2017年2月

  •  4年生の出し物は、ゲームでした。「新聞折りたたみゲーム」を行いました。


     縦割り班の6年生と下級生がジャンケンをして、6年生が負けると新聞を折りたたんでいきました。最後になんとか全員が新聞紙の上に乗れるようにがんばっていました。


     5年生は、6年生の思い出のアルバムを作りました。


     スライドに合わせて6年生一人一人に感謝の言葉を5年生から贈りました。


     全校合唱では、縦割り班ごとに6年生を囲んで「笑顔」を歌いました。感動して泣きながら歌っている子もいました。


     縦割り班のみんなで作った色紙をプレゼントしました。


     6年生は、お礼に各学年に感謝の言葉を伝えながら、「街は光の中に」を歌いました。

     5年生を中心に進行して、心温まる会となりました。6年生から在校生へバトンが引き継がれました。
  •  2月27日(月)、6年生を送る会を行いました。


     1年生に手を引かれ6年生が入場しました。


     マスコットのラッキーも登場して始まりました。


     各学年の出し物をしました。1年生は、6年生と球拾い対決をしました。


     結果は、1年生の勝利でした。こんなに成長したよと6年生に伝えました。


     2年生は、6年生に関わるクイズをしました。「北川先生は、今年何回感動の涙をながしたでしょうか?」 正解は・・・


     3年生は、似顔絵描きを行いました。縦割り班のみんなで6年生の顔を協力して描きました。


     思わず笑顔になる出し物でした。
  •  2月22日(水)、企画委員会がボーリング大会を開催しました。


     体育館の入口で受付です。3~6人のチームを作ってエントリーします。


     狙いをさだめて…


     それ!


     結果は…?!


     委員会のメンバーはピンを立てたり、ボールを拾ったりとがんばっていました。
     多くの子が参加しました。楽しいイベントでした。
  •  2月24日(金)、朝活動で、月曜日に行う予定の「6年生を送る会」の練習をしました。


     6年生を迎える場所の確認をしました。3年生はアーチを持って迎え、1年生は6年生と手をつないで入場します。


     退場の位置も確認しました。


     5年生が中心となって位置や並び方の確認をしました。


     6年生にプレゼントする歌の練習もしました。

     2月27日(月)には、6年生への感謝の気持ちを伝えられるようにしたいです。
  • こども音楽教室

    2017年2月23日
       2月23日(木)、5年生がアクトシティ浜松で開かれるこども音楽教室「となりのオーケストラ」に参加しました。


       浜松市内の小学校5年生が浜松フィルハーモニーの演奏を聴きます。


       バスに乗って出発しました。


       開演時間まで、読書をして待ちました。


       初めて聴く生のオーケストラの迫力ある演奏に驚いているようでした。リコーダーで一緒に演奏もしました。


       終わった後は、みんなでお弁当を食べました。


       学校に戻って教室に入ると、6年生からの「おかえりなさいメッセージ」が黒板に書かれていました。

       楽しい一日でした。
    •  2月22日(水)、かがやき集会を行いました。
       あいさつ、やさしい言葉づかい、きれいな学校の3つのかがやき活動について、各学級で振り返ったことを発表しました。


       企画委員会が中心となって集会をすすめました。


       「1年生の反省は二重丸です。」


       「4年生には、みんなの手本となるあいさつのできる人がいます。」


       各学級の反省をまとめて記録しました。


       集会の最後には、会を通して気づいたことや感想を発表しました。
    •  2月21日(火)、朝活動の時間で1~5年が体育館に集まって6年生を送る会の準備をしました。


       大きな短冊に6年生へのメッセージを書きました。


       5年生が中心となって書き方を教えていました。


       下級生は思いを込めて書きました。


       みんなが書いたメッセージを階段に貼る作業をしています。


       階段が6年生へのメッセージでいっぱいになりました。
       
       6年生が喜んでくれるといいな。
    • ニ分の一成人式

      2017年2月20日
         2月17日(金)、4年生がニ分の一成人式を行いました。10歳になる節目の年に、今までの自分を振り返り、親や周りの人たちへの感謝の心を養うとともに、将来へ向けた夢や希望をもつ式です。


         最初に、ニ分の一成人認定証を校長先生からいただきました。


         一人ひとり誓いの言葉をみんなの前で発表しました。真剣な表情で聞いています。


         家族への感謝の気持ちを込めて、メッセージと合唱「10才のありがとう」を披露しました。


         おうちの方に手紙と図工の授業で作ったハッピーカードを渡しました。


         おうちの方から手紙をもらいました。大切そうに読んでいました。涙を見せる子もいました。


         最後はみんなで記念撮影。さらに成長していってください。

         この活動は、人づくり推進事業の支援を得て行っています。
      •  2月18日(土)、今年度最後のPTA資源回収と奉仕作業が行われました。


         朝早くから各地区で家々を回り集めてくれました。


         たくさんの新聞紙や段ボールなどを回収することができました。

         資源回収終了後、佐久米・新田・大谷地区・PTA環境美化部の保護者と子どもたちが学校で奉仕作業をしてくれました。


         のぼり棒のペンキを塗ってくれました。


         運動場の排水溝をきれいに掃除してくれました。


         子どもたちも一生懸命働いてくれました。

         卒業や学年のまとめに向けてきれいな学校になりました。ありがとうございました。
      •  2月17日(金)、今年度最後の参観会が行われました。


         1年生では、1年生になってできるようになったことを1人ずつ発表しました。


         2年生では、友達の発表に対してたくさんの子が感想や意見を言っていました。


         3年生では、国語で音訓カルタを作りました。最後に保護者の方たちと一緒に完成したカルタで遊びました。


         5年生では、総合的な学習で学んできたことをパワーポイントを使って発表しました。保護者の方にも感想カードを記入してもらいました。


         6年生では、思い出の1枚の写真についてスピーチをしました。子どもたちは、その中で家族への感謝の気持ちを伝えていました。


         3組は、べっこう飴を作りました。おいしくできました。


         全体会では、学校評価の結果や学校の様子を発表するとともに、来年度に向けた方針や計画を伝えました。

         その後の学年懇談会にもたくさんの保護者の方に御参加いただきありがとうございました。