2021年8月

  • こんにちは。

    今日の夏休みメッセージリレーは、「理科の先生」金子です。

    今日は、みんな大好き(?)紙飛行機を折ってみましたsmiley

    下の写真の①~③の3つです。

    反対側はこんな感じです。

    どの折り方が一番遠くまで飛ぶかな

    予想をしてみましょう。


    さあ、飛ばしてみます。

    実験の結果、1番遠くまで飛んだのは、②でした。

    この実験を行う上で大切なのは、「折り紙の折り方以外の条件を変えないこと」です。

    全部同じ紙質、同じ紙の大きさ、同じ場所で同じ飛ばし方(たぶん)で飛ばしました。
     

    どの折り方が1番遠くまで飛ぶのかを知りたかったので、
    折り方以外の条件は変えずに実験をしたというわけです。
    このように、「条件を制御して考える」という実験の仕方は、5年生で大切な「理科の見方考え方」です。

    インゲンマメの実験も、「水」「空気」「適切な温度」・・・調べる条件以外変えずに実験しましたね。

     

    さてではどうして②の紙飛行機が一番よく飛んだのかな?

    理由が分かった人は、金子先生に報告しに来てね

    もっとよく飛ぶ紙飛行機の折り方を知っているという人もぜひ教えてね。待っています。

  • 浜松市では「『キャリア教育』を核とした『人づくり』」を教育行政の柱に据えています。
    本校でも、キャリア教育で子供たちに付けたい力を「人とつながる力」「主体的に行動する力」「できるまで努力する力」「将来を見通す力」として教育活動を進めているところです。
      
    文部科学省「キャリア教育の手引き」には【低学年】【中学年】【高学年】に分けて、それぞれのキャリア発達の特徴が書かれています。
    今日のブログでは【低学年】、8月28日は【中学年】、29日【高学年】と順次UPしていきます。
    【低学年】
    ・ あいさつや返事をする。
    ・ 友達と仲良く遊び,助け合う。
    ・ 身近で働く人々の様子が分かり,興味・関心をもつ。
    ・ 係や当番の活動に取り組み,それらの大切さが分かる。
    ・ 家の手伝いや割り当てられた仕事・役割の必要性が分かる。
    ・ 作業の準備や片付けをする。
    ・ 決められた時間や,生活のきまりを守ろうとする。
    ・ 自分の好きなもの,大切なものをもつ。
    ・ 自分のことは自分で行おうとする。
  • 浜松市では【教育の情報化】を教育施策の柱の一つに掲げています。
    本校でも一人一台のタブレット端末を学校での学習活動に役立て始めています。
    以下は、浜松市教育委員会から保護者の方々へのメッセージです。
       
    保護者の皆さまへ
    浜松市では、情報化やグローバル化など急激な社会的変化の中でも、子供たちが未来の創り手となるために必要な資質・能力を確実に育む学校教育の実現を目指しています。その方法として、ICTを活用した学習活動の充実を図ります。また、多様な子供たちのニーズに応じた支援の充実を図り、教育の質の向上と子供たちの情報活用能力を育成してまいります。
    浜松市では、児童生徒全員に一人一台のタブレットPCを令和4年度末までに配備し、学校での学習活動にICTを活用します。また、学校内に限らず、感染症や災害時などの緊急時においても、ICT機器を活用し、子供たちの学びを保障できる体制を構築していきます。
    保護者の皆様には、タブレットPCをはじめとするICT機器の導入の目的や趣旨をご理解いただくとともに、運用上のモラルやルールにつきましても子供たちに御啓発いただきますようお願い申し上げます。
  • 今日の夏休み先生メッセージリレーは、夏目先生です。
    みなさん、夏休みを楽しんでいますか?

    8月5日のクイズの答えを発表します。みんなの答えは合っているかな。

    第1問
    時計ですsad
    とてもきれいな飾りがついていますね。時刻になると音楽が鳴り、文字盤が開いて素敵な仕掛けが出てきます。

    第2問
    ルービックキューブですsmiley
    私は、1つの面なら色をそろえることができますが、それ以上になると難しいです。皆さんは、何面まで色をそろえられますか。

    第3問
    見守り隊のステッカーですwink
    このステッカーは、登下校中の子供たちを見守る目的で作成されました。みかんが2つ見えますか。これを貼った車が地区を走っています。このステッカーを見かけたあなたには、幸運が訪れるかもしれませんよ

    さあ、やり残したことがないように、最後まで夏休みを楽しんでくださいね。
  • 今日の夏休み先生メッセージリレーは祥先生です。

     

    先生は、8月24日(火)を楽しみにしています。

    それは、パラリンピックの開会式があるからです

     

    みなさんは、パラリンピックの種目をどのくらい知っていますか?「よく知らない…。」という人が多いのではありませんか?

    実を言うと、先生もあまり詳しくはありませんangelだからこそ、今回のパラリンピックを楽しみにしています。

     

    以前、先生は「車いすラグビー」日本代表の池崎選手の講演会に行ってきました。池崎選手のスポーツへの思いや、パラリンピックへの意気込み等々、熱い魂を感じてきました。きっとパラリンピックに出場している選手一人一人も池崎選手と同じように、熱い魂をもっていることでしょう。

    ん~、応援せずにはいられないno

     

    パラリンピックとは、障がいのあるアスリートが参加する世界最高峰の国際競技大会です。選手によって障がいの程度は様々ですが、そんな選手たちが同じ種目で競い合います。

     

    では、どうやって競い合い、勝敗を決していくのでしょう

     

     

    「パラリンピックの価値」の一つに「公平」があります。その説明として「多様性を認め、創意工夫をすれば、誰もが同じスタートラインに立てる(以下省略)」とあります。(日本パラリンピック委員会 特設サイトより)

     

    使用する道具やコートの構造の工夫、障がいの程度によるチーム編成や得点の仕方の工夫等、それぞれの種目に特有の創意工夫があります。選手の応援をしながら、この「創意工夫」にも着目してみたいと思います。

     

    みなさんも先生と一緒に、TVの前でパラリンピックを応援しませんか?

  • 今日の夏休み先生メッセージリレーは田口先生です。
    今年も三ヶ日東小学校では、七夕の日にささのはに短冊を飾りました。
    そこには子供たちの純粋な気持ちが表れていていました。
    7月7日は雨で星が見えませんでしたが、8月はペルセウス流星群が見られると言われていましたが、雨が続いています。
    昨日は、雷や大雨で自然の怖さを感じました。
    8月は旧暦での七夕ですね。子供たちの願いが叶うといいなと思います。
  • 最近、雨の日が続いています。

    本校の運動場は、とても水はけがよいため、今朝雨が降ったにも関わらず、昼過ぎには運動場に水たまりがありませんでした。
    しかし、その後、天気が急変。
    ザザーッ、と雨が降り始めました。
    その雨も午後3時頃には止み。運動場の様子を見ると、運動場の端に小さな川ができ、水が流れています。
    改めて、本校の運動場の水はけのよさを感じました。

    ふと、運動場を見ると、水たまりに校舎がきれいに写っていました。ちょっと得した気分になりました。
  • 日頃より本校のホームページ並びにブログを御覧いただきましてありがとうございます。
    浜松市では教育行政の柱の一つに「教育の情報化」を掲げており、その基本方針の一つに「家庭・地域との連携」を挙げています。
    これにより「すべての小中学校で学校ホームページを開設し、教育目標や子供の学習活動の様子など、最新情報を保護者や地域に向けて発信」する取組をしているところです。
    本校でも「子供たちが一生懸命に取り組む姿」「子供たちが安心・安全に過ごしている姿」等、【子供ととことんかかわる】という経営目標に基づき発信してきており、今年度4月以来、更なるホームページの改善に挑戦しています。

    トップ画面は、子供たちの写真が次々に流れるようにしました
    「学校便り」は、当該年度のものを一覧で見られるようにしました
    学校運営協議会やコミュニティ・スクールに関する情報もより一層見やすく配置しました
  • 6年生は1学期に「税金」について学びました。こうやって6年生は授業でも家庭でも地域でも「大人になる」準備を着々としているのだと感じます。大人がそういう意識で子供を育てていくことが大事であると思います。
    6年生で「税金」について学びますが、高等学校の新学習指導要領には、以下のように「株式、債券、投資信託等」が盛り込まれるようです。「お金」や「経済」にかかわる学習も段階を踏んで、様々な教科でつながっていきます。今の学習は次につながっていきます。
        
    「家計管理については, 収支バランスの重要性とともに、リスク管理も踏まえた家計管理の基本について理解できるようにする。その際、生涯を見通した経済計画を立てるには、教育資金、住宅取得、老後の備えの他にも、事故や病気、失業などリスクへの対応が必要であることを取り上げ、預貯金、民間保険、株式、債券、投資信託等の基本的な金融商品の特徴(メリット、デメリット)、資産形成の視点にも触れるようにする。」
  • 「主体的に学ぶ子」

    2021年8月14日
      子供たちに学びの意欲が湧くと学びはより主体的になり、発展的に進んだり深まったりしていくと言われています。
      例えば、4年生は「都道府県」の学習をしますが、こんなアイデアで一層興味が湧いたという例があります。
      親せきが住む場所の都道府県を知る
      好きな芸能人、スポーツ選手等の出身地を調べる
      これまでに行ったことのある思い出の場所を地図で見る
      今日食べた魚や肉、野菜が獲れた場所を地図で見る
      全国の天気予報で各都道府県の天気を見る
      テレビ番組「○○○○ショー」で各都道府県の情報を知る
      色紙などで都道府県を形に切る
      都道府県「塗り絵」をやる
      などなど