2019年2月

  • 季節を感じる

    2019年2月13日
      節分が過ぎ、日に日に春に近づいてきます。
      まだまだ寒い日が続きますが、全国各地で
      春を先取りした話題がニュース等でお知らせ
      されるようになりました。
      武田先生が玄関の飾り付けを新たにしてください
      ました。日本ならでは四季を感じる心のゆとりを
      持っていたいものですね。

    • あいさつ運動

      2019年2月13日
        連休明けの12日(火)から、PTA活動の一環として、
        「あいさつ運動」が始まりました。
        12日(火)は1年生、13日(水)は2年生、14日(木)は3年生の
        保護者の皆様が朝早くから学校の昇降口で登校する生徒の
        皆さんに挨拶を呼びかけてくださいます。
        どの社会でも、あいさつ、返事といった基本的なことは
        大事にされています。
        中学生と幼い子どもとの違いは、時と場に応じたマナーが
        行動として示せることです。そして、その行動が相手に
        伝わることに意味があります。
        この機会に自分の姿を振り返ってみたいものです。

      • 学年集会(3年)

        2019年2月7日
          本日(7日)、3年生は学年集会を行いました。
          校長先生、教頭先生、杉浦先生、幸太郎先生も同席しました。
          それだけ大事な集会だったということになります。
          渡邉先生、大津先生、幸太郎先生からこれからの日々の在り方について
          お話がありました。
          私立入試のみで結果を待つ人、公立入試を控えてこれから頑張らなければ
          ならない人、一人一人の心持ちがそれぞれで、個人、集団が不安定に
          なりがちです。望ましい方向に自らを鼓舞していきたいものです。
          決して易きに流れてはいけません。


          【大津先生からのお話】
        • 本日(7日)、スキー教室から返ってきた1年生が、
          3校時に帰校式を行いました。
          天候が大きく崩れることなく、計画したとおりの日程で
          体験を進めることができたのは何よりでした。
          また、宿泊先での忘れ物ゼロ、一生懸命に取り組む姿勢など、
          体験先で高く評価されていました。
          とても誇らしいことだと思います。
          個人として、集団として、できたこととこれからの課題を
          明らかにし、今後の生活に生かしてほしいと願います。


          【帰校式での校長先生のお話】
        • 先程、スキー実習が終わり、修了式が行われました。
          代表生徒が修了証を受領しました。
          これから下山です。

            

           
        • 6日(水)、スキー教室2日目です。
          現地は曇、ときどきみぞれまじりの雪が降っているそうです。
          予定どおり体験活動を行えているようです。

            

           

           

           

           

           
        • 先程、宿泊するホテルに到着したとのことです。
          疲れた子も多いと思います。夕食をしっかり食べて
          睡眠をしっかりとって体調を整えてほしいものです。

          雪山にもずいぶん慣れたようです!







        • 午後の活動が始まったようです。
          雪の斜面に少しずつ慣れてきたようです。

        • 午前中の体験を終え、昼食になったようです。
          メニューはカレーです。
          しっかり食べて午後の体験に備えたいですね。


          【昼食会場にて】
        • 実習開始

          2019年2月5日
            スキー実習がいよいよ始まったようです。
            ケガには十分気をつけてください。


            【実習開始】