2014年4月

  • 新学期がスタートして4日になりました。
    今日は、各学級の学級委員を任命しました。
    会に先立って、昨年度末に静岡県児童・生徒紙上図工・美術展において、県審査で入選になった3年生(当時2年生)の岩本さんに、表彰状が贈られました。

    引き続いて、本年度前期の学級委員の任命が行われました。
    1年生は、小澤君、片倉さん、2年生は、森下君、守屋さん、3年生は、鎌倉君、竹本さんが、前期の学級委員です。

    任命後に、校長先生から、4月は「出発のステージ」です。

    出発で最も大切なのは「学級づくり」です。そのポイントは「チーム」をつくること。学級内の課題や問題、過去の悔しさなどを洗い出して、みんなが同じ方向を見て活動する仲間をチームという。そのチームの舵取りをするのが学級委員の役目ですと、野球のチームを例に挙げ、全て優れている人はいないが、何かに優れている人はいる、それを引き出して立派な学級を作っていって欲しいと激励を贈りました。

    学級がまとまって、素晴らしい学級づくりができるといいですね
  • 新入生に生徒会活動や部活動を紹介する「対面式」を行いました。
    1年生が、先輩に連れられて入場してきました。

    はじめて先輩たちと接する集会なので、みんな緊張した表情です。
    最初に、生徒会長の坂口君が生徒を代表して、歓迎の言葉を贈りました。

    つづいて、1日の学校生活について、朝の登校から下校するまでの様子を、生徒会が中心となって自作した映像で紹介しました。
    楽しい映像に笑いが飛び出し、だんだんと緊張もほぐれてきました。

    次に、生徒会活動について、各専門委員長から常時活動等について説明がありました。

    なかなかいっぺんには難しいですが、徐々に覚えていきます。先輩の行動をよく見ていれば分かります。
    次は、部活動紹介です。部長を中心に、部活動の説明と実技を交えて紹介しました。
    どの部活動に入ろうかと、みんな真剣な眼差しでした。

    最後に、新入生を代表して、熊谷さんがお礼の言葉を大変立派に述べました。

    さあ!いよいよ水窪中学校の一員です。これからの学校生活が楽しみですね。
  • 学校の隣の春日神社の大きな桜も、新入生の入学を祝うかのように満開となりました。

    平成26年度 入学式が昨日執り行われました。
    午後開催のため、お昼過ぎがら真新しい制服に身を包んだ新入生が、保護者と共に登校してきました。

    緊張した表情の中、3年生が胸に花を飾ってくれました。

    何となく気持ちがが和らぎました。
    そして、教室に入り学級担任の先生から、入学式の流れを説明してもらいました。

    しっかりと聞いていますね。
    さあ!いよいよ入場です。希望とやる気で、大きく胸を張っての入場でした。

    新入生呼名の後、校長式辞では、「伝統ある水窪中学校の一員となったことに誇りを持って欲しい。3年間の中で、「学力」「社会力」「体力」の3つの力を身につけ、立派な人間に成長して欲しいと激励しました」

    来賓祝辞では、協働センター所長:中村様、PTA会長:吉村様から、楽しいこと苦しいこともたくさんあるだろうが、努力と挑戦をし続け、大きく成長して欲しいと励ましていただきました。

    続いて、「しっかり勉強してください」と、校長先生から、中学校の教科書が、新入生代表の平谷さんに手渡されました。

    最後に、「誓いの言葉」を新入生代表の植田君が立派に述べました。

    厳粛の中で、無事式が終了し、いよいよ中学校生活の第一歩を踏み出しました。

    緊張した入学式も終わり、玄関前では、入学を祝っての写真撮影です。

    気持ちもほぐれ、蔓延の笑顔になりました。
    さあ! 中学校生活のスタートです。頑張りましょう!
  • 新任式に引き続いて、1学期の始業式を行いました。
    新入生は、7日が入学式なので、新2年生、新3年生で行いました。
    はじめに、2年生と3年生を代表して、守屋さんと耳塚さんが、新年度の抱負と決意を堂々と述べました。

    「先輩になる重み」や「最上級生となる自覚と責任」がしっかりと伝わってきました。
    校長からは、「頼れる先輩」になるための秘訣は、「教え上手な先輩」になることとして、4つのポイントを話されました。

    ①1回に教えることは、1つずつ。
    ②何度も繰り返し教えること
    ③相手に「どうすればよいか」を考えさせること
    ④たまには、叱ること

    新入生は、中学校生活が全く分からないのだから、たくさんのことを教えてやらないといけないが、たくさんのことをいっぺんに教え込もうとしてもうまくいかない。この4つのポイントを意識して教えてやることが大事である。上手に教えられることが「頼られる先輩」になることです。期待していますと締めくくりました。
  • いよいよ新年度のスタートです。
    新しい先生方が5人本校にお見えになりました。そこで、初めての顔合わせ「新任式」を行いました。

    教頭先生の成瀬先生です。

    浜松市立細江中学校からお見えになりました。教科は、数学科です。
    次は、牧野先生です。

    浜松市立江西中学校からお見えになりました。教科は英語科です。
    次は、河合先生です。

    浜松市立湖東中学校からお見えになりました。教科は数学科です。
    次は、養護教諭の奥山先生です。

    お隣の水窪小学校からお見えになりました。従って全員の生徒のことを知っています。皆さんの健康管理をしてくれます。
    最後は、図書館補助員の田中先生です。

    図書室の本の管理や図書室の環境整備などをしてくれます。
    生徒を代表して、生徒会長の坂口君から、歓迎の言葉をおくりました。

    新しい先生方を迎えて、いよいよ平成26年度がスタートしました。
  • 平成26年度が始まりました
    学校の隣の春日神社の大きな桜も、新入生を心待ちにしているかのように、満開となりました。

    明日は、始業式。月曜日は、入学式です。
    いよいよ新学期がスタートします。