2020年7月

  • 夏季大会壮行会!!

    2020年7月22日
      本日、6時間目に中等部で大体育館にて「夏季大会壮行会」を開催しました。
       
      各部活動ごとに入場後、8年生代表生徒から「応援メッセージ」をもらった後、「大会への意気込み」を各部長から発表してもらいました。

       
      中部学園の代表として、胸を張って最後までもっている力を出し切ってきてほしいと願っています。
      健闘を祈っています。
      新型コロナウイルス感染症予防により、各競技ごとに、各会場ごとに入場制限等が違います。
      各部活動で出た「大会要項」や「会場使用上の注意」等に従って、「心に残る大会」にしてほしいと思います。
    • 今日の献立
      【 持参米飯 牛乳 酢豚 もやしとほうれん草のナムル ブルーべリーゼリー 】

      「酢豚」は文字通り豚肉を酢の調味料で味付けたものです。酢にはばい菌を殺す力もあり、ほとんどの病原菌が酢に侵されると、30分以内で死んでしまうそうです。酢飯や酢漬けが保存できるのはこの力があるからです。また、酢の酸味は食欲を増進させ、疲労回復の働きもあります。ビタミン類や鉄分の入った「ブルーベリーゼリー」と一緒においしくいただきました。 
    • 学校評議員会

      2020年7月22日
        21日(火)令和2年度「第1回 学校評議員会」を開催しました。今年度は保護者や地域の代表として11名の方に学校評議員をお願いしています。

        今年度ここまでの学校の状況を校長が説明した後、子供たちの活動している様子を参観していただき、学校運営に関する御意見をいただきました。

        蒸し暑い中でも頑張っている子供たちの活動ぶりを褒めていただくとともに、コロナ感染症や熱中症等への学校の対応に御理解をいただきました。
        今後は浜松市が進めている「コミュニティ・スクール」についても検討いただく予定です。
      • 昼休みに、中等部SFの『応援団色決め』集会を開きました。

        まず団長3人がステージに上がり、じゃんけんで抽選順を決めます。そして勝った順に「」の色紙が入った抽選封筒を選んでいきました。
        3人が封筒を手にしたところで開封です。自分の団の色が決まると、あちらこちらで歓声があがりました。
        ※ 今年度のSF(スポーツ・フェスティバル)は、新型コロナ感染症と熱中症の影響を考慮し、中等部は9/12(土)、初等部は10/3(土)の別日での開催となりました。これまでとは違った形態になりますが、今できることを精一杯やっていきます。
      • 今日の献立
        【 食パン 牛乳 いちごジャム きびなごフライ クリームポテト フレンチサラダ 】

        「きびなご」は、いわしによく似た全長10cm程の小魚です。鹿児島県や長崎県、高知県の暖流に面した地域で多く獲れます。今日は、鹿児島県産の「きびなご」に、ごまとパン粉をつけてフライにしました。丸ごと食べられる小魚で、カルシウムをたっぷり摂ることができました。
         
      • 本校では、小学生の児童会活動と中学生の生徒会活動を一つにした「中部しばざくら会」を組織しています。後期(10月頃)からは8年生が中心となって活動することになりますが、その新しい中部しばざくら会の代表を決める「会長選挙」を、5年生から9年生までの児童・生徒が参加して実施しました。

        はじめに選挙管理委員会の運営による「立会演説会」が行われました。4人の立候補者とその推薦責任者が順に演台に進み、会長に当選した時の『公約』を堂々と述べました。
        続いて「投票」です。浜松市選挙管理委員会にお願いして、大人の選挙で使われている投票箱等をお借りしました。みんな真剣に一票を投じていました。なかでも初めて選挙に参加した5年生は少し緊張した面持ちでした。
        選挙の結果は、明日、選挙管理委員会から報告されます。
      • 今日の献立
        【 米飯 牛乳 ハヤシ 海藻サラダ 甘夏みかん(缶詰) 】

        「ハヤシ」という名前の由来には、ハッシュドビーフの「ハッシュ」が転じてハヤシになった、洋食屋の「はやし」さんが考えた等、いくつかの説があります。「ハヤシ」は、ブラウン・ルウなどの洋風な食材を使っていますが日本で生まれた料理です。きゅうりやコーン、昆布を和風ドレッシングであえた「海藻のサラダ」と一緒においしくいただきました。
      • 今日の献立
        【 ナン 牛乳 ドライカレー のりポテト ベジタブルスープ 乳酸菌飲料(ヤクルト) 】

        「ナン」の語源はペルシャ語で、パンやクッキーの様に小麦粉をねって焼いたもののことです。小麦粉に塩を加え、水を入れてよくねり、うすく伸ばして、タンドゥールと呼ばれる窯(かま)の内側にはりつけ焼きます。今日は、豚ひき肉と玉ねぎ、にんじんなどが入った「ドライカレー」と一緒においしくいただきました。
      • 朝の登校風景

        2020年7月17日
          今日も天気は「雨」。今年は本当によく降ります。

          今朝の登校風景です。小学生と中学生が仲良く傘をさして登校してきます。昇降口前のひさしの下で傘についた雨水を落とし、水分を中に持ち込まないようにします。
          昇降口先の多目的ホールでは、小学生が「あいさつ運動」を、中学生が「選挙運動」をしています。朝から活気があります。
        • 7・8年生の歯科検診を行いました。ひとりづつ丁寧に診ていただきました。

          検診後、校医さんから「以前に比べると『むし歯』 の子は少なくなったと思いますが、『プラーク(歯垢)』 のある子は増えています。」との話を伺いました。

          プラークに存在する細菌を放っておくと、歯や歯肉に様々な悪影響を及ぼします。児童生徒のみなさん、食後の歯磨きをしっかりと行っていますか?
          コロナ感染症の影響により開始は遅れましたが、今年度の校医さんによる検診は今日で終了です。(関係機関にお願いする心電図検査や尿検査などは2学期以降に行います。) 校医の皆様、本当にありがとうございました。