2012年8月

  •  今日から、2学期です。子どもたちは、夏休みに取り組んだ宿題を持って、早くから登校してきました。友達や先生と久しぶりに会ってとても嬉しそうな顔をしていました。
     8時半から、始業式がありました。式に先駆けて、児童生徒書写作品展や浜松市水泳大会、30分間回泳の表彰がありました。特に、30分間回泳は参加者全員が合格したので、校長先生からお褒めの言葉をいただきました。





     また、一輪車全国大会第二位をとった5年生女子も、全校に紹介されました。素晴らしい成績ですね。みんな感心して拍手をしました。



     始業式が始まりました。全校で歌う校歌は、体育館に美しく響き渡り、「チーム船越!2学期もがんばるよ。」というみんなの気持ちが伝わってきました。
     校長先生のお話は、「自分の命は自分で守る」ということと「いじめ」についてです。「いじめ」については、校長先生から「もし、辛いことがあったら一人で悩んで苦しくなる前に家族や先生方、友達に話して下さい。それから、周りの人はその人のことをもっと大切に思って、これは傷ついているなという感じる心と助ける心をもってほしいと思います。」というお話がありました。
     


    そして、愛知県の中学校では、いじめられている人やいじめている人を見たら注意したり家族や先生に話したりする“ハートコンタクト”という活動があることもお話してくださいました。「船越小は『アイコンタクト』と『ハートコンタクト』で自分の目の前にいるあなたを大切にすることを続けていきましょう。」始業式での校長先生の言葉は、みんなの心にしっかり浸み込んでいきました。
  • 緑のカーテン

    2012年8月24日
       8月も下旬となりましたが、暑い日が続きます。環境委員会の子どもたちが育ててきたゴーヤが、台風の塩害にも負けず大きく生長し、中央廊下に美しい陰を作りました。まさに緑のカーテンですね。





       さて、夏休みも残り少なくなりました。8月31日から2学期です。2学期の準備はできましたか?船越小の子どもたちが、元気で笑顔とともに登校することを職員一同待っています。
    •  今年の浜松市音楽科研究発表会は10月2・3日に行われます。船越小5・6年生は、10月2日(火)午後に出場します。曲名は「翼を抱いて」3部合唱です。本校は、「夢をはぐくむ園・学校づくり推進事業」(夢はぐ)の一環として、長年合唱指導者の徳田陽子先生に御指導を受けています。いつも、子どもたちの高音の伸びを褒めていただいています。



      今年度も10月まで練習を重ね、徳田先生にもこの後2回御指導を受ける予定です。「花と笑顔と歌声」いっぱいの学校を目指し、美しい声を響かせましょう。