397年ぶりの超大接近

2020年12月22日
    日没後、理科の先生たちが職員室と理科室を行ったり来たりしています。
    何があったか聞いてみると、今日は木星と土星がなんと397年ぶりに大接近する日だそうです。
    職員室にいた先生方も理科室に行き、みんなで天体観察が始まりました。望遠鏡を使って見てみると・・・なるほどすぐに二つの星が近くに見え、先生方も大興奮です。なぜ近くに見えるのかを理科の先生が詳しく説明をしてくれました。次回は60年後の2080年だそうです。