第2回 フレンドリー集会を行いました

2014年5月28日
    学校中の生徒の良き人間関係づくりを目指して実施している「フレンドリー集会」の本年度2回目を行いました。
    ただ楽しいだけの集会ではなく、全校生徒の学年や男女などの枠を自然に外して、生徒が本音で活動できるように毎回綿密な計画がされています。

    まずは全体の説明をして、グループ分けのためのエクササイズで気持ちをほぐします。
    今回は、事前に渡されたカードに示された「動物の鳴き声」だけで、同じメンバーを探しグループ作りをしました。

    「パオ-!」「ニャー!」「ガオー!」・・・など、その動物の鳴き声が体育館に響き、気持ちをほぐしながらグループ分けができました。

    さていよいよ今日の本番です。今日の活動は、「仲間と一緒にしっぽを狙え!」というエクササイズです。グループ全員が手をつないで、その中の1人がしっぽを付け、グループで協力して、他のグループのしっぽをゲットするものです。はじめに、先生方で見本演技をしてみました。

    本番開始の前に作戦会議で、誰がしっぽを付けるか、どの順番で手をつなぐかなどを話し合って、いざ!出陣です。

    1回戦は、何となくぎこちない動きも見られ、あっさりしっぽをとられてしまうチームもありました。
    さて、第2回戦、その前に、再度作戦会議です。今回は念入りに行いました。教育実習生も加わっています。

    2回戦の動きは、1回戦の時とは全く違って、なかなかしっぽをとられません。動きもスピーディで、最高潮に達しました。

    あっという間に時間が過ぎ、知らぬ間に全員の心が一つになっていました。最後に、反省をして今日の集会を終えました。