2021年7月

  • ツヤツヤの茄子

    2021年7月7日
      旬の野菜には力があるのだと感じられるピンと張りつめた実と輝きを放つ茄子です。
      今日は年に一度の麻婆茄子の日。
      「茄子は苦手」という子も少なくないのが現実・・・
      しかし、「この茄子美味しい。」「茄子は苦手だけどこれは食べられる。」そんな声がたくさん聞こえてきました。
      栄養教諭が見事な茄子をもって低学年の教室を回っています。
      1年生がにっこり笑顔で「先生のご飯、毎日最高。」
      短い一言ですが、1000人弱の給食を担う栄養教諭には最高の一言です。
      言った方も、言われた方も笑顔になる一言と共に美味しい給食の時間が進んでいきました。
    • 今日の献立
      【 持参米飯 牛乳 麻婆なす ポーク・パオズ もやしとほうれん草の中華あえ 】

      夏野菜の代表的なものとして「茄子・なす」があります。生まれはインドで、ヨーロッパに伝わりましたが、あまり好まれず、中国から日本へ伝わって、1550年頃に栽培され始めたということです。夏にとれることから、ナツミ(夏実と言われ、これがなまって「茄子・なす」(望みなどを成し遂げる)の意味をもっていることから、縁起のよい食べ物とされていました。今日は、中華風の麻婆なすを作ってみました。夏の味を味わってみてください
    • 今日の献立
      【 ナン 牛乳 ドライカレー 粉ふきいも ファルファーレスープ アンデスメロン 】

       今日は、パンではなく「ナン」を用意しました。「ナン」の語源は、ペルシャ語で「パン」や「クッキー」のように、小麦粉をねって焼いたもののことです。インドでは、カレーを食べる時に、「ナン」を一緒に食べます。小麦粉に塩を加え、水を入れてよくねり、薄く伸ばして、タンドゥールと呼ばれる窯(かま)の内側に張り付け焼いて作ります。インドの人は、右手の親指、人差し指、中指の3本を使って、ナンやご飯にカレーをつけて食べます。今日は、豚ひき肉、玉ねぎ、にんじんなどを使ってドライカレーを用意しました。
    • お気に入りの場所

      2021年7月6日
      • 大きな口で

        2021年7月6日
          今日のカレーは「ライス」ではなく「ナン」です。
          「今日はナンだ。」とその形を見てワクワクする子供たちです。
          ドライカレーをのせて大きな口でパクっといきます。
          「美味しい」夏にぴったりのスパイシーなカレーに大満足でした。
        • 静岡といえば・・・

          2021年7月6日
            静岡といえば・・・そうお茶です。
            全国的にも静岡のお茶といえば誰もが知るところです。
            そのお茶、約900人分が、学校に届きました。児童、生徒全員に遠州夢咲農業協同組合さんからのプレゼントです。
            給食室でクラスごとに仕分けし、朝、各教室に届けてくださいました。
            美味しく体にもいい静岡茶をぜひご家庭で味わってみてください。
             
          • お星さま三つ

            2021年7月5日
              「先生お星さまがあるよ。」給食の配ぜん中そんな声が聞こえてきました。
              デザートのみかんポンチの中からナタデココのお星さまを見付けたようです。
              「もう一つお星さまがあるよ。オクラは切るとお星さまの形なんだよ。」と物知りさんがうれしそうに教えてくれました。
              「もう一つあった。」なるとの真ん中にお星さまを発見しました。
              7月7日は七夕です。今日はちょっと早い七夕メニュー。
              オクラの緑の星、ナタデココの白い星、そしてなるとの中のピンクの星が、子供たちに笑顔をプレゼントしてくれました。
            • 今日の献立
              【 米飯 牛乳 天つゆ きすとオクラの天ぷら 七夕そうめん汁 みかんポンチ 】

               「七夕」は、3月3日の桃の節句や5月5日の端午の節句などと同じように、五節句の一つです。織物を神様にお供えし、秋の豊作を願う神事があり、その時に使う織り機を「棚機(たなばた)」と呼んでいたことから「七夕」となったそうです。中国から伝わった織姫と彦星が1年に一度会えるという伝説から、七夕の夜には天の川を眺める風習もあります。給食では、「そうめん汁」のそうめんを天の川に見立て、みかんポンチのナタデココで、空に輝く星を表しました。
            • 雨の昼休み

              2021年7月2日
                昼休みは一日の中で子供たちが一番楽しみにしている時間の一つです。
                雨が降ると子供たちの表情が少し曇ります。
                「外行ける。」「雨やむかな。」など昼休みに向けて空模様が気になる子供たち。
                そんな子供たちに雨の昼休みも楽しく、安全に過ごせるように、図書委員が本の読み聞かせをしてくれました。
                しかし、今までとは少し違います。コロナ禍の中、対面で読むのは感染の心配があります。
                そこで動画にとっていつでも見られるようにしました。
                どのような状況でも学校生活がよりよくなるように考え行動する子供たちです。
              • 48キロのかぼちゃ

                2021年7月2日
                  今日のかぼちゃのミルクスープには48キロのかぼちゃが使われているそうです。約100個。すごい量です。
                  久しぶりに出たチキンバーガーをほおばり、かぼちゃのミルクスープをごくり。かぼちゃの優しい甘さに子供たちの表情もゆるみます。
                  今日も美味しい給食。もりもりいただきます。

                COUNTER

                 / 本日: 昨日:

                カレンダー

                最近の記事

                タグ