2013年1月

  •  1月30日に第2回ふなっこ育成委員会を行いました。校長からは、 子どもたちは昨年度よりよい評価をしている、褒めて育てるという方針が広がってきている、学校はもっともっと開いていかなくてはいけないと考えているなどの話がありました。続けて、教務主任から学校評価の結果と考察について報告をしました。



     参加した学校評議員やPTA役員代表から、学校が落ち着いていることや地域で気持ちのよいあいさつができていることなどを褒めていただきました。自治会長さんたちからも、「船越小は評判がよい。子どもたちを健やかに育てていって欲しい。」というお話をいただきました。また、“いじめ”について学校だけでなく地域でも考えていかなくてはいけないという意見も出ました。学校評価の集計や本日話し合ったことなどをまとめ、後日「ふなっこタイムズ」(学校便り)で報告いたします。



  • 給食週間

    2013年1月30日
       1月22日から25日まで給食週間でした。船越小では、給食の先生方にお礼の手紙を書いたり招待給食を行ったりしました。

       献立も工夫されていて、「まごわやさしい」献立・「風邪に負けない」献立などでは、自分の健康に関心を持つことができました。
       そして、校内放送を使って、給食の先生たちの作業風景をビデオで見ることもできました。毎日、私たちのためにおいしい給食を作ってくださる給食の先生たち・食材を提供してくれる生産者さんたち・・・、食に対する感謝の心をもちました。

    • 寒さが厳しい毎日ですが、2年生は、元気いっぱい。
      1年生を招待して「冬パーティー」を行いました。

      秋には、1年生が「秋フェスタ」に招待してくれたので、
      今度は1年生を楽しませてあげようとどの子もはりきっていました。

      もぐらたたき屋


      魚つり屋




      おみくじ屋


      どのお店も子どもたちのアイディアがあふれていました。
      1年生に優しく遊び方を教える姿にも成長を感じました。




      あと少しで3年生になります。
      寒さに負けず、がんばろう。

    • 招待給食

      2013年1月22日


        給食週間の1月22日(火)。普段、給食の時間は職員室にいる先生方を招待する「招待給食」を行いました。3年1組には高山先生、3年2組には山田先生が、教室に来てくださり一緒に給食を食べました。楽しく会話をしたり、代表の子がインタビューをしたり、みんな大喜びで給食を食べました。
      •  1月20日(日)は、第3回資源物回収でした。晴天に恵まれ、担当学年である1年生や5年生の子どもたち・保護者が学校に集まり精力的に活動をしました。他の学年も、地域で朝早くから活動しました。おかげさまで、運動場が集積袋でいっぱいになりました。



         PTA会長さんからも、皆さんの協力について感謝の言葉がありました。



         これで3回の資源物回収が無事終了しました。収益金は特別教室の網戸や修学旅行の安全対策用携帯電話の使用料に使いました。今後は児童図書購入などを予定しています。地域活動部の部長さん・部員の皆さん、一年間ありがとうございました。
      • 防災教室

        2013年1月16日
           今日は、全校で防災教室を行いました。



          阪神淡路大震災や東日本大震災の地震を例に、地震の仕組みや避難方法を学びました。


           はじめに、阪神大震災のDVDを見て、ものが落ちて、建物が壊れる様子に驚きました。次に、「なぜ地震や津波が起きるのか」ということをプレートの動きや津波の発生の仕方を分かりやすくお話していただきました。最後に、東海地震に備え、頭を守る大切さや避難場所を確認しておくこと等子どもたち一人一人が今できることを教えていただきました。
           

           今日、学んだことを生かして、防災に対する意識を高めていきたいと思います。
        •  冷たい朝でしたが、1月7日(月)は厳粛な雰囲気の中で3学期の始業式が始まりました。3学期がんばりたいことは、3・4・5年生の代表が発表しました。



           校長先生は、年の初めの挨拶の後、「いじめ0(ゼロ)」と「交通事故やけが0(ゼロ)」を達成して欲しいというお話をしました。「いじめは2学期の終業式でお話ししたように、いじめられた人はもちろんいじめた人も周りにいた人もそれぞれの家族も悩み悔やみ苦しみます。いじめは絶対にしてはいけないのです。みんなでいじめを広げないようにしましょう。ストップをかけましょう。そして、船越小をさらに穏やかで落ち着いた学校にするために「いじめ0(ゼロ)」と「交通事故やけが0(ゼロ)」の約束に、「お掃除を黙ってすること」を付け足しましょう。」とお話しされました。みんなは心の中で校長先生と約束をしました。



           また、今日は「船越小二分の一成人の日」、つまり「半分おとなになったことを自覚し、自分のよさに気付き感謝の心と夢をもって進む4年生を励ます日」です。校長先生は、4年生のよいところをたくさん褒め、さらにこの3学期を自分を見つけさらに伸ばしてほしいとしてお話しされました。4年生は、校長先生の紹介で少し恥ずかしそうでしたが、全校に祝福され誇らしげに胸をはりました。心に残る美しい会となりました。