2015年11月

  •  全園児参加した‘生活発表会’が終わりました。
    参加してくださった皆様、ありがとうございました。たくさんのお客様から温かい拍手をいただきました。

    初めての生活発表会でニコニコ笑顔の年少さん

    かわいい衣装を身につけ、歌いながら踊っていました。

    表現遊び「たんぽぽ列車でGO!」では、うさぎとくまに変身して言葉をやりとりしたり、歌ったりしていました。この話の中の歌は、子供たちのお気に入りで、遊んでいる時にも口ずさんでいました。

    ちょっぴり緊張していたどんぐり組さん

    15人で劇遊び「おおかみと7匹のこやぎ」に挑戦し、言葉や動きでお話のイメージを表現してきました。お客さんからの笑い声も聞かれ、子供たちも笑顔で嬉しそうでした。

    女の子たちは「Let It Go」を可愛く優雅に、男の子たちは「冒険パンチ」を元気いっぱいに踊る姿は、カッコよかったです。。


    気合いが入っていた年長たけのこ組さん。
    「今日の本番が、一番楽しい!!」という頼もしい言葉も聞かれ、やる気満々!

    楽器演奏は、ちょっぴり緊張気味の様子です。

    竹太鼓の決めポーズ。決まりました!!

    最後を飾ったオペレッタ「エルマーの冒険」です。エルマーのお話の世界のイメージが膨らみ、自分たちで考えながらこの演目に臨みました。
  •  明日は、いよいよ生活発表会です。子どもたちは、ドキドキワクワクしながら明日を迎えることでしょう。
    年少児は、「地球をくすぐっチャオ」を踊り、担任と一緒にお話し遊びをします。
    や言葉のやりとりもとても微笑ましいです。


    年中児は、「冒険パンチ」を男の子、「Let It Go」を女の子が踊ります。

    楽器は、カスタネット、すず、タンバリンを演奏し、劇遊びを行います。

    年長児は、竹太鼓、鍵盤ハーモニカ、合奏、オペレッタに挑戦します。

    合奏は、「威風堂々」チャレンジします。

    遊びの中で歌を口ずさんだり、絵本の中に出てくる言葉や動きをイメージしたり、音楽にあわせ体を動かしたりしています。そのような日々の保育の中からの積み上げたものを発表していきます。役になりきりれる子供たちの姿は、幼児期だからこそです。
    今の子供たちの表現する姿をしっかりと目に焼き付けてください。

    湖東荘をお借りして行いますので、ご近所の方、子供たちの様子を見に来てくださいね。
  •  年長たけのこ組の子供たちが、和地小学校で授業を見せてもらい給食を一年生と一緒にいただいてきました。

    子供たちは、4時間目の授業の様子を真剣な表情で見つめ、教科書を覗き込んだり、話しかけたり

    一年生の勉強に興味津々のようでした。

    各クラスのグループに入れてもらい、給食の準備にもチャレンジ

    お兄さん、お姉さんに麺の袋、牛乳パックの開け方も優しく教えてもらいました。

    楽しくお話しながらおいしい給食をもりもりぱくぱく食べていました。

    「和地小学校の給食って、おいしいね。」 
  •  湖東中学校の職業体験実習で5名のお姉さんたちが、幼稚園の先生の仕事を体験しに来てくれました。
     最初は、ちょっぴり緊張した表情の中学生も「お姉さん、遊ぼう。」と子どもたちから手を差し出され、一緒に遊んでいるうちに笑顔が増えていきました。
     
     
     年長たけのこ組は、リレーの勝負を挑みましたが、完敗!!
    とても悔しそうでしたが、「勝てるかも?」と考えたたけのこ組さんは、とっても前向きですね。  

    陸上部のお姉さんにスタートの仕方を教えてもらいました。

     2日間、一緒に散歩に出掛けたり、園内でドッジボールや鬼ごっこをやったりとたくさん遊んでくれて、子どもたちは、「○○おねえさん。」、「○○ちゃん」とお互いを名前で呼び合えるようにもなりました。親しみの気持ちをもち、優しいお姉さんたちのことが、大好きになったようです。
     
  • 和地幼稚園の二人のお友達がステージに上げさせてもらい、オープニングのテープカットでは、‘家康くん’をはさんでチョキリ。

    全てのスタートとなる重大な任務です。本当に光栄です。

    年少つくし組は

    かわいい‘きのこ’に変身して、「大きなくりの木の下で」を手づくりのマラカス(どんぐり入り)を手に持って歌い、「きのこ」を歌って踊りました。
    会場の皆さんからは「かわいいね。」というつぶやきも聞かれます。

    年中どんぐり組は

    元気いっぱい「パワフルきっとちゃん」をおどりました。

    年長たけのこ組は

    緊張しながら「もみじ」と「手のひらを太陽に」の2曲を歌いました。
  •  11月3日に和地地区の花川コンサートが行われ、和地幼稚園の子どもたちも参加させていただきました。

    11名のお母さんたちも一緒に出演

    古橋みちお先生の「だんごむしコロン」と「おーい富士さん」
    皆様よく御存じの「もみじ」の3曲を披露しました。
    子どもたちが登場すると、皆さんから温かい拍手が贈られ、その温かさに子どもたちは、緊張しながらも笑顔になります。
  •  10月29日三園交流ということで、北庄内幼稚園に出掛けました。
    和地幼稚園の子たちにとって、親しみのある路線バスに乗り出発!
    先日の遠足でも乗っていたので、少し落ち着いていたようです。

    同じ学年の子ども同士に分かれ、一緒に遊んだり競ったりしました。

    年長は、白熱した幼稚園対抗リレーです。北庄内2チーム、村櫛2チーム、和地チームの5チームで勝負
    なんと和地幼稚園チームは、3位になりました。

    お見事です。子どもたちも担任も大喜び!!!です。
    一生懸命に勝負に挑んだ子どもたちの表情は、真剣そのものでした。

  •  また先週の出来事です。すみません。
    10月28日に祖父母参観会を行いました。
    遊戯室に皆で集まり、おじいちゃんおばあちゃんの笑顔に包まれパネルシアターを観たり、歌をうたったりしました。

    優しいおじいちゃんおばあちゃんのことが、子どもたちは大好きです。

    散歩にいって拾ったどんぐりとダンボールを使って、写真フレームをつくりました。子どもたちとの共同作業です。

    たけのこ組さんは、木の枝を使って

    こんなに素敵な作品の出来上がり!!


  •  10月22日に湖東高校のお兄さん・お姉さんが保育体験実習に来てくれました。
    「ようこそ和地幼稚園へ。」

    お兄さんお姉さんが、自分たちで号令をかけながら‘高校生体操’を
    やって見せてくれました。(楽器の演奏やバレーボールも)
    音楽がなく、自分たちで号令をかける体操は、幼稚園の子たちにとって新鮮だったようです。

    年長さんは、リレーの仲間に入ってもらったり、戦いを挑んで対戦したりしました。
    お兄さんお姉さんは優しくて、たけのこ組の勝利です。

    つくし組さんは、みんなで「よーい。ドン!」ニコニコ笑顔です。

    「ここにどんぐりが落ちているんだよ。」と幼稚園の東側に案内しました。

    「ここにもどんぐりあるんだよ。」とたけのこ山へも御案内