2011年12月

  • 2年生が生活科の授業「冬のあそび」に招待してくれました
    どんなあそびがあるのかな
    1年生はとても楽しみにしていました

    目隠しをして、「うさぎの福笑い」
    どんな顔になるかな


    箱の中に手を入れる「はてなボックス」
    何が入っているのかな、どきどき!


    大きな「雪のプール」でおおはしゃぎ


    おもしろい遊びがたくさんあって、たっぷり遊ぶことができました。
    さすが2年生!!
    楽しい遊びに招待してくれてありがとう
    1年生も来年は、こんなりっぱな2年生になれたらいいね。


    2学期の終業式も無事終わりました。
    よい冬休みを過ごし、新学期にまた笑顔で会いましょう
  • 12月20日(火)に、1年生を招待して、冬のあそびを行いました。

    国語科の授業で習った、『しかけカード』で招待状を作り、1年生に渡しました。とても喜んでくれました!


    1年生に喜んでもらえるように、グループに分かれてあそびを考えて、はりきって準備をしてきました。

    当日は、1年生に優しくルールを教えてあげたり、一緒になって遊んだりできました。


    ふくわらい


    雪プール


    もぐらたたき 


    つりゲーム




    楽しんで遊んでくれて、大満足の2年生でした。 
  •  今日は、2学期の終業式でした。校長先生から、たくさんの頑張りをほめていただきました。地域の方々からも挨拶が上手にできるようになったとほめていただいたこと・給食をしっかり食べられたことなどです。けがについては最終目標ゼロに向かって頑張りましょうというお話でした。最後に、とてもうれしいお話がありました。それは、昨年と本年度の二か年の本校の教育活動をまとめて、平成23年度静岡教弘教育研究実践論文(公益教育財団助成事業)に応募した結果、県内の小学校~高校までの学校より146篇の応募の中で、学校部門として上位の優良賞をいただくことができた報告です。



     研究テーマは、学校教育目標にもあります「『よりよい自分をつくる子』の育成」で、気持ちのよい挨拶やだれもいない教室の机・椅子の整頓、ハンカチやティッシュを持ってくること、朝読書の様子、完璧なボールの片付けなど子どもたちが学校生活で頑張っていることを中心にまとめたものです。表彰式は12月16日に静岡で行われました。




     その記念にと、校長先生から子どもたち全員に受賞記念として“ペリドット”をいただきました。美しい黄緑色をした宝石です。



    石言葉は「希望、勇気」です。校長先生から「前向きに生きることが大切ですよ」というメッセージが込められています。太陽に美しく照らされた“ペリドット”のように、来年も明るく良い年にしましょう!
  •  総合の時間に、遠州焼き作りに挑戦しました。

     PTA実践活動として、多くの保護者の皆さんにも参加していただきました。

     お母さんたちに見守られながら、一生懸命に生地を焼く子どもたち。

     たくあん入りの、あつあつのおいしい遠州焼きをおいしくいただきました。

     初めて食べたという子もたくさんいました。
     
     2学期の終わり、また一つ楽しい思い出ができました。 

     

  • ランチルーム給食

    2011年12月12日


      4年1組は12月12日(月)ランチルーム給食を行いました。給食の先生方が家庭科室に準備をしてくださいました。今日は、特別に陶器の食器、ご飯は特別に給食室で炊いた「おひつ」に入ったご飯。おかずも給食の先生によそってもらいました。とってもおいしい給食になりました。4年2組は12月19日(月)に実施します。
    • 音楽鑑賞会 

      2011年12月9日
         今日は、待ちに待った「音楽鑑賞会」がありました。というのも、最初の計画では9月21日に行われることになっていたのですが、台風15号により学校は休校!音楽鑑賞会も今日まで延期になっていたのです。演奏者たちは、東京から招いたPPP(パーカッション パフォーマンス プレイヤーズ)です。いつも見慣れているシンバルや鉄琴などが、PPPの手に掛かると、魔法にかかったようでした。今まで見たことのない演奏方法、聴いたことのない音色で演奏が繰り広げられました。みんな驚いたり感動したり・・・。





         そして、子どもたちの代表が出て一緒に演奏したり、村瀬先生が代表でPPPから色紙のプレゼントをもらったりと楽しい時間を過ごしました。

      •  今日は、12月の朝会が行われました。とても静かで暖かな朝でした。初めに、絵画や自由研究の表彰がありました。名前を呼ばれた子たちは、大変大きな声で返事ができました。さすがに賞をいただく子たちです。



         今日の校長先生のお話は、健康管理に大切なハンカチ・ティッシュのことと残食・けがの少ないことでした。11月の残食ゼロ目標日数は9回でしたが、何と13日を達成しました。





         それから、大切な「あいさつ」の話がありました。校長先生は、みんなから受ける「あいさつ」によって晴れやかな気分になったり落ち込んだりするそうです。それぞれの場面を紹介してくださいました。みんなは、とても真剣な顔で聞いていました。最後に校長先生は、「あなたのことを大切に思っていますよ。」と思う気持ちを伝えるために、先に挨拶をすることが1番よいこと、それができなかったときはもっとよい挨拶で返すことを教えてくださいました。「私のことをかんがえてくれてありがとう」あいさつは心を表す素敵な方法です。
      • 校長先生の授業

        2011年12月2日
           校長先生がゲストテーチャーの授業が続きます。4年1組は、 「跳び箱」の学習です。まず、校長先生から「『上に高く跳ぶ』ことがよいのではなく、『美しく跳ぶ』ことが大切ですよ。」とお話がありました。「美しく跳ぶためには、遠くから踏み切って、なるべく向こうに手を着くこと。できれば両手の中指が前の方を向くといいね。最後は、両足を揃えて着地です。」と丁寧にわかりやすく教えてくださいました。



           1段から練習が始まり、だんだん段数が増え、ちょっとずつ勢いを付けて練習をしました。 



           初め苦手だと言っていた子どもたちも、最後には、みんなの前で4段を跳ぶことができました。

           次は、1年2組の「マット運動」の学習です。校長先生から「大きく回りましょう。」「次は小さく回って!」「遠くに手を着いて回ってごらん。」と指示があると、みんなは一生懸命にクルクル回りました。



          校長先生も、演技を見せてくださいました。「校長先生、すごい!」



           4年生にも1年生にも、校長先生は演技の「美しさ」を教えてくださいました。ずっと心に残ることでしょう。
        • はじめての理科室

          2011年12月1日
            理科の「ものの重さをしらべよう」の学習で、てんびんやはかりを使って重さを比べをしました。はじめての理科室に子どもたちは、わくわく、どきどき。楽しく学習ができました。
          • 書き初め練習

            2011年12月1日

              4年1組は、書き初めの練習を行いました。音楽室の床にお手本と紙を置いて、心を落ち着かせ、集中して書きました。お正月には、すがすがしい気持ちで書き初めができるといいですね。