マナーは思いやりの心から

2011年9月28日
    今日開成中学校では、浜松大学ビジネスデザイン学部教授の長谷川真知子先生によるマナー講座が行われました。第一印象についての話、プラスの心を持とうという話、色々な話がそれぞれの子どもたちに沁みわたっていったようです。

    子どもたちの振り返りを引用してお礼に代えさせていただきたいと思います。

    「長谷川先生、本日はありがとうございました。私は小学校まで、なにかあるとすぐに感情、態度、言葉遣いにでてしまう人だったのですが、中学校と言う新しい生活になってから”笑顔”を心がけるようになりました。そして長谷川先生の講座を受けてより一層”笑顔の大切さ””言葉遣い”を心がけていこうと思いました。本当にありがとうございました。」

    「今までマナーをちゃんと守っているつもりだったけれど、まだ守れていないマナーがあることを実感しました。これから職場体験や受験とかあるので、しっかりマナーを守っていきたいと思います。とてもおもしろかったです。貴重なお話しありがとうございました。」