2014年12月

  • 2学期が無事に終了しました。
    今日は、終業式に先立って、表彰を行いました。
    表彰は、はじめに、先日の「小中合同持久走大会」の第1位~第6位までの表彰を行いました。

    続いて、ブラスバンド部員のアクト学院「子ども音楽セミナー」修」了証書の授与

    最後は。日頃のボランティア活動を讃え、全校生徒一同に「浜松市青少年善行賞」が、代表者に手渡されました。

    本年度4月から、地域ボランティア活動に参加した人は、延べ138人、1人平均3.5回です。代表で表彰状を受け取った坂口君は、10回と最も多い回数参加してくれました。

    続いて、2学期の終業式が執り行われました。
    はじめに、各学年の代表者、1年:小澤君、2年:三輪君、3年:坂口君から、2学期の反省と3学期、新年の決意が力強く発表されました。

    校長式辞では、この1年間の各学年の成長ぶりを讃えると共に、ノーベル賞を受賞した浜松出身の天野さんの生き方に触れ、小中学校時代には、普通の少年だった人が、目標に向かってあきらめず努力を続けることで、天才にも勝る素晴らしい発明をすることが出来た。これは、私たちに将来への夢と希望をくれたことであると話されました。

    明日から冬休みです。
    事故やけがのない元気な生活を送り、また新学期に元気な顔で会いましょう!
  • 一面の銀世界!

    2014年12月18日
      今朝は起きてびっくり! 外は一面の銀世界でした。


      天気予報でも今季最大の寒波と言っていましたが、水窪も例外ではありませんでした。
      道路は凍結して大変でした。
      でも、子どもたちは元気に登校してきました。

      寒さなんかには負けません!
      昼間は日が当たり、夕方には溶けてしまいました。
    • 水窪小学校と合同で持久走大会を行いました。
      開会式では、小学校2年生が元気な声と可愛い声で、開会を宣言してくれました。

      小学校の部が終わり、いよいよ中学生の部です。
      10:00に女子が、10:30に男子が元気よくスタートしていきました。

      途中の沿道では、地域の方がたくさん応援してくれました。折り返し点を元気よく折り返していきました。

      職員では、唯一教頭先生が、走りきりました。・・・元気です!

      そして、女子は、2年生の守屋さんが、男子は2年生の楠君がトップでゴールしました。

      閉会式では、男女総合1位から3位までに、メダルが授与されました。

      終了後には、PTA役員の皆さんが作ってくれた豚汁をおいしくいただきました。

      天気にも恵まれ、とても良い持久走大会になりました。
      声援してくださった皆様、本当にありがとうございました。
    • 英語科の授業は、毎日とても楽しいです。
      今は、クリスマスを前に、クリスマスカードを作る授業やクリスマスを楽しむ授業を行っています。
      ALTのフレア先生は、最高のパフォーマンスで生徒を引きつけてくれます。
      子どもたちのこの楽しそうな笑顔を見てください。

      もう!最高に楽しそうでしょう!・・・
      英語が自然と好きになって、抵抗感もなくなりますね。
      最後に、皆でピースです。
    • 2学期も後わずかとなりました。2学期にいろいろなコンクール等に出品したところから、賞状がたくさん届いたので、表彰集会を開きました。
      表彰内容は、読書感想文コンクール、席書コンクール、浜松市中学校文化祭展示、文集はままつ入選、ASアカデミー(本校で取り組んでいるドリル)などの表彰でした。

      多くの人が受賞したので、代表者に手渡しました。
      この中でも特に、本校が取り組んでいるASアカデミーは、年間15回のドリルテストを行って、正答率が80%以上だった人を表彰しました。
      1回~5回の正答率が80%以上の人は24人、6回~10回の正答率80%以上の人は20人、1回~10回まで正答率80%以上の人が21人とみんな頑張っています。

      3学期末までに、残り5回あります。11回~15回で人数が増えることを期待しています。
    • 総合的な学習の時間「高根タイム」の成果を発表する「高根タイム発表会」を行いました。
      1年生は、水窪の自然や史跡または、水窪の抱える課題について調査しまとめました。2年生は、職場体験で学んだ事を発表しました。3年生は、全員で分担して「水窪ガイドブック」を作成しました。
      1年生の発表の様子です。

      1年生は、新聞形式にまとめて発表しました。細かな文字でたくさんまとめてあり、素晴らしい発表でした。
      2年生の発表の様子です。

      2年生は、パソコンでまとめたスライドをモニターやスクリーンで表示しながら発表しました。3日間を通して働いた職場体験で学んだ、働くことの意義や苦しさ、大変さ、親への感謝の気持ちなどが伝わってきました。
      発表後には、視聴者からたくさんの感想や質問などが出て答えていました。

      3年生の発表の様子です。
      最初に、1冊にまとめた「水窪ガイドブック」を全員に配付しました。

      その中身の濃さに、皆びっくりしていました。
      そして、担当した部分をそれぞれに発表していきました。

      その素晴らしい出来映えの「水窪ガイドブック」を紹介します。
      まず、これが表紙です。

      中身は、自然、イベント、食、みやげ、みどころ、歴史・・などに分かれて取材しまとめられています。

      このように、どのページも見劣りしない素晴らしいガイドブックです。
      このガイドブック製作を通じて、水窪の魅力や誇れる歴史・文化を再確認しました。
      ガイドブックを見てみたい方は、水窪中学校まで御連絡ください。

    • 12月14日(日)に開催される「小中合同持久走大会」のための、本コース試走を行いました。
      コースは、水窪町内の市街地内を走るコースです。今まで、毎朝グランドでトレーニングをしてきました。その力を本コースで試してみました。

      皆、なかなか快調に走りました。
      この調子なら、本番は大変楽しみです。
      スタートは、小学生が9:00~ 中学生は、女子が10:00 小学校の坂下前 男子が10:30 本町旧寄宿舎前をスタートします。ゴールは、男女とも小学校の坂下です。
      みんな頑張って走ります。沿道での応援をよろしくお願いします。
    • 毎年、2年生を対象に「思春期教室」を開催しています。これは、自分自身の体を知ると同時に、男女が成長していく上での心身の変化を学び、自他の成長を正しく受け止め、異性を思いやる心やお互いに理解し合う心を育てることを目的としています。
      先日、助産師の先生、天竜健康づくり課・保健師の皆様を講師に「思春期教室」を開催しました。

      講話と実技の内容で指導を受けました。講義では、生命のつながり、男女の違い、性感染症などについて学び、実技では、妊婦体験、子宮から生まれ出る体験、赤ちゃんをだっこしてみる体験などを行いました。
      妊婦体験です。

      妊婦さんのお腹がこんなにも重い事を実感しながら、自分たちがお腹の中にいるときのお母さんの苦労を感じ取りました。
      子宮から生まれ出る体験です。

      大きくなった赤ちゃんが、狭い出口から生まれ出る体験でした。赤ちゃんの苦労とお母さんの大変さを理解しました。
      赤ちゃんをだっこする体験です。

      何となく照れくさいような・・・怖いような気持ちでだっこしてみました。
      赤ちゃんの重さや、命の大切さを感じ取りました。
      さすがに、女の子の方が上手にだっこできるように見えましたが、男子も教えてもらいながら上手にだっこできるようになりました。
      短い時間でしたが、本当に素晴らしい体験と講義を受け、将来への希望や楽しみ、子育ての意識が高まりました。