2020年8月

  • 24日(月)令和2年度 2学期の「始業式」を行いました。コロナ感染症と熱中症の影響を考慮し、1学期の終業式と同様に、全校放送での実施に変更しました。

    はじめに、中体連浜松地区大会で第5位に入賞したサッカー部を表彰しました。
    続いて、基礎期・自立期・充実期の代表児童生徒が「2学期に頑張りたいこと」を堂々と述べました。

    校長からは「2学期には大きな行事がたくさんあります。初等部のみなさんは、『まずやってみる』という気持ちで自分から一歩踏み出しましょう。中等部のみなさんは『外で勝負する』という気持ちで自分を高めましょう。」と話しました。
    1学期に臨時休業した影響で夏休みが短縮され、例年より1週間ほど早い2学期のスタートとなりました。
    新型コロナ感染症の影響で、2学期の学校行事等も昨年度までと同じ形では実施できないと思いますが、「何ができるか」を子供たちと一緒になって考え、楽しい学校生活にしていきたいと思います。

    保護者ならびに地域の皆様、ご支援、ご協力をよろしくお願いします。
  • 「浜松市民文化フェスティバル・浜松地区中学校音楽発表会」が8日(土)に開催され、本校の吹奏楽部が参加しました。

    今年度はコロナ感染症予防により、練習等の活動や発表会の開催についての制約がある中、「FESTIVO」と「オーメンズ・オブ・ラブ」をアクト大ホールで堂々と演奏してきました。

    ※ 発表会の会場内での撮影ができないため、写真は練習風景です。
  • 先日行った「救急蘇生講習」の様子です。「心肺蘇生」「AEDを用いた除細動」の方法を確認しました。
    絶対にあって欲しくないことですが、もしもの場合に備えて、どの職員でも対応できるようにしていきます。
  • 三者面談

    2020年8月6日
      「三者面談」が本日で終了しました。今年度は新型コロナの影響で1学期に参観会等を行うことができなかったため、顔を合わせるのが初めてという保護者の方もいらっしゃいました。

      暑い教室での面談となりましたが、とても有意義な時間となりました。ありがとうございました。
    • 夏休みに入って暑い日が続いていますが、子供たちに負けじと職員も勉強(研修)に励んでいます。
      小中一貫校の本校では、小学校と中学校の教員が一堂に会して研修できるのが、他校には無い強みです。

      小学校から1年生から中学3年生までの9年間を見通し、教科の系統性や評価の基準などについて、じっくり協議しました。
       
      6年生の職員が2学期に行う予定のLINE講座の打合せと動作確認をオンラインで行っています。まとまった時間が取れる長期休業中だからこそできる準備です。
    • 1日(土)浜松地区中学校夏季総合体育大会「サッカー競技の部」3回戦に進出した本校サッカー部は、サーラグリーンフィールドで高台中と対戦しました。試合は前半から点を取り合い、2-1で折り返しました。後半は同点に追いつこうとする相手の反撃を受けましたが、全員で体を張って守り切り、2-1で勝利しました。

      翌日(2日)、同会場で準々決勝が行われ南陽中と対戦しました。試合はどちらが勝ってもおかしくない互角の展開でしたが、相手に先制を許した後、懸命に反撃しましたが追いつくことができず、勝利することはできませんでした。

      この結果、本校は浜松地区”第5位となり、シード校以外らベスト8に進出したことが評価され「敢闘賞」を受賞しました。おめでとう!
    • 本校を会場にして行われた「女子バスケットボール競技」2日目の様子です。

      積志中、与進中と対戦しました。梅雨明けした夏の暑さのなかで、懸命に走り、ボールを運び、最後までゴールを目指しました。2試合とも自分たちの良さを存分に発揮できた素晴らしいゲームでした。
    • 1日(土)浜松地区中学校夏季総合体育大会「野球競技の部」の2回戦が引佐南部中を会場に開かれ、本校野球部が入野中と対戦しました。

      試合は両チームなかなか点が入らず膠着状態になりました。それでも5回裏に本校が2点を先制!そのまま逃げ切れるかと思いましたが、勝ちを意識した最終回(7回)にちょっとした隙をつかれて逆転を許し、惜しくも勝利することはできませんでした。

      あと一歩詰め切れなかった悔しさは、元気いっぱいの明るいチームカラーとともに、新チームの後輩へ託します。
    • 1日(土)浜松地区中学校夏季総合体育大会「女子バスケットボール競技の部」が本校を会場に開かれました。

      今年度はコロナ感染症のために、例年とは違う形式で各競技の大会が開かれています。
      バスケットボール競技では、順位を争うのではなく、参加校を4つに分けたリーグで、できるだけだくさんの試合をすることを優先しています。

      今日の本校は、1試合目に篠原中、2試合目には東陽中と対戦しました。5人の9年生を中心に、チームワークよくボールを運び、得点を重ねました。
       
      会場校として、7・8年生も大会運営にしっかりと協力することができました。一つの大会を成功させるためには、こうした陰の力がとても大切です。大会は明日(2日)も行われます。
    • 2日(日)浜松地区中学校総合体育大会「ソフトテニス競技の部 男子団体戦」が花川運動公園で開かれました。

      本校の男子テニス部は、予選リーグで三ケ日中と天竜中の2校と対戦しました。どちらの学校も伝統校で残念ながら勝利することはできませんでしたが、これまでの練習の成果をしっかりと出し切ることができました。

      たくさんの声援をいただきました。ありがとうございました。