2021年10月

  • 明日は参観会

    2021年10月27日
      明日(10/28)は本校の授業参観会です。子供たちの授業の様子を是非御参観ください。また、教室や廊下等には子供たちの授業での作品も掲示してあります。学習の過程や成果についても御覧ください。
      また、保護者の方々対象に図書を貸し出しています。
      希望の方は教頭までお申し出ください。
    • 5年生が総合的な学習の時間【三ヶ日の環境調査】で、三ヶ日青年の家で活動をしました
      調査学習では図書資料や新聞、インターネットによる検索等とともにフィールド体験もたいへん重要です。
      この授業は三ヶ日青年の家の御協力により成り立っています。ありがとうございます。
    • 4年 手話体験活動

      2021年10月26日
         4年生が総合的な学習の時間に、地域の手話サークルの方を招き、手話体験活動を行いました。
         初めに、講師の方から、聴覚障害をもつ方へ自分の思いを伝える様々な方法についての話を聴いた後、手話の仕方を学びました。
         子供たちは、ペアやグループ内で、手話での「ありがとう」や「ごめんなさい」、「友達」等の表現を伝え合いました。
         最初は、なかなかうまく手話ができなかった子供たちも、何回もやり取りを繰り返す中で、次第に上手に手話で伝えるようになりました。
         内容を理解しようと友達の手話を真剣に見る子や、友達に自分の伝えたいことを、手話で必死に伝えようとする子等の姿が数多く見られました。伝え合う活動を十分に行い、子供たちはとても満足そうでした。
         子供たちは、この活動をとおして、自分の気持ちを伝え合うことの大切さに気付いたようです。
         なお、この活動は、浜松市の「夢育やらまいか事業」の一環として行われています。
      • JAみっかびの女性部の代表の方々が、本校に「SDGsかるた」を御寄贈くださいました
        本日お届けくださった時に5年生の児童と実際にかるたもやってくださり、SDGsについて考える機会もいただきました。ありがとうございます。
        来月、5年生は浜松市主催の「SDGs講座」も受講していく予定です。
      • ある日の夕方、勤務時間も過ぎていますが・・・
        職員室で自然発生的に勉強会が繰り広げられていましたsad
        それは、ICTの勉強会でした。
        単にリモートで授業をするためにタブレットを活用するだけではなく、子供たちの協働的な学びを生むためにいかに活用するかについて勉強していました。さらに、有意義な学びの蓄積、その履歴を振り返るためにもタブレットを利用していく方法についても確認し合っていました。
        「この方法、良いですよ!」
        「なるほど、こんなことまでできるんですね!」
        「私は授業でこういうことをやってみたんですが、子供たち同士で互いの考えをより明確に確認し合えていました!」
        教職員も勉強!勉強!勉強です!
      • 生活科「町探険」

        2021年10月23日
          10月19日の2年生生活科「町探険」の授業では学校近くのお店に出かけて、インタビューなどの調査学習をしました。
        • 一昨日、1年1組国語科の授業を全職員で参観して、授業改善のための研修を行いました。
          単元「しらせたいな、みせたいな」の目標は以下の4点です。
          1 助詞「は」「へ」「を」の使い方、句読点の打ち方を理解して、文や文章の中で使うことができる。(知識・技能)
          2 経験したことなどから書く話題を見つけ、必要な事項を集めたり確かめたりすることができる。(思考・判断・表現)
          3 文章を読み返す習慣をつけるとともに間違いを正したり、語と語、文と文との続き方を確かめたりすることができる。(思考・判断・表現)
          4 実際に事物を見ていない人にも分かりやすく伝えるにはどうしたら良いかを考えながら、各観点や順序を工夫することができる。(主体的に学習に取り組む態度)
          また、上記の内、この日の授業の目標は「見つけたものをどのように文にするのかを理解し、一文ずつ書くことができる。」(知識)です。評価もこの目標に照らして行いました。こうした毎時間毎時間の評価の積み重ねが先日お渡しした通信簿です。
          子供たちはこうして学習集団の仲間と学び合って力を付けていきます。
        • 運動会も終わり、10月も早、下旬となりました。
          本校はまさに【動】から【静】に移り変わり、一層落ち着き、一層集中して授業に取り組む期間に入りました。
          昨日は、全職員がより良い授業を研究するために2年2組の算数科の授業を参観しました。
          この「かけ算」の単元では以下を目標にしています。
          1 乗法の意味や式について理解し、1位数と1位数との乗法の計算をすることができる。(知識・技能)
          2 数量の関係に着目し、計算の意味や計算の仕方を考えたり計算に関して成り立つ性質を見出したりしているとともに、その性質を活用して計算を工夫したり計算の確かめをしたりしている。(思考・判断・表現)
          3 乗法の計算に進んで関わり、数学的に表現処理したことを振り返り、数理的な処理の良さに気付き、生活や学習に活用しようとしている。(主体的に学習に取り組む態度)
          そのうち、昨日の授業は「乗法が用いられる場面を理解し、九九を使って工夫して答えを正しく求めることができる」(思考・判断・表現)という目標で行いました。評価もこの目標に照らして行っています。
        • 避難訓練

          2021年10月20日
            昨日の昼休みに、子供たちに予告をしないで「避難訓練」を行いました。
            教室、運動場、廊下、学校図書館等それぞれの居場所で地震に対応する訓練放送を聞き、安全確保の姿勢を取り、揺れがおさまった想定により避難場所に各自で駆けつける、という一連の訓練でした。
            また、6年生は救助袋を体験しました。
            校長先生からは以下のような時に地震が起きたらどう対応するかを想定するよう、話がありました。
            ・登校している途中
            ・一人で下校している途中
            ・家族で家に居る時
            ・一人で家に居る時
          • 本日(10/19)付中日新聞朝刊に、本校4年生の井口瑛斗さんのポスター作品が掲載されました
            見出しは【井口さん、木村さん金賞】【都市緑化月間ポスター作品】です。
            記事によると、今回は小学生の部に2,108点の応募があり、井口瑛斗さんは最高の賞である金賞(1点)に選ばれたとのことです
            また、3年生の井口継太さんも銅賞を受賞しました
            とても嬉しいお知らせです