2013年2月

  • 福祉フェスタ

    2013年2月28日
      4年生は、今年、総合的な学習の時間で福祉について学んできました。
      1年間のまとめの活動として、3年生に対し「福祉フェスタ」を開きました。








      ユニバーサルデザインや車いす、白杖、アイマスクなどについて、体験やクイズのコーナーを設けて工夫して発表することができました。
    •  3時間目に「6年生を送る会」を行いました。テーマは「6年生 夢へはばたけ 未来への一歩」でした。今日の日のために、1年生から5年生までの子どもたちは、6年生の心に残る会にしようと、考えを出し合い工夫を重ね当日を迎えました。6年生にちなんだクイズやゲームをしたり、歌を披露したりしました。6年生は、椅子に座り終始笑顔でした。最後に、6年生から歌のプレゼントと手作りぞうきんの贈呈がありました。“笑顔あり少しの寂しさあり”の心に残る会となりました。



    • 跳び箱運動

      2013年2月25日
        4年1組の体育に、校長先生がゲストティーチャーとして来てくださいました。
        今回は跳び箱の苦手な子への指導です。

        両足で踏み切ること、手をつく位置などを確かめながら、低い段からスタートして練習をしました。

        校長先生の御指導のおかげで、10人ほどの苦手な子たちが、みるみる上達して、ほとんどの子が跳べるようになりました。




        みんなよくがんばりました。できるようになるとうれしいね。
        校長先生ありがとうございました。
      •  昨日と今日は、今年3回目の校長先生から石をいただける日でした。時刻を守って校長室前に並びました。一番乗りの子は、満面の笑みでした。



         今回は「アメジスト」、石言葉は愛の守護神・調和です。和名は紫水晶、濃淡のある紫色の石です。校長先生は、今回のために一つ一つ石を選んで袋に詰めていました。みんなが喜ぶ顔を想像しながら作業していたかもしれませんね。



         今日PTA活動で来校した保護者の方が、職員室で校長先生のお顔を見るとすぐに「いつも石をありがとうございます。子どもが見せてくれました。」と挨拶していました。子どもたちも保護者の方々も楽しみにしている石のプレゼントでした。
      • 避難訓練

        2013年2月22日
           2月22日(金)に避難訓練を実施しました。今回は今までと違い、子どもたちに事前連絡をぜずに行いました。しかも、教室にいて、担任と共に訓練を行うケースと違い、今回は縦割り清掃中に実施し担任はいません。異学年の子どもたちが集まり、ほうきで掃いたり、ぞうきんで拭いたりと、ひとりひとりがそれぞれの持ち場で活動を行っていました。その最中の訓練でした。突然の訓練放送が流れ、多くの子どもたちが、なんだろうと棒立ちになっている姿が見られました。しかし、放送を聞いたほとんどの子どもたちは落ち着いていました。
            どうしていいのかわからない低学年の子どもたちの中に自分の教室に戻ろうとする姿がありました。教室では、教室の前の方に運んである机を動かして机の下に入ろうとした子どもたちがいました。                                                                                                                          


                                                                                                                                  
           また、階段では、下向きに座る子、上向きに座る子様々でした。そんな中、低学年に「早く外に出て。今のうちだよ。」「みんな集まって座って。」と声を掛けたり、低学年の子たちをかばうようにして守ろうとした上級生がいました。


           
           運動場に集まってから、「事前連絡がなかったから、びっくりしてみんな声が出てしまったね。これが、本当だったら大変なことになります。いつものように黙って行動できるととてもいいですね。今後、どんな場所でも避難の仕方を自分で考えられるようになろう。」と、校長先生からお話をいただきました。                                                             高学年の優しく責任感のある一面をみることができた避難訓練でした。実際の時にも、きっと優しさで助け合える子どもたちだろうと思います。                            
        •  2月13日(水)、前日からの雨は上がりましたが、強い風が吹いた1日でした。
           午後から、盛大に「第27回PTA実践活動発表会並びに交通指導隊に感謝する会」を行いました。PTA実践活動とは、各学年で決めたテーマに沿って子どもたちと保護者が見学に出掛けたり実際に体験をしたりして地域社会とのかかわりを深めていく活動です。それらを、映像や絵・図、歌・演奏など学年に合った方法で分かりやすく発表しました。
           1年生は「チャレンジ1年生!~親子でやってみよう~」、2年生は「なんでもできるよ。やってみよう!」、3年生は「発見!船越の町」、4年生は「考えよう!親子でUD」、5年生は「ふなっこ環境調査隊~私たちが実践したECO~」、6年生「わたしたちの街・浜松」、そして図書ボランティア「ねこのて」の紹介もありました。 

          絵を使って電車の乗り方を説明した2年生です。


          調べたこと・分かったことを歌や劇で発表した5年生です。


          次は、「交通指導隊に感謝する会」でした。環境委員会の子どもたちが企画・運営しました。今回は6名の船越校区交通指導隊の方々が実践活動発表会から参加してくださいました。 環境委員長が代表して感謝の言葉を述べました。それから、一人ひとりが書いたお礼の手紙をプレゼントしたり、歌を披露したりしました。隊長さんから、「交通安全が第一ですが、人のために働くということを知ってもらいたいと思います。」というお話がありました。感動するお話でした。「チーム船越」は、これからも交通ルールを守り交通事故0(ぜろ)を目指すことを約束します。

        • 6年生は、卒業プロジェクトの一つとして1年生から5年生の各クラスへ贈る雑きんを作っています。





          感謝の気持ちを込めて一生懸命に取り組んでいます。

          また、5時間目には学年で6年生を送る会で歌う「旅立ちの日に」の練習を行いました。



          27日の6年生を送る会に向けて、「一致団結」してがんばっています。
        • 4年生は、2月の委員会から見習い期間として体験活動をしています。


          放送委員会


          保健委員会


          運営委員会

          5,6年生に教えてもらいながら、やる気いっぱいで活動しています。
          当番の担当日は、張り切って登校時刻がいつもより早かったり、下校のときにも「楽しかった~」の声が聞こえてきたりします。

          4月からの船越小は、順調にスタートできそうです。
        • 4年生が、2分の1成人式の記念にファイルを作成しました。





          ファイルには
          ・校長先生お祝いの言葉
          ・10歳の記録(プロフィール)
          ・二十歳の自分への手紙
          を綴じ込みました。



          素敵なファイルができあがりました。
        • 2月の朝会

          2013年2月4日
             2月、如月となりました。2月の朝会がありました。
             初めに、子どもの市展などの表彰でした。学年の代表の子どもたちが、校長先生から賞状を受け取りました。大変立派な態度でした。



             朝の挨拶と校歌の指揮は、1年生の子どもの担当でした。1年生は堂々とした態度で、この一年間ですっかり「チーム船越」の一員になったなあと感じました。最後に、校長先生のお話です。校長先生は、研修会で聞いてきた話を引用して「長く生きてくると毎日の時間の長さがどんどん短く感じられるようになってしまいます。いじめをしている暇なんかありません。楽しいことやためになることをたくさんして欲しいと思います。」と話しました。うーん!なるほど。
             その後は、たくさんのことを褒めていただきました。体育の授業・ノンストップマラソンそして持久走記録会での頑張り、1月は残食0(ぜろ)だったこと、ハンカチ・ティッシュを忘れずもってきた子たちが242人だったことです。もう一つ、素晴らしかったこととして“黙って掃除する子が増えたこと”を挙げてくださいました。



             縦割り清掃は、船越小のよい伝統になりつつあります。1年生から6年生まで一緒に黙って掃除をするよさを、これからもっともっと表していきましょう。