2021年3月

  • 令和2年度 最終日

    2021年3月31日
      「令和2年度」も今日で終わります。今、校内では、本校のシンボルである ”しばざくら” の花が一面に咲いています。

      今年度は最初から最後まで、新型コロナに振り回された1年でした。常にマスクを着用したり人との距離をとったりと様々な制限がかかり、今までとは同じような学校生活や学校行事ができない日々が続きました。

      そうしたなかでも、本校の子供たちは「何かできることはないか」「どうすればできるか」を考えて行動し、たくましく成長することができました。

      来年度は開校5年目です。これまでの4年間の実績をもとに、これからも「浜松一の学校」を目指して前進していきます。

      1年間ありがとうございました。 そして来年度も よろしくお願いします。
    • 1年生の植えたチューリップの花が見頃を迎えています。

      赤、黄、ピンクなど、いろいろな色の花が春風に揺れています。 春本番です。
       
    • 平成2年度末の人事異動により、18名の職員が浜松中部学園を離れることとなりました。

      29日(月)その職員と子供たちとの「お別れの式(離任式)」を全校放送の形で実施しました。

       

      はじめに、異動する職員が一人づつマイクの前に進み お別れの挨拶をしました。

       

      そして中部しばざくら会(児童生徒会)の会長が、児童生徒を代表して職員への感謝の気持ちを伝えました。続いて子供たちの代表から、離任する職員へ花束がプレゼントされました。

      式の後には学級担任が教室へ行き、子供たちの顔を見ながらメッセージを伝えました。

      ※ 浜松中部学園で勤務した年数はそれぞれ異なりますが、優しい子供たちと充実した日々を送ることができました。これもひとえに保護者や地域の皆様の御支援のおかげと感謝しております。本当にありがとうございました。(離任職員 一同)

    • 教室のワックスがけ

      2021年3月26日
        たくさんの教室がある本校では、毎年度ローテーションで教室内の「ワックスがけ」をしています。
        今年度は北校舎3階(1・2・3年生)の教室です。

        教室内の机・いすをすべて廊下に出し、教室内の隅から隅からまで、きれいにワックスをかけました。

        子供たちのいない長期休業期間に、校内の環境整備を進めています。
      • 初等部 修了式

        2021年3月19日
          18日(木)午後、4月から中学生となる6年生の「初等部 修了式」を行いました。

          はじめに、小学校課程修了の証として「小学校卒業証書」を授与しました。

          次に校長から、初等部リーダーとして頑張ってきたこの1年の歩みを称賛するとともに、4月からの中学生に向けた心構えを話しました。

          続いて、6年生全員が前に出て小学校6年間の思い出を語るとともに、ここまで支えてきてくれたお父さん・お母さんに感謝の気持ちを伝えました。

          式の最後には学年合唱が披露され、6年生の心のこもった歌声が体育館全体に広がり、素晴らしい雰囲気の中で「初等部 修了式」を終えることができました。
          6年生のみなさん 小学校課程修了 おめでとう! 4月からは中学生です。新たな気持ちで頑張りましょう。
          (そして、みなさんで力を合わせて 浜松中部学園に「麒麟」を呼んでください。期待しています。)
        • 卒業証書授与式

          2021年3月18日
            18日(木) 第4回 浜松中部学園「卒業証書授与式」を挙行しました。

            はじめに卒業生が保護者・在校生が見つめるなか、胸をはって入場しました。
            そして一人ずつ順番に壇上へ上がり、卒業証書を受け取りました。

            校長からは「これからも『何かできることはないか。どうすればできるのか。』 を考えて、前へと進んでいって欲しい」と話をしました。
            続いて、在校生代表が卒業生への感謝の気持ちを「送辞」として伝え、卒業生代表がこれから旅立つ決意を「答辞」に込めて力強く述べました。

            式の後、卒業生全員が前に出て、卒業合唱「旅立ちの歌」を披露しました。素敵なハーモニーが体育館全体に広がり、感動的な卒業式の幕を閉じました。

            103名の卒業生のみなさん 卒業おめでとう!   4月からの新たなステージでの活躍を期待しています。 
            今回の「卒業証書授与式」は、浜松中部学園としては「第4回」、浜松市立中部中学校としては「第74回」でした。

            今年度で中部中学校の卒業生は「19,923名」となり、来年度には「2万人を超える」予定です。

            これからも 中部中学校としての「よき伝統」と 浜松中部学園としての「新しい歴史」 、どちらも大切にしていきます。保護者の皆様、地域の皆様、ご支援・ご協力を よろしくお願いいたします。
          • 修了式の日の最後は「学級活動」です。

            あゆみ(成績表)を見ながら、この1年で成長できたことを担任の先生と一緒に確認しました。

            この1年、中部学園の子供たちは 本当によく頑張りました。
            1~5年生と7年生は、明日から学年末休業(春休み)に入ります。

            本年度の本校の教育活動も、いよいよ明日の「卒業証書授与式」と「初等部修了式」を残すのみとなりました。
          • 学年末の大掃除

            2021年3月17日
              修了式の後、学年・学級ごとに「大掃除」をしました。

              机・いす・黒板・下駄箱など、1年間お世話になったことへの感謝の気持ちをこめてきれいに掃除をしました。

              小学生も中学生も労を厭いません。これも本校の子供たちのよいところです。
            • 17日(水) 浜松中部学園 令和2年度「修了式」を全校放送で行いました。
              (式の前に「書初め」と「美術」のコンクールで入賞した児童生徒を表彰しました。)

              式では、まず各学年の代表に「修了証書」を手渡しました。そして、基礎期・自立期・充実期の代表が、この1年を振り返って 自分が成長したと思うことを堂々と発表しました。

              校長からは、今年度に新型コロナの影響を受けながらも学校行事を成功させたことを例に出し、これからも「何ができるか」「どうすればできるか」を みんなで考えて行動していこうと話しました。

              どのクラスの子供たちも、とても良い姿勢で放送を聞くことができました。

              ※ 「何事にも真剣に取り組むことができる。」 本校の子供たちのすばらしいところです。
               
            • 6年生が、3・4校時に「初等部 修了式」の総練習を行いました。
              当日の次第に沿って進めながら、これまで練習してきた作法や動線を もう一度確認しました。

              初等部修了式は、3月18日(木)の午後です。

              ※ 新型コロナ感染症予防のため、午前の卒業証書授与式と同様に式への参加者を限定して行います。

            COUNTER

             / 本日: 昨日:

            カレンダー

            最近の記事

            タグ