2021年6月

  • 梅雨の屋外学習

    2021年6月30日
      梅雨の時季らしい、不安定なお天気が続いています。

      今日も朝から、今にも泣きだしそうな黒い雲が垂れ込めています。
      「先生、今日はプールできる?」と、子供たちも心配そう。
      下校時刻まで、なんとかお天気が持ちますように。
      そんな雨雲の合間をうまく縫って、
      子供たちの屋外での学習は順調に進んでいます。

      4年生の理科では、水鉄砲を使って実験をしました。
      閉じ込めた空気は力を加えると体積が小さくなりますが、
      水は押し縮めても体積が変わらないことを、今日の実験で突き止めました。

      そして、その特性を利用しての、待望の「水鉄砲タイム」。
      そうか、水が勢いよく飛ぶのはそういう理由だったのか!
      今度は、あちらから1年生がやってきました。
      生活科の「夏だ、あそぼう!」の学習で、
      夏の草花や虫などを見つけにいくのだそうです。

      校庭の草むらでバッタやチョウに出会ったり、
      池の中のアメンボを見つけたり。
      身近にある「夏」を感じて、大興奮の1年生です。
      1年生が大切に育てているアサガオも、こんなに大きくなりました。
      青や紫のきれいなお花が咲き始めています。

      毎日お水をあげて、みんながていねいにお世話してきたからだね。
      今年の夏、いくつお花を咲かせるか楽しみだね。
    • のびゆく6年生

      2021年6月29日
        笠井小が誇る、我らがリーダー6年生。
        心優しくしっかりしているので、下級生からも信頼される存在です。

        4月から、「One Team 6年!」の学年目標を掲げ、
        最上級生としてさまざまな活躍をしてくれています。
        さて、その6年生。
        日々の学習でも、たくさんの輝きを見せてくれています。

        例えば、算数の授業。
        今日は「分数の割り算」です。
        分数同士の場合、どうやって計算すればよいのか。
        とてもムズカシイのですが、子供たちは既習の学習を応用して、
        さまざまな考え方を引き出していきます。

        一生懸命に考える姿。
        友達の考えと擦り合わせて思考を広げていく姿。
        なんと美しい姿でしょう。
        廊下には 「6年生ギャラリー」。

        「わたしの大切な風景」と題して、
        笠井小のお気に入りの場所を、お気に入りの角度から描いた
        自分らしい一枚が飾られています。

        遠近法を使って、奥行きのある伸びやかな作品たち。
        さすが6年生です。
        それから、毎日各教科で大活躍中の「ひとり一台タブレット」。

        英語科でオリジナルのクイズを作ったり、
        図画工作科で作品を写真に撮って紹介したり、
        国語科やいちょう学習では調べ学習に使ったり。
        みんな、ものすごいスピードで使いこなせるようになっています。

        ノートや鉛筆と並行しつつ、
        だんだんと活用の幅を広げている6年生です。
        そして今日は、各クラスで「薬学講座」を実施しました。

        薬の適切な使い方やたばこ・アルコールの害などについて、
        保健室の先生から専門的なお話もしていただきました。

        自分の大切な体を守るために知っておきたいことについて、
        正しく理解することができました。
      • 笠井たんけん隊

        2021年6月28日
          2年生の生活科では、梅雨の晴れ間をねらって
          これまで何回かに分けて学区探検に出掛けました。

          その名も「かさい たんけんたい」。
          笠井地区は、お店あり・住宅街あり・寺院あり・田んぼありの素晴らしい学区です。
          豊かな学習資源に恵まれて、子供たちの発見もたくさんありそうです。
          そして、今日の国語の授業は 「こんなもの みつけたよ」。
          学区探検で見つけたさまざまなことを
          メモを見ながら思い出し、文章にしていく学習です。

          「笠井中の横には大きな鳥居があってびっくりしたよ。」
          「リブロスの近くではいいにおいがして、お腹がペコペコになったよ。」
          「途中で雨が降ったけど、協働センターで雨宿りをさせてもらったよ。」

          子供たちの小さな発見が、生き生きとした文章になっていきます。
          世界がどんどん広がっていく楽しさが伝わってきて、
          こちらまでわくわくする月曜日の教室です。
        • ピア・サポート

          2021年6月25日
            笠井小では、「互いのよさを認め合う心の育成」のひとつとして
            ピア・サポート活動に取り組んでいます。

            ピア・サポートとは、
            仲間同士でお互いを支え合い、問題を解決していく活動のこと。
            本校では、4年生から段階的に
            学校生活の具体的な場面とリンクさせながら学んでいきます。

            今日は、4年生にとってはじめてのピア・サポート。
            浜松市教育総合支援センターから講師をお招きして、
            「アンガーマネジメント(怒りのコントロール)」について教えていただきました。
            不安やストレスから、怒りが爆発するまでの段階を知り、
            自分の気持ちをコントロールしたり、
            友達同士で変化に気づいて止められるようになったりすることの
            大切さについて学ぶことができました。

            『ひとりではできないことも、友達の支えがあればできるようになる』。
            ピア・サポートを通して、支え合える仲間に成長していきましょう。
          • 参観会

            2021年6月24日
              梅雨の晴れ間が続いています。

              今日もよい天気。
              絶好の参観会日和になりました。
              今日は、今年度2回目の参観会です。

              この日に合わせて、
              先日実施できなかった第1回資源回収の代わりに、
              PTA役員さんがアルミ缶回収をしてくださいました。

              たくさんの保護者の皆様にご協力いただき、こんなに集まりました。
              ありがたいことです。
              今回の参観会も、コロナ対策として
              時間差をつけた分散形式での参観をお願いしました。
              また、受付では体調確認や検温にもご協力いただきました。

              保護者の皆さま、
              いつもありがとうございます。
              さて、参観授業が始まりました。

              たくさんのおうちの方に見守られて、一生懸命に学習に取り組む子供たちの姿。
              いつも以上に張り切っている様子が、何だかとてもほほえましいです。
            • ぐんぐん伸びて

              2021年6月23日
                今年の4月、3年生の教室にそっと芽生えた
                「ともだちのすてきなところ見つけの木」。

                2か月が経って、枝葉がぐんぐん伸びています。
                教室の天井まで、友達のよいところでいっぱいです。

                お互いのよいところを認め合える3年生。
                みんな、とてもすてきです。
                さて、3年生の「いちょう学習」(総合的な学習の時間)。

                これまで笠井小のキャラクター「だるまおとしん」の謎を解いてきましたが、
                いよいよ最終章、まとめの段階に入ってきました。
                自分たちが調べてわかったことを、
                他の学年の子供たちにも発信してくれるそうです。
                「学びのおすそ分け」、すてきなアイディアですね。

                発表原稿をつくったり、新聞にまとめたり。
                「いちょう学習」での学びも、ぐんぐん伸びています。
              • タブレット学習

                2021年6月22日
                  4年生の教室の前のプランター。

                  理科で観察中のツルレイシとヘチマが順調に成長しています。
                  ツルがぐんぐん伸びて、葉っぱも大きくなりました。
                  教室では、ICT支援員さんと一緒に、
                  タブレットに慣れるための活動中です。

                  新しく用意された「ひとり一台タブレット」。
                  これを活用して、子供たちの学びをどのように深めていくか。
                  子供たちの輝く瞳に、こちらもわくわくします。
                  教室前には、かわいい画伯たちの新作が登場しました。

                  テーマは「絵の具で ゆめもよう」。
                  ローラーや歯ブラシなどを使って、
                  思い思いの夢のある作品が仕上がりました。
                • オンライン交流会

                  2021年6月21日
                    にじ・ふじ組の子供たちが、
                    笠井中学校の先輩方とオンラインで交流会をしました。

                    先輩方から中学校生活の様子を聞いたり、
                    お互いの給食の人気ランキングを伝え合ったりして、
                    充実した楽しい交流会になりました。
                    交流会終了後は、高学年の子供たちが
                    心に残ったことを中心に感想を書きました。

                    やがて自分たちにも訪れる中学校生活に、
                    目標や憧れの気持ちが芽生えたようです。

                    笠井中の先輩方、
                    すてきな交流会をありがとうございました。
                  • 合同な図形

                    2021年6月18日
                      うす曇りの金曜日の午後。
                      5年生の教室では、算数科の図形の学習の真っ最中です。

                      その名も「合同な図形を極めよう」。
                      定規や分度器、コンパスを駆使して、合同な三角形を次々に描いていきます。

                      その表情の、なんと真剣なこと。
                      あれこれと試しながら課題に取り組む姿が、本当にすてきな5年生です。
                    • Let's お買いもの!

                      2021年6月17日
                        今日は、ふじ組のみんなで、
                        地域のお店・リブロス笠井へお買いものの学習に出掛けます。

                        学校生活に必要な文房具などの中で
                        どんなものが必要か、いくらくらいで買えるのか、など
                        これまで自分で計画を立てて、準備をしてきました。
                        今日はいよいよ実際のお店に出掛けて実践します。

                        交通ルールを守って、みんなで仲良く歩きます。
                        そして、お店についたら、まずはしっかりと消毒をします。
                        こうしたひとつひとつが、大切な社会勉強ですね。
                        そして、いよいよお店の中へ。
                        たくさんの商品の中から、
                        自分で立てた計画にぴったりの品ものを選んで、レジでお金を払います。

                        「いくら出せば足りるかな?」
                        「買ったものは、持ってきたエコバッグに入れるよ!」
                        ここでも算数や社会の学習が役立っています。

                        短い時間での校外学習でしたが、子供たちにとっては大冒険。
                        学校で学んだことが実際の生活に生かせることが分かり、
                        できたことへの自信にもつながる、
                        とても意味のある体験的な学習になりました。