2013年2月

  • 3年生にとって最大の山場である公立高校の入試日が目前に迫ってきました。
    学力検査は、3/5 面接は3/6です。
    現在、最後の面接練習に取り組んでいます。


    昨日まで、インフルエンザで3年生は学級閉鎖をしていましたので、ここに来て猛ダッシュです。
    その3年生に1・2年生が、応援メッセージを送っています。
    3年生の教室の廊下には、下級生からの応援メッセージが掲示されています。

    先輩・後輩の絆を感じました。
  • 2年生は今修学旅行に向けて事前調査を行っています。
    今日は、その発表会として、自分たちが調べた見学候補地の良さや見所、アクセス、拝観料などをプレゼンを使って紹介しました。


    自分の調べた神社やお寺を自信を持って発表していました。


    保護者の方も参観に来てくれました。本当にありがとうございます。


    この資料は、廊下にも掲示されていて、大変わかりやすいです。

    修学旅行が待ち遠しいですね。
  • 先週末から、インフルエンザが本校で大流行し、今週初めには2年生、3年生が学級閉鎖となる事態にまでなりました。
    しかし、感染した生徒も完治して、今日は久しぶりに全校生徒が集まりました。
    ランチルームでは、全校の給食が今日から再開しました。


    おいしい給食の後は、水窪小学校の田中栄養士さんから、食育指導がありました。
    今日のテーマは、「行事食」。日本にはその季節ごとの「行事食」があり、その季節にあった食事が食べられている。
    例えば、2月は節分があり、豆やいわし、恵方巻きなど。3月は桃の節句で、ちらし寿司や雛あられなどと言った物があり、その食事には「食の知恵」と言われる意味があることを教わりました。
  • 今日は、本年度最後のPTA参観会の日でした。


    ですが、参観授業をしているのは、1年生だけです。
    何と、先週末に学校に入り込んだインフルエンザで、2年生と3年生は学級閉鎖。元気なのは1年生だけです。
    それで、授業公開は1年生の英語だけになってしまいました。


    とても寂しい限りです。
    おかげで、2年生、3年生のクラスはこの通り



    特に3年生は、高校入試が来週に迫っていて心配ですが、ここで乗り切ってくれれば大丈夫でしょう。

  • 昨日、学年末テストが行われました。
    本年度の学習の総まとめをするテストでした。どの生徒も今まで勉強してきた成果を発揮して、テストに臨みました。

    しかし、この日から体調の悪い生徒が続出しました。原因はインフルエンザです。
    今まで、うがい・手洗い・アルコール消毒等、予防に心がけてきましたが、テスト勉強で寝不足が祟ったのか、欠席者・体調不良での早退者が多数出てしまいました。
    テストは最後まで行われましたが、欠席者・早退者は、後日再試験を受けることになりました。
  • 今年度春に本校で教育実習をした本永先生が来校しました。
    久しぶりの来校、突然の来校にみんなびっくり!
    特に、実習で入った1年生との再会で、1年生は大喜び!

    大学で卒業論文を書き終えて、少し楽になったので帰郷したと言っていました。
    次は、本物の先生になってきてくれることを楽しみにしています。
  • 生徒がいつも楽しみにしている「フレンドリー集会」を行いました。本年度6回目となります。
    人間関係作りをねらいとして、構成的エンカウンターを用いた集会です。
    今日のテーマは、「カードトーク」です。会話がはずむ話し方、聞き方を意識しよう。自分の考えを伝えよう。が今日のねらいです。
    まずは、リラックスタイムとしてグループ作り。動物の名前の書いたカードを引いて、声を出さずに同じ動物同士のグループに分かれます。

    猿のまねをしたり、馬のまねをしたりして相手に伝え、グループになりました。

    次に、本題のカードワークに入ります。グループの人たちと何を話したいか、質問形式でカードに記入していきます。


    そのカードを、トランプのようにグループの真ん中に置き、一人ずつ交代でカードを引き、その質問に答えたり、隣の人に質問したりします。
    このとき、必ず笑顔でお互いの顔を見て話すのがルールです。


    はじめは、ちょっと照れくさいのですが、自然と笑顔が出て楽しめます。


    学年の枠を取り去って、遠慮無しに話せる一時です。今日も楽しみながら、人間関係を作りました。
  • 卒業生の実体験から進路について学ぶ進路講座「ようこそ先輩」を開催しました。
    今回来ていただいたのは、本校の卒業生で、佐久間高校3年生の島田君と三輪さんです。
    島田君は大学進学に向けて、三輪さんは就職に向けて、それぞれに自分が努力したこと、失敗したこと、苦労したこと、中学生に今やっておいてほしいことなどを実際に体験したことを基に話してくれました。




    生徒たちは、先輩からの言葉を真剣に聞きメモを取っていました。


    また、お話の後には、生徒たちから「集中力を維持する方法は?」「日頃から気をつけていた生活は?」など、活発な質問が出ました。


    島田君の言葉の中から、「高校受験の時と比べて、大学受験は10倍くらい勉強が必要である」、三輪さんからは「失敗しても諦めずに夢を追い続けることが大切」という言葉が印象的でした。
    そして、両者から「失敗しても温かく見守って、励ましてくれた家族や先生に感謝している」という言葉で締めくくられました。
    大変心に残る素晴らしいお話でした。
  • 今週木曜日は、学年末テストです。そこで、生徒会:学芸委員会が企画して、自主勉強週間を行っています。
    昼休みと放課後に、図書室や自主勉強室で、学年末テストに向けて猛勉強!

    仕切りのある自主勉強室では、集中して学習に打ち込めます。
    この成果が、学年末テストにはきっと出ることでしょう。