しばざくら会 会長選挙

2021年7月12日
    本日は「中部しばざくら会 会長選挙」です。
    例年は5年~9年まで大体育館に集まって、立会演説会の後の選挙でしたが、今年度は放送での演説の後、学年分かれての投票となりました。
    まずは4人の候補者が中部学園の課題とよりよくなるための手立てを考え、伝えてくれました。それをよく聞いてからの投票です。
    本校の選挙は本格的です。浜松市の選挙管理委員会から実際に選挙で使っているものを借りてきます。
    まずは選挙管理委員より一人一人投票用紙が手渡されます。そのまま投票ブースへ。誰の目にも触れないように自分の意思を表示します。そして投票箱へ。先日知事選でも使われた投票箱。それがあることで緊張感が生まれます。
    誰もが真剣な面持ちで投票をしていました。
     
    今回の選挙には4人の8年生が立候補しました。
    選挙を支える9年選挙管理委員たちです。
    名前を確認し、名簿にチェックを入れながら投票用紙を手渡します。
    空いているブースに誘導できるように各投票所には選挙管理委員が立ちあいます。
    公正な選挙が行われるよう、投票箱の横にも選挙管理委員が立ちます。
     

    COUNTER

     / 本日: 昨日:

    カレンダー

    最近の記事

    タグ