ありがとう、ヒマラヤスギ

2022年4月27日
    正門の近くにそびえ立つ、ヒマラヤスギ。
    歴代の笠井の子供たちを
    ずっと見守ってきてくれた大切な木です。

    しかし、近年は寿命により元気がなくなり、
    傾きも大きくなりました。
    天寿を全うしたスギの木とのお別れです。

    今日は、6年生の代表の子供たちとともに
    さようならの会を開き、心を込めて
    「ありがとう」の気持ちを伝えました。
    また、地域自治会やPTA代表の皆様とともに
    これまでの感謝を伝え、また次の生命となって
    芽吹いてくれることを願いました。
    子供たちの安全を第一に考えて
    連休に入ったタイミングで伐採をしますが、
    来年度に控えた150周年に向けて
    ここから新たな物語を紡いでまいります。