテーマにした詩集「第百階級」が有名。その詩は擬声語が多用され、原始的な生命感にあふれている。宮沢賢治を世に紹介した功績もあり。(浜島書店 国語便覧より)
        •  水窪文化会館で開催されたSnmmer Concert2015 for Misakuboに行きました。
                 
              
           フルートの演奏で校歌を歌いました。

           フルートアンサンブル『merrily(メリリー)』の皆さん!
           素敵な演奏をありがとうございました。
        •  第3回フレンドリー集会を開きました。
           リーダーに質問しグループで相談しながら答えを出し合いました。
           
          「静岡県にありますか?」          「それは高いですか?」
           
          「丸いですか?」               「食べ物ですか?」
           
          迷探偵でした。               名探偵でした。