2021年7月

  • 7月16日(金)発達支援教育研修Ⅲ【愛着障害】を開催しました。
    受講者は160名。所属先の環境により、オンライン型、集合型のハイブリット型研修となりました。
    初めてリモート研修を受ける方がいたため、研修マナーとしてマイクをオフ、カメラをオンなどの注意事項画面も作成して配慮を求めました。
    講師の和歌山大学教授 米澤好史先生には、昨年度に引き続き、和歌山県からオンラインで講義をしていただくことができました。
    愛着障害の理解と愛着障害と発達障害を併せ持つ子供のかかわり方について学びました。
  • 複式学級等指導研修

    2021年7月30日
      7月1日(木)水窪小学校を会場に、令和3年度複式学級等指導研修を開催しました。
      本研修は、市内の複式学級を担当する教員が各校1名ずつ参加し、複式学級での授業や少人数指導について学ぶ貴重な機会となりました。全学級が授業を公開していただき、先生方の指導を直接参観することができました。
      研究協議では、3グループに分かれて意見交換をしました。
      〇 1・2年生活科「なつランドをつくろう」【複式同単元】
      〇 3・4年算数科「わり算」「2けたのわり算」【複式学年別】
      〇 5年理科「台風と防災」【交流】と6年算数科「分数のわり算」【単式少人数】
      最後に、校長先生から「小規模校教育について」の講話をいただきました。
      複式学級や複式授業の取組、カリキュラムの工夫などを紹介していただくとともに、子供たちに最適な学びを届けようとする熱き思いをうかがうことができました。

      研修を受けた参加者からは、「水窪小学校の授業を見て、本校でも取り組んでみようと思いました。」「ICT活用や教師の支援等大変勉強になりました。」「複式学級について話す機会を得られてとても充実した時間でした。」などの声が聞かれました。
      御協力いただいた水窪小学校のみなさん、本当にありがとうございました。
    • 3年目研修

      2021年7月29日
        7月1日(木)に、第1回3年目研修を行いました。
        聖心女子大学 益川弘如先生から、資質・能力を育成するための手立てについて学びました。
        受講者からは、「自分の今までの授業を振り返ることができました」「子供の資質能力を育成するために授業改善に努めたいと思います」との声が聞かれました。
         
      • 7月8日(木)に教育センターにて、今年度の各校の初任者指導にあたっている拠点校特例校指導教員を対象とした研修を開催しました。
        はじめに、指導主事からこれまでの初任者研修の様子を紹介すると共に、今後の予定について説明をしました。
        参加者の中には、久しぶりにお会いされた方も多く、さながら「同窓会」の様相を呈している場面もあり楽しい雰囲気の中で研修を進めることができました。
        後半は、「ICTを活用した授業づくり」をタブレットを使って演習を行いました。
        「え~」とか「あ~あ」「へええ」など、一つの説明が終わるたびに、ため息とも感動ともとれるような正直な感想が聞かれました。
         
        研修会後のアンケートには、肯定的な御意見が見られ有意義な研修会となりました。
        御協力ありがとうございました。
         
      • 新任園長・校長研修

        2021年7月27日
           7月6日(火)新任の幼稚園長や小中学校長を対象にした本研修会を開催しました。第3次浜松市教育総合計画の評価と検証についての講義、校長経験者による講話などを通して、園・学校経営やリーダーとしての心構えについて学びました。
        • 教頭・事務合同研修

          2021年7月26日
            令和3年7月13日(火)教育会館にて「教頭・事務合同研修」が開催されました。300人以上の浜松市立小中学校の教頭と事務職員が集まり、午前・午後に分かれて研修を行いました。講師は、愛媛大学 名誉教授 平松 義樹 氏。講義のテーマは、「チーム学校からチーミング学校への脱皮」でした。これからの学校づくりに大変参考になるお話でした。
          • 第5回初任者研修

            2021年7月25日
              6月17日の第5回初任者研修は、午前を教育会館で、午後を各所属で行いました。
              午前の研修では、教育センター指導主事より「ほめ方叱り方」の講義を行いました。ほめることも叱ることも目的は同じであること、子供の成長を信じて認めることなど初任者にとって心に響く内容でした。後半は、人間関係づくりの研修を行い、構成的グループエンカウンターの演習を行いました。
              午後は、オンデマンドで授業づくりの動画を視聴し、授業構想を考える時間としました。
            •  6月22日(火)に第3回中堅教諭等資質向上研修が開催されました。

               兵庫教育大学特任教授 浅野良一氏を講師に迎え、「学校の組織マネジメント」というテーマで講義、演習をしていただきました。
               「一芸を磨く、プラトーを脱する、燃えるものから燃やす、三遊間のゴロに飛びつく、いいとこ見つけ」などわかりやすいキーワードを交えて話をしてくださり、アカデミックな内容も分かりやすく理解できるものでした。
               学校のミドルリーダーとしてさらに成長することを期待しています。
            • 7月16日(金)小学校外国語科研修【ALT等外部人材の活用】が実施されました。
              ICTを取り入れた授業の提案をしていただき、早速取り入れていきたいという感想が多く寄せられました。
            • 教育センターのグリーンカーテン
              今年はアサガオがきれいに咲いていますlaugh