2011年10月

  • 校外学習でフルーツパークへ行きました。
    赤電の切符を一人一人買います。初めて買うので、ドキドキ。慎重にボタンを押しました。
    途中、電車に乗ってきた妊婦さんに席をゆずる姿もありました。
       

    フルーツパークでは、みかん狩りをしました。一人4個、じっくり選んでいました。
    大きくて色鮮やかで、とてもおいしそうなみかんをお土産にできました。


    お弁当の後は、遊具で思い切り遊びました。楽しい遊具に大喜び!


    とても楽しい一日になりました。

    学級代表の方、一緒に行ってくれた保護者のみなさん。ありがとうございました。
  • 秋の深まりを感じるようになりました

    1年生は、「移動環境教室」で、運動場をまわり、
    たくさんの秋を見つけました

    講師の先生から、おもしろい葉を教えてもらって、たっぷり楽しみました。

    「グーチョキパーの形をしているよ。」


    「今度は、シナモンのにおいがするよ。」
    「噛むとガムのような味だね。おもしろいね。」


    ハナミズキの実もたくさん拾いました。


    最後に、拾った葉や実を使って、かわいい作品を仕上げました。


    身近なところにも、たくさんのすてきな秋を見つけることができました。
    また、秋を見つけに行こうね

  •  27・28日は、6年生が東京方面に修学旅行へ出掛けました。晴天に恵まれ、それぞれの目的地で「学ぼう、日本の首都東京!」のめあてを達成することができました。船越小では、5年生が委員会や縦割り清掃の中心となり、6年生を思いながら一生懸命「チーム船越」のために活動しました。そして、28日の放課後には、6年生の教室の黒板に絵やそれぞれの気持ちを込めた言葉でと迎える言葉をかきました。6年生がきっと喜んでくれることでしょう。



  •  10月27日(木)浜松市役所福祉課の方に来ていただき、福祉体験講座を行いました。車いすを使う方や目の不自由な方の介助の仕方を詳しく教えていただき、実際に介助者になって体験しました。保護者の方にも多数参加していただきありがとうございました。



  • 1-2 研究授業

    2011年10月26日
       10月26日(水),1年2組で国語科「くじらぐも」の
      研究授業が行われました。

       1年生の実態に合わせたノートの書き方や話し合いの仕方に
      ついて学習の仕方を以前から研修してきました。

       

       くじらぐもに乗って見えるもの,行きたい所など,子どもたちは
      くじらぐもに乗ったつもりになって,想像を膨らませながら,楽しんで
      発表していました。

       入学して半年がたち,子どもたちは学習のルールをしっかり
      身に付けています。



       放課後には職員で話し合いをもち,より深く読むための手立てや
      教師の言葉掛けの工夫などについて話し合い,研修を深めました。

    • ふれあい天文学

      2011年10月26日
        国立天文台教授、野辺山宇宙電波観測所長の川邊良平先生をお迎えして、6年生に宇宙のお話をしていただきました。



        「太陽や地球は丸いのに、イトカワはなぜ丸くないの?」
        「磁石はNとS、電気は+と-というふうに対になっているのに、重力は対になるものがないのだろうか」
        「私は30年研究をしているが、まだまだ分からないことだらけ」

        など、一つ一つの言葉に、子どもたちは強い印象をもちました。
        本物の天文学者の方から直接お話をうかがったことは、子どもたちにとって、とても素敵な体験になりました。
      • 6年生が、校庭の樹木20種類に名前のプレートをつけました。
        指導してくださったのは、NPO法人ラブネイチャーズから7人の方です。



        運動場では、プレートの表示やヒントの枝を頼りに、木を探す活動をしました。

        講師の先生と回りながら、その木の特徴などを教えていただきました。

        体育館では、3種類の木をチェーンソーで切り、断面を観察しました。

        年輪を数えています。
        木くずのにおいもかいでみました。種類によってにおいも違うということが分かりました。


        この活動を通して、学校の木をとても身近に感じました。他の学年の人にも、このプレートから、いろいろなことを知ってほしいと思います。
      •  子どもたちが楽しみにしていた校外学習。
         
         天気にも恵まれ実りある楽しい時間を過ごすことができました。

         <たこ会館>
         大きな凧や屋台にびっくりしました


         <竜洋昆虫公園>
         生き物を探したり,秋の植物を集めたりしました
         おいしいお弁当を食べました
         どんぐりを使った「やじろべい」作りにも挑戦!


         <うなぎパイファクトリー工場見学>
         浜松名物「うなぎパイ」の工場を見学しました
         子どもたちは社会の学習に生かそうと,一生懸命メモをとっていました。


         
      • 移動環境教室

        2011年10月25日
           図工室に移動環境教室の展示を見学しました。資源ごみの再利用についての資料を手にとってみたり、空き缶を使った遊びを体験したりして、楽しく見学できました。自分たちの行動が環境の改善につながることを感じ取っていました。

        • 平成23年10月22日(土)に四ツ池陸上グランドにて浜松市小学校陸上大会が行われ、船越小学校からは10人の選手が出場しました。





          4×100メートルリレーでは、男女ともに上手にバトンをつなぐことができ、それぞれ自己ベストより4秒以上速いタイムで走ることができました。





          長距離走では、果敢に飛び出し攻めの走りをして、それぞれ自己ベストを10秒以上縮めることができました。





          短距離走では、何度も練習したスタートを上手に決めて、組の中で1位をとったり、入賞したりすることができました。



          走り高跳びでは、雨で足場が非常に悪い中でしたが、自分のジャンプを見事に決め、入賞することができました。



          船越小学校の陸上部には50人以上の部員がいて、時間も場所も限られている中、トラックを譲り合ってなんとか練習をしてきました。

          大会中、自分は大会に出られないけど選手に頑張ってほしいと応援に来てくれた友達も大勢いました。

          たくさんの人の想いを力に変え、緊張する大会の中で自己ベストを出したり、入賞したりと選手たちは本当に頑張り、いい笑顔で大会を終えることができました。