2014年5月

  • 5/8 1年生が「福祉体験学習」で、天竜厚生会で貴重な体験をしてきました。
    本年度天竜厚生会での体験学習のスタート校だったので、はじめに「開講式」を行いました。

    福祉体験学習での意気込みを、平谷さんが立派に述べました。厚生会の役員の方々もしっかりしていると感心していました。

    午前中は、講義と基本的な実習を行いました。講義でも、みんなしっかりと聞き真剣な表情でした。

    アイマスクをして白杖だけで歩いている人の体験や、車いすで段差のある場所をクリアする体験など、真剣に取り組みました。

    午後からは、各施設に分かれて、本格的な実習を行いました。
    お年寄りの介護施設などでの実習は大変勉強になりました。

    どれも貴重な体験をして、無事に実習が終了しました。
    施設での実習では、学校から準備していった出し物も披露して、大好評でした。

    最後には、なかなかできない体験をして勉強になりましたと反省を述べることができました。

  • ゴールデンウィークもあっという間に終わってしまいました。
    天気も、5/5の雨空を除けばまずまずの天気でした。
    ゴールデンウィークと言えば、浜松の中心街では「浜松祭り」が熱く繰り広げられました。

    祭りに参加した人たちも、いろいろと楽しんだ連休だったと思いますが、本校の吹奏楽部は、とても貴重な思い出深い体験をしました。
    浜松祭りの「吹奏楽パレード」に浜北西高校吹奏楽部とともに参加させていただきました。
    衣装もばっちり決めて、こんな感じで参加しました。

    岩本さんは、トロンボーン担当。

    南屋さんは、ホルン担当。

    高木さんは、ペナントを持って先頭を歩きました。

    熊谷さんは、タンバリン担当

    みんなそれぞれに決まっていますね。かっこい~~~!
    全体では、こんな感じです。

    総勢100人の大編成です。素晴らしいですね。
    なかなか経験のできないことです。とてもいい体験をしました。
  • 生徒会の生活美化委員会が、毎朝清掃活動と挨拶運動を行っています。
    今日も、グラウンドに通じる通路をきれいに掃き掃除をしてくれました。

    また、一方では、登校してくる生徒に元気な声で「おはようございます」のあいさつをしています。

    とても気持ちのいい朝を迎えています。
  • 今日から5月、あっという間に1ヶ月が過ぎました。今日は、朝礼を行いました。
    朝礼は、生徒会長の元気な「おはようございます」の一言からスタートします。

    校長講話では、生徒昇降口に掲げられている「われら 水窪中学生」の言葉を基に、水中生としての誇りをもって、胸を張れと言う話がありました。

    そのために、学校生活の中で、「学力、社会力、体力」の「3つの力」を付けて欲しいと、水窪中学校が目指している生徒の姿を説明しました。

    この力を身につけて、学校教育目標である「自分らしさが 輝く生徒」になってくれることを期待します。
  • 学校生活も順調にスタート、1年生も学校生活にも慣れてきました。
    そこで、生徒会活動を推進するための生徒総会が行われました。
    まずは、生徒会長の力強い「所信表明」からスタートです。

    そのあと、議長:竹本さん、副議長:鎌倉君の議長団が会を進めました。

    本部・各常任委員長から、後期の活動報告、前期の活動計画が、次々に提案されました。

    生徒は真剣に議案書を見つめ、真剣な様子がうかがえます。

    活動報告や活動計画についての質疑では、多くの生徒が質問しました。

    1年生も力強い質問をして、頼もしく感じました。
    多くの質疑と答弁の後、無事に全ての議案が承認されました。
    最後に、校長から指導講評として、「半年前に発足をした現生徒会組織だが、この半年で本当に頼もしくなったことを実感している。残り半年の任期となるが、自分たちが求めてきた生徒会活動を最後までやり遂げて欲しいと、「初志貫徹」の言葉を贈り励ましました。

    今後、素晴らしい成果を期待したいと思います。