2014年7月

  • 77日間の1学期が終わりました。今日は、1学期の終業式を行いました。
    はじめに、各学年の代表による、1学期の反省と夏休みや2学期への決意が述べられました。

    1年生は、澤谷君、2年生は、嶋田君、3年生は、岩本さんが大変立派に発表しました。

    校長式辞では、校長から「1学期間にはたくさんの行事や活動があったが、みんなが力を合わせて素晴らしい成果をあげてくれた。特に嬉しいことが4つあった。」と、それを「0」~「3」までの数字で示しながら話されました。最後に、夏休みの中で心がけて欲しいこととして、①事故・非行は「0」 ②自分の命は自分で守る ③家族に感謝 の夏休みにしてほしい。と締めくくりました。

    長い夏休みに入ります。生活のリズムを崩さずに、元気で過ごして、夏休み明けにはまた素晴らしい笑顔を見せて欲しいと思います。
  • 今日は、1学期の終業式です。いよいよ明日からは夏休み。・・・でも、勉強はしっかりやりますよ。
    本校では、夏休みの中で、「夏期学習講座」を開設しています。国語・社会・数学・理科・英語の5教科での補習授業です。
    スローガンは、「勉強に 燃えに燃えるぞ この夏は!」です。

    1学期の学習でつまずいてしまったところや、もう一度確かめたいところなどをしっかり復習して、確実に理解して2学期に臨みたいですね。
    先生方も、気合いを入れて問題を作っていました。
  • 各学年教室の前の廊下には、楽しい掲示がたくさんあります。
    以前には、3年生の修学旅行の「ナイスショット スナップ」を紹介しましたが、今日は1年生と2年生です。
    1年生の廊下には、「ディスカバー水窪」で学んできた内容を、グループで新聞にして掲示してあります。

    一つずつ読んでみるとなかなか深まりのある内容です。

    たくさんの体験と学習をしてきたことが分かりました。
    次は2年生です。2年生の廊下には、「ディスカバー浜松」での体験や学んだことを、個人新聞として掲示してあります。

    少し新聞の中身を見てみましょう

    さすがは2年生です。個人でまとめていますが、大変分かりやすい新聞になっています。
    そして、ちょっと別に目をやると、こんな掲示がありました。

    暑い夏がやってきました。
    暑さを表現した一句を紹介します。

    「太陽が 私の横に 座ってる」・・・分かるな~!この気持ち。読んだだけで暑くなりますね。
    暑さを十分に表現した素晴らしい一句でした。

    「体中 水分奪われ 砂漠化だ」・・・これもいいですね~! 水分補給が必要な状態が読み取れます。まさに、猛暑を表した一句ですね。
    このように、楽しい掲示がところどころにあり、廊下を歩いていても退屈しません!
  • 本校では2学期に、「高根タイム」(総合的な学習の時間)で、地域を調べたことや職場体験、水窪の将来・未来の創造について、自分なりにまとめをして発表会を行います。そのまとめ方や発表の仕方等を学ぶために、今日は、静岡新聞社 天竜支局長の寺田将人さんをお招きして、新聞記者として取材の方法、記事の書き方などについて教えていただきました。

    新聞記事はどのように作られているのかを、スライドを使って分かりやすく説明してくれました。

    毎日新聞を読んでいるという人も結構たくさんいました。

    何気なく新聞を読んでいるのですが、そこには記者が伝えたいことを分かりやすく伝える秘訣がたくさんありました。
    例えば、新聞が全て同じ大きさの文字で書かれていたら、こんな新聞になります。

    これでは、何を伝えたいのか、どこから読んだら良いのか、また記事に興味を引かれません。
    そのために、見出しや写真、図などを盛り込み、分かりやすく伝えているのだそうです。

    確かに分かりやすいですね。
    この他にも、記事の書き方で大切なのは「5W1H」であること。最も伝えたいことを真っ先に書くこと・・・など、まとめ方についてたくさん学びました。
    生徒も、たくさんの質問をして、高根タイムのまとめの仕方を聞いていました。

    いろいろな説明を受けて、改めて新聞を見てみると、記事が何を伝えたいのかがはっきりと分かってきます。

    大変貴重なことを学ぶことができました。
    高根タイムの発表会が楽しみになりました。
  • 昨日、東海地方に梅雨明けが発表されました。
    今朝は、それを象徴するかのように、学校の周りを見ても、真っ青な空が広がっていました。

    暑い夏がやってきますね。今年は、空梅雨・・・なのか、雨が少なかった気がします。その分暑いかな・・・?
    熱中症にならないように、水分補給をして乗り切りたいです。
    今週末に、終業式です。
  • 読み聞かせ「絵本の広場」、本日1学期最後でした。
    今日も、どの学年でも、臨場感ある読みの中に引き込まれていきました。

    本日学校を訪れていただいた、「絵本の広場」のメンバーさんたちです。

    今日は新しく山下さんが加わりました。
    また、2学期よろしくお願いいたします。本当にありがとうございました。
  • 後期生徒会長を選ぶための立ち会い演説会と会長選挙が行われました。
    最初に、生徒会長候補者の立ち会い演説会が行われました。
    選挙管理委員長は、3年生の小濱さんが務め、はじめに趣旨説明がありました。

    今回、生徒会長に立候補しているのは、2年生の池田君です。

    はじめに、池田君の推薦責任者の森下君から、推薦理由や池田君が生徒会長にふさわしい事柄について述べられました。

    続いて、会長立候補者の池田君から、選挙公約をはじめとする、水窪中学校を盛り上げて行くための施策について演説がありました。

    自分の良さは、「粘り強いこと」、水中生徒会に新しい風を吹き込みたいことなどが話されました。
    有権者はみんな真剣な眼差しで聞き入っていました。

    この後校長から、リーダーを選ぶ選挙である。その視点は4つある。リーダーとは、①ポジティブな姿勢でいること。②常に一貫性を持っていること ③目標を見失わないこと ④エネルギーがあること・・が示され、本年度後半から来年度の水窪中学校を動かすリーダーを決める選挙をするに当たり真剣に考えてほしいと話されました。

    この後、選挙に移りました。
    選挙と言っても本格的で、記載台や投票箱も本格的なものです。

    はじめに、選挙管理委員長から、投票上の注意が伝達されました。

    いよいよ選挙が始まりました。
    受付を済ませ、記載台で記入し、投票箱に投票をする。

    無事、選挙が終了しました。
    この後即日開票となりました。

    この結果、無効票なしで「信任」され、池田新生徒会長が誕生しました。
    これから、組織をつくり、本格的な活動の準備に入ります。素晴らしい水窪中学校を作ってくれることを期待しています。
  • 今年の梅雨はなかなか雨が降りません。先日の台風の日はまとまった雨でしたが、それ以外には余り記憶がないくらい・・?
    この雨の少ない中でも、夏本番を待つ夏の花たちは元気に咲いています。

    代表は、花壇のヒマワリです。夏本番はまだかと、顔を太陽に向けていました。
    一方、小さなホオズキも可愛い実を付けています。

    こちらは、雨よ触れ・・!と言わんばかりに、ひっそりと実を付けていました。
    今日も暑い日となりました。昨日、佐久間では35℃を越え、この夏静岡県の最高気温を記録したとか・・・・
    もうすぐ梅雨明けですかね・・・?そして、暑い(熱い)夏がやってきます。
  • 1学期ももうすぐ終わります。夏休みに入ると部活動が、10月になると、生徒会活動も2年生主導の活動になります。
    その生徒会活動をリードするための生徒会長選挙が行われます。
    生徒会長に立候補しているのは、2年生の池田君。毎朝、昇降口で登校してくる人たちに元気なあいさつで選挙運動をしています。

    また、教室にも顔を出し、選挙公約を述べて、全校生徒にアピールしています。

    特に1年生の学級では、初めて経験する会長選挙なので、聴いている1年生も真剣に聞き入っています。
    自分たちも1年後には、このような立派な姿を見せなければなりませんね。
    今日7/17には、立会演説会が行われ、即日投票となります。
  • 部活動の夏の大会が真っ盛り!
    本校では、ソフトテニス部の個人戦で2回戦を勝ち抜いた、小濱・伊藤ペアが3回戦に臨みました。

    3回戦の相手は、麁玉中学校ペアです。台風一過の熱いテニスコートに、選手の大きな声と応援の声が飛び交いました。

    スタートから、出だしよく一進一退の攻防戦が続きました。

    粘って、素晴らしい見せ場もあったのですが、残念ながら、ゲームセット・・・

    3年生の熱い夏が終わりました。2年半の長い間、暑い日も、寒い日もボールを追いかけてきた部活動・・・「悔いがない」と言えば、嘘になるでしょう。
    でも、たくさんの思い出が残りました。
    この思い出は、一人で作ったものではない。指導してくださった顧問の先生、一緒に戦った仲間たち、支えてくれた後輩、応援してくれたお父さん、お母さん、家族のみんなに感謝をしないといけません。
    今後は、後輩の新人戦に向けて、先輩としてアドバイスをしてあげて欲しいと思います。
    お疲れ様でした。