2012年10月

  • 福祉体験講座

    2012年10月29日
      10月25日に、4年生が福祉体験講座を行いました。
      講師は、浜松市の職員の方です。


      今日は「車いす体験」と「アイマスク・白杖体験」の2つを行いました。

      車いす体験では、マットの段差や進みにくさを体感したり、カラーコーンを使ったジグザグ走行をしたりしました。





      アイマスク・白杖体験でも、マットの段差、カラーコーンでの障害物や細い道を2人組で歩きました。




      PTA実践活動で参加された保護者の方々も一緒に活動してくださいました。





      どちらの活動でも、介助する人が、声を掛けることが大切だと学びました。
    • 4年生が点字体験を行いました。


      はじめに、50音表をもとに、点字を打つ練習をしました。
      点字は凹凸があるので、表裏反対に打たなければいけません。

      一つ一つ確かめながら打ちました。


      2時間目には、講師の先生が用意してくださった童謡を点字に直しました。


      一人一人違う歌で1枚ずつ作ったので、最後はこれを綴じて、クラスの童謡集にします。
      完成が楽しみです。
    • 学区探検に行ったよ

      2012年10月26日
         10月26日(金)総合の学習で学区探検に行ってきました。イチヤサイクル,DTレコーディングスタジオ,たたみ工房和,廣厳寺,天神蔵,やま鍼灸整骨院にグループに分かれて行きました。様々な体験をさせていただき楽しい学習ができました。多くの保護者の方にも参加していただきました。ありがとうございました。

        DTレココーディングスタジオ

        イチヤサイクル

        たたみ工房和

        廣厳寺

        天神蔵

        やま鍼灸整骨院
      • 23日、子どもたちが楽しみにしていた移動環境教室がありました
        あいにくの雨で教室での活動になりましたが、
        子どもたちは、秋の自然に親しみ、とても楽しそうでした

        本を読んでもらい、木の実がどんなふうに増えていくのか、教えていただきました


        まつぼっくりの種をとばしてみると、ひらひらと舞いました。


        植物の芽が出て、大きく育ち、種ができる様子を体で表現してみました。



        葉っぱを使うと、こんなにかわいいものもできるんだね


        これからも、たくさん秋を見つけてみてくださいね




      • 10月22日(月)から移動環境教室が始まりました。1日目は、「水の汚れ」と「地球温暖化」について話を聞いたり実験をしたりしました。水の汚れの実験では、生活排水を持ち寄り水質検査をしました。米のとぎ汁や食器をすすいだ水などが意外に汚れがひどく、浄化するためには、多くの水を必要とすることを学びました。温暖化の実験では、空気に二酸化炭素を混ぜると、温度が急激に上昇することを目の当たりにし、温暖化の問題を実感することができました。学習の後には、「小さなことでも続けていって、環境が少しでも良くなるようにしたい。」「節電や節水の大切さが分かった。」など、自分の事として環境問題を考えることができました。




        2日目は、リサイクルはがきを作りました。牛乳パックからパルプを取り出し、紙すきをします。ビニールコーティングをはがしたり、繊維を細かく砕いたりと、手間はかかりますが、立派にはがきとして再生させることができることを体験しました。「まだ使えるものを、今まで捨てていたかもしれないと気が付いた。」「本当に葉書ができてうれしかった。」など、子どもたちの心に、≪もったいない≫の気持ちが育っていました。
      • すっきりと晴れた19日
        2年生は生活科の学習で、
        フルーツパークに出かけました

        学校で校長先生と出発のあいさつをしました。
        アイコンタクトをしっかりすることができました。


        自分で電車の切符を買って、電車に乗る練習です



        駅員さんの仕事も勉強することができました。


        電車でのマナーもだいじょうぶかな。
        みんなで出かけるとわくわくしますね


        赤電に乗った後、天浜線にも乗りました。


        フルーツパークでは、
        「りんご収穫体験」をさせてもらいました




        とても楽しい1日でした


      • 17日(水)の5校時には「ふれあい天文学」を行いました。
        国立天文台の水本好彦教授をお招きして、銀河の様子や月の満ち欠けについての話を聞きました。

        宇宙には数えきれないほどの星があり、さらにはたくさんの銀河に囲まれていることやどうして月の見え方が日によって変わるのかということを写真を見ながら学ぶことができました。




        「月と太陽」の単元で学習した内容をさらに詳しく話していただき、とても興味津津に聞くことができました。



      •  10月17日(水)校外学習に行ってきました。竜洋昆虫館では珍しい昆虫を間近で見せてもらったり、ビオトープで自然と触れ合いながら遊んだりしました。ハウス食品静岡工場では、レトルトカレーを作っているところを実際に見せてもらいました。いろいろな工夫や努力で普段食べているカレーができていることにみんな感心していました。学んできたことを社会科「工場のしごと」の学習に生かしていきたいと思います。
      • 2年生が大好きな体育の時間

        「たかとびあそび」では、高いバーも怖がることなく、
        すいすい飛び越えていました

        さすがたくましい2年生です。

        「マットあそび」では、高学年の学習につながるよう、
        楽しく体を動かしています。

        こんなあそびもできるよ。




        楽しそうな声が響きました

        前転や後転では、しっかり回れるように、手を耳のところにおきます。


        高学年になったら、倒立もできるようになったらいいですね


        運動することが楽しい子どもが増えることを願っています
      • 秋芳堂見学

        2012年10月15日
           10月15日(月)総合の学習で、カステラ饅頭で有名な秋芳堂に見学にいきました。昭和49年からやっている古いお店です。今は、遠鉄デパートの地下でやっていることも分かりました。学校のすぐそばにこんなお店があるとはみんなびっくりでした。お饅頭に子どもたちそれぞれも顔写真と船越小の校章を印刷してもらいました。機械からお饅頭が出てくるのをみんなわくわくしながら見つめていました。帰りにはたくさんのお饅頭をおみやげにいただきました。PTA学年理事のみなさんにも参加していただきました。ありがとうございました。