夏休み特集「救急蘇生法」を学びました

2013年8月29日
    毎年2年生が夏休みの中で受ける「救急蘇生法講座」が先日本校で開催されました。
    これは、人が心肺停止状態に陥ったときに、直ちに心臓マッサージやAEDを使用して、蘇生を行うことを実体験して将来に生かすことを目的としています。
    この日は、まず、消防署員さんに蘇生法の説明を聞き、その方法について体験をしました。

    この後、一通りの流れを自らが行うことを実演しました。

    難しいところもありましたが、しっかりとやり遂げることができました。この方法を使うことがあってはいけないのですが、万が一の時に自分から行動し、命を救えたらと感じました。