2021年1月

  • 今日の献立
    【 持参米飯 牛乳 さんまの蒲焼き 豆乳入り具だくさんみそ汁 白菜のレモンづけ 】

    「白菜」がおいしい季節になってきました。「白菜」は、大根に次いで国内生産第2位の野菜です。「白菜」の故郷は中国です。日本にやってきたのは意外と最近のことで、約100年位前です。最初は、ほうれん草のような形だったそうです。風邪をひきにくくしてくれるビタミンCがたくさん含まれているので、野菜の少ない冬には貴重品です。今日は、生のレモンをしぼってドレッシングを作り「白菜」と和えました。
  • 浜松市教育委員会の青島先生を講師にお迎えし、5・6年生を対象とした「ソーシャルスキル講座」を開きました。

    「お互いを大切にした言葉かけ」というタイトルで、アニメのキャラクターを例にして自分のタイプを分析したり、事例をもとにどのような接し方をすればよいかを考えたりしました。
    6年生の様子です。高学年になると友達との関係も変化してきます。「自分の気持ちも伝え、相手のことも大切にする」 そんなコミュニケーションがとれるといいですね。
  • 今日の献立
    【 米粉入り背割りパン 牛乳 ソーセージ チンゲンサイのクリーム煮 いちご 】

    「いちご」は、かなり昔から食べられていましたが、昔は野山に自然に育った小さな赤い粒のものでした。この小さな赤い粒をヨーロッパの人達が育てるようになってから、だんだん今の様に甘くて大粒のものになりました。日本へは江戸時代にオランダ人によって伝えられました。それで「オランダいちご」とも呼ばれています。「いちご」には、ビタミンCがいっぱいです。みかんの2倍、すいかやぶどうの16倍もあります。5~6粒食べると、1日のビタミンCの必要量がとれます。
  • 今日の献立
    【 米飯 牛乳 厚焼卵 アーモンド田作り 七草汁 りんごゼリー 】

    少し前になりますが、1月7日(木)は「七草」でした。1月7日に「春の七草(セリ・ナズナ・ゴギョウ・ハコベラ・ホトケノザ・スズナ・スズシロ)」を入れたおかゆや汁を食べると病気にかからないと言われています。「七草」には、薬草の効果があり、正月料理で疲れた胃や腸を休ませ、不足しがちなビタミン類を補給する役割があります。今日は、春の七草のうち、せり、すずしろ(大根)が入った七草汁を用意しました。
  • 今日からの一週間、生活科室で「学校移動博物館」を開いています。

    3年生社会科で学習する「昔のくらし」の理解を深めるために、浜松市博物館から「昔に使われていた道具」をお借りしました。

    ここで問題です。下の写真の「道具」の名前、分かりますか?
    左上から 「羽釜」「おひつ(飯びつ)」「湯たんぽ」「火鉢」「火のし」「炭火アイロン」「ランプ」「たらい」「せんたく板」 でした。
  • 音楽科の和楽器の学習で「箏」に挑戦しました。

    日本の伝統楽器「箏」を前にすると、自然と背筋が伸びて表情が引き締まります。
    基本的な弾き方を覚えると、すぐに簡単な曲が演奏できるようになりました。

    優雅な箏の音色が静かな校舎内に響き、とてもよい雰囲気です。
  • 今日の献立
    【 干しぶどう入りねじり型パン 牛乳 シルバーの米粉揚げ ベジタブルカレースープ みかん 】

    今日はパンに合うスープとして野菜がたっぷりとれる「カレースープ」を用意しました。たまねぎ、にんじん、じゃがいもの他に、冬野菜でカロティンやビタミンC、鉄分が豊富な「ほうれんそう」も入っています。シルバーは、ニュージーランド沖でとれる白身の魚で日本では「銀ひらす」と呼ばれています。くせがないので、フライやムニエル、煮魚などいろいろな料理に使われます。
  • 8年生が、来年度(9年生)になって出かける「修学旅行」に向けた活動をスタートさせました。
    今日は修学旅行の目的「なぜ修学旅行に行くのか」について考えました。

    これから実行委員を中心に 生徒の力で「修学旅行」を創りあげていきます。
    本校では、例年、4月下旬に関西(京都・奈良)方面への修学旅行を予定しています。修学旅行を実施するに当たっては、様々な準備があるため、8年の3学期から活動をスタートする必要があります。

    ただ、新型コロナ感染症が全国的に広がっています。修学旅行を4月に実施するかどうかは、今後の状況を見て慎重に判断していきます。

    ※ 8年生徒・保護者を対象とした 「修学旅行説明会」は 3/5(金)に変更 となりました。詳細な日程等はあらためてご連絡いたします。
  • 1年生の生活科で「むかしの遊び」について学習しています。今日は「凧あげ」に挑戦しました。

    風もなく穏やかな一日で ”凧あげには あいにくの天候”  でしたが、走って凧を引っ張ります。
    空に揚がった凧を見上げながら、「凧あげって楽しい!」と歓声が上がっていました。
  • 真冬の寒さから一変、今日は春のような暖かさです。この陽気に誘われたかのように、昼休みにはたくさんの子供たちがグラウンドに出て遊んでいました。

    初等部では火曜日と木曜日を「ロングの昼休み」としています。たっぷり時間があるので思いっきり遊ぶことができます。子供たちも先生方も笑顔です。 (^^)
    砂場に新しい砂を運び入れました。はじめは小高い砂の山に驚いていましたが、そのうちに手で触ってふわふわ感を楽しんでいました。