2020年

  • 1日(土)浜松地区中学校夏季総合体育大会「サッカー競技の部」3回戦に進出した本校サッカー部は、サーラグリーンフィールドで高台中と対戦しました。試合は前半から点を取り合い、2-1で折り返しました。後半は同点に追いつこうとする相手の反撃を受けましたが、全員で体を張って守り切り、2-1で勝利しました。

    翌日(2日)、同会場で準々決勝が行われ南陽中と対戦しました。試合はどちらが勝ってもおかしくない互角の展開でしたが、相手に先制を許した後、懸命に反撃しましたが追いつくことができず、勝利することはできませんでした。

    この結果、本校は浜松地区”第5位となり、シード校以外らベスト8に進出したことが評価され「敢闘賞」を受賞しました。おめでとう!
  • 本校を会場にして行われた「女子バスケットボール競技」2日目の様子です。

    積志中、与進中と対戦しました。梅雨明けした夏の暑さのなかで、懸命に走り、ボールを運び、最後までゴールを目指しました。2試合とも自分たちの良さを存分に発揮できた素晴らしいゲームでした。
  • 1日(土)浜松地区中学校夏季総合体育大会「野球競技の部」の2回戦が引佐南部中を会場に開かれ、本校野球部が入野中と対戦しました。

    試合は両チームなかなか点が入らず膠着状態になりました。それでも5回裏に本校が2点を先制!そのまま逃げ切れるかと思いましたが、勝ちを意識した最終回(7回)にちょっとした隙をつかれて逆転を許し、惜しくも勝利することはできませんでした。

    あと一歩詰め切れなかった悔しさは、元気いっぱいの明るいチームカラーとともに、新チームの後輩へ託します。
  • 1日(土)浜松地区中学校夏季総合体育大会「女子バスケットボール競技の部」が本校を会場に開かれました。

    今年度はコロナ感染症のために、例年とは違う形式で各競技の大会が開かれています。
    バスケットボール競技では、順位を争うのではなく、参加校を4つに分けたリーグで、できるだけだくさんの試合をすることを優先しています。

    今日の本校は、1試合目に篠原中、2試合目には東陽中と対戦しました。5人の9年生を中心に、チームワークよくボールを運び、得点を重ねました。
     
    会場校として、7・8年生も大会運営にしっかりと協力することができました。一つの大会を成功させるためには、こうした陰の力がとても大切です。大会は明日(2日)も行われます。
  • 2日(日)浜松地区中学校総合体育大会「ソフトテニス競技の部 男子団体戦」が花川運動公園で開かれました。

    本校の男子テニス部は、予選リーグで三ケ日中と天竜中の2校と対戦しました。どちらの学校も伝統校で残念ながら勝利することはできませんでしたが、これまでの練習の成果をしっかりと出し切ることができました。

    たくさんの声援をいただきました。ありがとうございました。
  • 1日(土)浜松地区中学校総合体育大会「ソフトテニス競技の部 女子団体戦」が花川運動公園で開かれました。

    本校の女子テニス部は、予選リーグ1試合目に積志中に快勝し、2試合目に第2シードの麁玉中と対戦しました。試合は大接戦となり、1-1で迎えた第3ペアもファイナルまでもつれ込みましたが最後に力尽きました。

    残念ながら予選リーグ2位で決勝トーナメント進出はなりませんでしたが、強豪校を相手に一歩も引かない素晴らしい戦いぶりでした。
     
  • 1学期の学校保健週間で実施した「アマビエ コンテスト」の入賞作品を紹介します。
     上の段の左から、「ベストアマビエ賞」「校長賞」「中学校教頭賞」
     下の段の左から、「小学校教頭賞」「中学校美術科主任賞」「小学校図工科主任賞」 です。

    入賞者には終業式で賞状を渡しました。
    入賞作品は昇降口を入ってすぐの多目的ホールに掲示してあります。 三者面談等で来校した際に、ぜひ御覧ください。 アマビエのイラストで、中部学園を疫病から守ります。 
  • 毎年行われていた「夏の写生大会」が、今年度はコロナ感染症により開催されませんでした。その代替として、各学校で描いた写生作品を持ち寄る「写生コンクール」が開かれ、本校の美術部員が参加しました。

    学校内で自分が気に入った場所を選んで写生します。ふだん見慣れているはずの風景も、ちょっと角度を変えて眺めてみると新しい発見があり、どの生徒も真剣な表情で作品制作に励んでいました。

    作品応募は今月末で締め切られ、後日結果が発表されます。
  • 30日(木)パソコン部が「パソコン検定」に挑戦しました。9年生にとってはこれまでの集大成といえる活動です。

    まず、学校のパソコン室からインターネットを使って、受検番号や氏名などの必要事項を入力します。そして、いよいよ検定開始!ワープロや表計算の問題が次々と画面に表示され、それを時間内にやり遂げていきます。

    検定結果は後日分かります。これまで一生懸命練習してきたので、きっといい結果が届くと思います。
  • 浜松市では、毎年夏休みに市内の5・6年生を対象として「浜松市30分間回泳」を開催していますが、今年はコロナ感染症の影響で中止となりました。そこで、来年は挑戦することができない6年生が、29日(水)に「校内30分間回泳」を実施しました。

    中学校の少し深いプールを使い、学年みんなで反時計回りに泳ぎます。流れが出来てくると、浮いているだけでも進んでいきます。

    30分間泳ぎきった子供たちの表情は充実感に満ち溢れていました。